Web3 仮想通貨

私が仮想通貨 (ビットコイン) をはじめる際に行なった3つの事【初心者向け】




今回はいまかなり熱い『仮想通貨』についての記事です!

自治会長ブロガー
ビットコインで稼いだ話もしているよ!
・2017年の2月にビットコイン購入→2019年の5月に売却→5万円の利益
・2017年の2月は1ビット13万円→2021年10月時点は1ビット530万円→40.7倍の価値になっている
すごいね!長期的に見て確実に伸びてるね!
奥さん

 

-本記事の結論-

  • 2017年の2月にビットコイン購入→2019年の5月に売却→5万円の利益
  • 2017年の2月は1ビット13万円→2021年10月時点は1ビット530万円→40.7倍の価値
  • ビットコインとイーサリアムがめっちゃ伸びている。コインチェックで口座開設して購入可能!

 

2017年2月当時と比べたら、今 (2021年10月2日時点) は1ビット530万円くらいなので、当時のビットコインと比べると40.7倍の価値になっている...めっちゃ伸びてる...驚愕...

 

以前、仮想通貨の記事で書いた通り、私は5年前に1万円で購入したビットコインが6万円台となり、無事に5万円強の利益を手に入れました!

 

こんなに楽に儲けていいの?というくらいビットコインで呆気なく稼げました・・・

 

今回は「ビットコインを初めて買いたい」という方への参考情報になればと思い、ビットコイン購入→売却のレビューです!

【関連記事】

»【簡単】コインチェックの口座開設方法と手順を画像付きで分かり易く解説! 

»NFTデジタルアート作品とは?始め方や作り方・買い方・やり方を徹底解説! 

 

仮想通貨とは一体なに? 儲かるの?初心者にも分かりやすく簡単に説明します

仮想通貨とは一体なに? 儲かるの?初心者にも分かりやすく簡単に説明します
仮想通貨とは一体なに?

 

「まだこの仮想通貨というものが一体なんなのかということがよく分からない。」という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

聞いたことはあるけども…という初心者のために、まずはザックリと仮想通貨というものが何か?というのを下記にて簡単に説明します。

 

»コインチェックで口座開設する

仮想通貨(英語:Crypto Currency)とは、世界中で使える電子通貨の総称です。

セキュリティーを高めるために暗号化技術を活用して作られたことから、海外では暗号通貨と呼ばれています。

ちなみに日本では仮想通貨と呼ぶのが一般的です。微妙に呼び名が異なりますが、意味としてはどちらも全く同じものを指します。

 

そしてビットコインが代表的です。ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと言います。

 

仮想通貨の種類はなんと、全部で数千種類あります。

 

もの凄い種類の多さにびっくりしますよねっ!

 

これらは「仮想通貨取引所」で取引ができますが、実際に取引できる通貨は数百種類だと言われています!

 

 

購入した仮想通貨は、取引所で使うだけでなく、ネットショップや実店舗で決済手段としても使えます。日本では2017年から家電量販店のビックカメラがビットコイン決済に対応したみたいですね!早い!すごい!

コインチェックで口座開設する

コインチェックは、日本円の入出金手数料が無料なほかビットコインを含めた17種類の暗号資産 (仮想通貨) の取引ができる暗号資産取引所であり、500円から購入できます。

 

「ビットコインといえば、コインチェック」というキャッチフレーズで知られるコインチェックは、国内仮想通貨アプリダウンロード数No.1取扱い通貨数No.1という実績があり、多くのトレーダーが愛用していて、信用があります。

 

»コインチェックで口座開設する

私が仮想通貨(ビットコイン)をはじめる際に行なった3つの事【初心者むけ】

私が仮想通貨(ビットコイン)をはじめる際に行なった3つの事【初心者むけ】


👇まず私が仮想通貨をはじめようと思ったときに行なったことは下記です。

 

・仮想通貨取引所としてCoincheckの登録を済ませる

・ビットコインを購入してみる。(もちろん安い時を狙う)

・情報収集ツールとしてTwitterを利用する。

 

まずは取引所の登録を済ませなければなりません。

 

私の場合はサイトも見やすく好印象だった国内のアプリ「コインチェック」に登録しました!

 

使ってみて普通に使いやすくわかりやすい取引所でおすすめですよ。

 

そしていよいよビットコインの購入!

 

私の場合はビットコインのみを購入しました(当時2017年2月)。冒頭で書いた通り、10,000円分しか購入しておりません。

 

他の仮想通貨に詳しくなく、リサーチや情報収集もしていなかった為、1番メジャーで人気だったビットコインのみ購入しました。

 

最初は特にトレードを行うつもりもなく、コレクション感覚で「お試しでとりあえず持っておこうかな」という感じでした。

 

そして、当時はぶっちゃけ活用していませんでしたが、やはりリアルタイムで情報をゲットできるTwitterなど、「情報収集ツールは威力を発揮するのかな」と思います。

 

仮想通貨取引において情報収集は必須だからです。

 

Twitterのハッシュタグを利用して仮想通貨トレードを行なっている方々から情報を得たり、自分でググって情報を得て、トレードを行なっていく...という流れです!

 

あくまで全ての情報を鵜呑みにするのではなく、“参考程度に情報を得る” という感覚が良いと思います。

 

間違った情報も世の中にはたくさん流れていますので、あくまで自分で正しい情報を判断して選び取り、自分で考えてトレードを行うのが良いです。

 

最初はビットコイン を売るつもりなかったんですが、結果トレードして売ることにしました。

 

価値が上がっているうちに売ろうと思ったからです。

 

私の最初のトレードは特に何も考えずにトレードを行なって50,000円強の利益を得ました!

 

その方法とは『ただ待っていただけ』です!

 

タイミングが大事とかよく言いますが、私はど素人すぎてよく分からなかったので、ただひたすらにレートの変動を待ち続け、たまたまビットコインが急上昇した時に売る事ができたんです!

 

これができたのは私が購入した2017年2月当時はビットコインの価格が今と比べて断然低かったということがあったと思います。

 

この事が大きかった為、「待っていれば必ず今よりは上昇するなという確信」はどこかにあったと思います。


だから絶対にこの方法がいいっ!というのはない。と私は思います。

 

日本円で1万円分が当時のビットコインの価値が1ビット13万円くらいでした。

 

今 (2021年10月2日時点) は1ビット530万円くらいなので、当時のビットコインと比べると40.7倍の価値になっているということです。

 

売ったのは2年前の2019年の5月。当時のビットコインの価値は1ビット80万円くらいでした。

 

6倍くらいの価値になった所で売ってしまったんですよね。なので、日本円1万円で買ったビットコインが日本円で換算すると6万円強になっていたということなので、5万円強の利益になったということです。

 

“もし” 売らなかったら・・・1万円で買ったビットコインが日本円にすると40万7千円になっていたということです。ここまでビットコインの価値が大きくなるなんて予想していなかった私...まぁ仕方ないです。

 

売らなかったら1万の投資が今頃40万の資産になっていた...

 

いまイケハヤさんやマナブさんがツイートなどしていて話題でトレンドの「NFT」も仮想通貨(イーサリアムなど)でしか取引されていません。

 

この記事を読んで『自分も仮想通貨を持ちたい!』という方はぜひこちらのコインチェックで口座を開設してみてください!

»コインチェックで口座開設する

 

 

【関連記事】

»NFTデジタルアート作品とは?始め方や作り方・買い方・やり方を徹底解説! 

»【簡単】コインチェックの口座開設方法と手順を画像付きで分かり易く解説! 

仮想通貨フェイスブック(Facebook)『リブラ』について知りたい情報まとめ

 

イノベーションの極み「Facebook Libra(リブラ)」『リブラチャレンジ』は仮想通貨で世界を変えるのか

【驚愕】ビットコイン等、いま話題の仮想通貨は本当に稼げるのか?

お---っ!!ビットコイン高騰!!|仮想通貨のビットコインを日本円に換金してみた話

 

おまけです!

 

そして、私がオススメしているモチベーションが爆上がる本はこちらです!

 

与沢 翼さんの『ブチ抜く力』!! 

 

ビジネスで成功したノウハウ、与沢さんの思考が描かれています。

 

Amazon、楽天で購入可能です。


 

今回はこれで記事を終わります!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

それではまた☺️



-Web3, 仮想通貨
-, ,

© 2022 鬼滅の刃大好き自治会長ブログ Powered by AFFINGER5