暗号資産(仮想通貨)

仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴や将来性、買い方・始め方について解説

仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴や将来性、買い方・始め方について解説

悩む人
暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC/Bitcoin)について詳しく知りたいです。
ビットコイン(BTC)の特徴や買い方、どこで買えるのか、そして将来性を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ビットコイン(BTC/Bitcoin)の概要
  • ビットコイン(BTC/Bitcoin)の特徴
  • ビットコイン(BTC/Bitcoin)の買い方
  • ビットコイン(BTC/Bitcoin)の将来性
  • ビットコイン(BTC/Bitcoin)のチャート・価格推移
  • ビットコイン(BTC/Bitcoin)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

ビットコイン(BTC/Bitcoin)の特徴や買い方、将来性や価格推移を知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

 

ビットコイン(BTC)とは、中央当局や銀行を介さず、ブロックチェーン技術を用いて運営されており、時価総額ランキング世界1位の仮想通貨のことです。

今回は、実際に仮想通貨を運用中の筆者が、仮想通貨ビットコイン(BTC)の概要や特徴・買い方、将来性を解説していきます。

 

なお、ビットコイン(BTC)は国内取引所のGMOコインで取り扱っています。

なので、ビットコイン(BTC)を買いたい場合、総合力NO.1・取り扱い通貨数NO.1、銀行口座への出金手数料が無料GMOコインに無料登録して準備しておきましょう。

\ 銀行口座への出金手数料無料✨/

GMOコインに登録する

 

仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?概要を解説

トークン名 ビットコイン(BTC/Bitcoin)
シンボル BTC
価格 ¥3,002,971.89
時価総額 ¥57,646,548,747,711
時価総額ランキング 1位
入手できる取引所 国内:GMOコインコインチェックbitFlyerなど

海外:バイナンス、FTX、KuCoin、Coinbaseなど

公式サイト 公式サイト

※ 2022年11月時点

仮想通貨とは、インターネット上で電子データのみでやりとりされる通貨のことです。

ビットコイン(BTC/Bitcoin)は、数ある仮想通貨の中の1つであり、2009年に世界で初めて誕生した仮想通貨です。

また、2022年現在では時価総額ランキング1位の世界で最も需要が高い仮想通貨でもあります。

 

補足しておくと、仮想通貨と電子マネーは全くの別物です。

仮想通貨と電子マネーは、電子データのやり取りで決済処理を行う点は同じですが、電子マネーは日本円などの法定通貨をデジタル化したものであり、あくまで法定通貨なんです。

それに対して仮想通貨は、国が発行する法定通貨とは一切関連しないのが大きな特徴です。

まとめると、ビットコインなどの仮想通貨は国家や中央銀行が発行した法定通貨ではなく、独立した通貨だということになります。

 

ちなみにビットコイン(BTC)は国内取引所では、GMOコインコインチェックbitFlyerなどが取り扱っており、海外取引所ではバイナンス、FTX、KuCoin、Coinbaseなどで取り扱っています。

 

BTCの買い方については後述します。

 

仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)の特徴

ビットコイン(BTC/Bitcoin)の特徴は以下のとおり。

  1. 送金が早い
  2. ブロックチェーン技術を使っている
  3. 非中央集権的な仕組み
  4. 発行上限があり希少性がある
  5. 値動きが激しい
  6. ステーキングできる
  7. 複数の取引所へ新規上場が増えている

では、順にみていきましょう。

 

①送金が早い

ビットコイン(BTC/Bitcoin)などの仮想通貨は、投資対象としてだけでなく、簡単に送金できるというメリットもあります。

銀行口座などから振り込みを行う際には、ある程度の時間がかかることがありますが、仮想通貨の送金はそこまで時間がかからないため、金融に革命を起こしたと言っても過言ではないくらい、仮想通貨には画期的な技術が使われています。

ただ、仮想通貨の種類(ブロックチェーンネットワークの種類)によって、送受信の時間がそれぞれ変わってきます。

このようにビットコインは、銀行口座を持っていない人同士でも資金のやりとりができるという特徴があります。

 

②ブロックチェーン技術を使っている

ビットコイン(BTC/Bitcoin)は、ブロックチェーンの技術を使っています。

ブロックチェーンでは、マイニングと呼ばれる取引データをブロックチェーンに記録する作業が行われます。

マイニングとは、ビットコインをはじめとする複数の暗号資産が、新しいコインの生成や新しいトランザクションの検証に使用するプロセスのこと。

ビットコイン(BTC)のマイニングは、約10分間で1つにまとめられた取引データの単位ごとに行われ、そのまとめられたデータをブロックといい、マイニングを行う人はマイナーと呼ばれています。

ブロックの取引データが正しいかどうかをマイナーが検証し、マイニングに成功したマイナーは、ビットコイン(BTC)を報酬として受け取る仕組みになっています。

検証が完了すると取引が承認され、送金された側はビットコイン(BTC)を受け取ることができます。

これがブロックチェーン技術の仕組みとなっています。

 

③非中央集権的な仕組み

ビットコイン(BTC/Bitcoin)など仮想通貨全般には、非中央集権的な仕組みが採用されています。

従来のドルや円などの法定通貨は、中央管理者が発行・管理をおこなっています。

例えば日本円の場合、国が所管する日本銀行が中央管理者(中央銀行)にあたります。

一方で仮想通貨には中央管理者が存在しませんし、国の概念すらもありません。

なので、法定通貨の場合はその国の経済状況や災害など、ありとあらゆる国家の事象から影響を受けることがあり、価値が変化してしまいます。

しかし、仮想通貨(暗号資産)ではそういった事象が起こらないのが大きな特徴の1つです。

 

④発行上限があり希少性がある

ビットコイン(BTC)の発行上限数は決まっており、希少性があります。

ビットコイン(BTC)の発行上限枚数は21,000,000枚です。

仮想通貨の発行枚数における上限が決められているのは、仮想通貨の希少性を担保して、価値の下落を防ぐためです。

なかにはイーサリアムのように、発行上限枚数が決まっていない仮想通貨もあります。

そういった通貨は、独自の仕組みによって供給量をコントロールしており、価値を保つような施策が行われています。

ちなみに日本円などの法定通貨は、経済状況などによって中央銀行が発行枚数を調整することができるため、発行枚数の上限は特に決められていません。

 

⑤値動きが激しい

ビットコイン(BTC)は、これまでにとても激しい価格変動を経験してきました。

2017年11月に1BTC=100万円を記録し、同年12月には200万円を超えました。

また、2018年1月に100万円ほどに急落しましたが、2019年後半から再び価格が上昇し、2020年後半には価格が一気に高騰し、300万近くを推移しました。

2020年末〜2021年初めにかけて価格が暴騰したものの、2021年11月には740万円を超えました。

このように、ビットコインは大きな価格変動を繰り返してきましたが、その価格差によって投資で利益を上げることが可能です。

これまでの価格推移に関しては、本記事後半の「ビットコインの価格推移・チャート」の章で詳しく解説しています。

 

⑥ステーキングできる

仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)は、ステーキングすることができます。

ステーキングとは、仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、その対価として報酬がもらえる仕組みのこと。

多くの仮想通貨は、取引による売買差益(キャピタルゲイン)が主流でしたが、ステーキングに対応しているビットコイン(BTC/Bitcoin)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができます。

 

⑦複数の取引所へ新規上場が増えている

暗号資産BTCは、海外取引所のバイナンス、FTX、KuCoin、Coinbaseなどの大手海外取引所へ上場しています。

国内取引所では、GMOコインコインチェックbitFlyerなどが取り扱っています。

きりがないため、一部の取引所のみ紹介しましたが、ビットコイン(BTC/Bitcoin)は時価総額トップの世界一需要がある暗号資産であるため、取り扱っていない仮想通貨取引所はないのではないかと。

 

仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)の買い方・始め方

暗号資産ビットコイン(BTC/Bitcoin)を取り扱っている国内取引所は、以下です。

暗号資産ビットコイン(BTC)を取り扱っている国内取引所はたくさんあります。

海外取引所(バイナンスやCoinbaseなど)でも、ビットコイン(BTC)を取り扱っているので、海外取引所を通して手に入れることも可能です。

ここでは総合力NO.1・取り扱い通貨数NO.1、さらに銀行口座への出金手数料が無料GMOコインでビットコインを買う手順を紹介します。

手順も簡単だし、お得だからです。

  1. GMOコインに登録して日本円を入金する
  2. 入金した日本円でビットコイン(BTC)を買う

では、解説していきます。

 

①GMOコインで仮想通貨を購入

仮想通貨ビットコインを購入するための事前準備として、総合力NO.1・取り扱い通貨数NO.1、銀行口座への出金手数料が無料GMOコインに登録しましょう。

\ 銀行口座への出金手数料無料✨/

GMOコインに登録する

 

画像つきの解説を読みながら登録したい方はGMOコインの口座開設方法にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。日本円の入金方法も解説しております。

 

②ビットコイン(BTC)を購入する

GMOコインへ日本円の入金が完了したら、ビットコイン(BTC)が購入できます。

GMOコインのホーム画面より「販売所」or「取引所」から入金した日本円でビットコイン(BTC)を買うことができます。

詳しい買い方は先述のGMOコインの口座開設方法にて画像つきで初心者にもわかりやすく解説しています。

 

仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)のチャート・価格推移

ここではビットコイン(BTC/Bitcoin)のこれまでのチャート・価格推移をみていきます。

  1. 2013年〜2017年
  2. 2018年〜2020年
  3. 2020年〜2022年

 

①2013年〜2017年

2013年頃のビットコイン(BTC)の価格は13.2万円ほどを推移していました。

その後価格はある程度落ち着いていましたが、2017年の中頃から価格が高騰しだし、2017年末には150万前後になり、2013年の頃のBTC価格の10倍ほどになりました。

このあたりから、仮想通貨市場が盛り上がりだしました。

 

②2018年〜2020年

2018年〜2021年にかけて価格は大きな変動がありました。

2019年始め頃には一時200万近くを推移しましたが、その後は大きく価格を下げてしまい、一時は50万円を割る局面もありました。

2020年後半には価格が一気に高騰し、300万近くを推移したことで、多くの投資家の注目の的となりました。

 

③2020年〜2022年

2020年は約299万円でスタートし、3月には570万近くまで高騰しました。

その後価格は上下を繰り返し、2021年11月には最高記録の740万という数字を叩き出しました。

しかし2022年にかけて徐々に価格を下げ、2022年5月にはUSTのディペッグ騒動をきっかけに仮想通貨市場全体が大きく下落し、ビットコイン(BTC)も影響を受けて大きく下落してしまいました。

2022年11月現在では、約300万円を推移しており、2020年初頭の頃と同価格あたりを示しています。

このように価格の変動は激しいものの、希少価値が高く時価総額ランキング1位のビットコイン(BTC)は、投資家からの人気が高い通貨です。

2022年11月時点では「いまは仮想通貨の冬の時代」と言われていますが、ここを抜けて春が訪れたとき、BTCを始めとした仮想通貨の値上がりが期待できます。

 

仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)の将来性

続いて、ビットコイン(BTC/Bitcoin)の将来性についてみてみましょう。

  1. 24時間365日いつでもどこでも取引できる
  2. 国境を持たず国の概念に価値が左右されない
  3. 2,100万枚限定の希少性
  4. ユースケースを増やせるか
  5. 仮想通貨市場の回復

順に解説していきます。

 

①24時間365日いつでもどこでも取引できる

ビットコインやアルトコイン、草コインなどを含め仮想通貨の大きなメリットとして、パソコンやスマホを使って24時間365日取引が可能な点が挙げられます。

そのため、銀行をはじめとする金融機関の営業時間に左右されることはありません。

自由に好きな時間帯にどこに居ても購入・売却・投資などができます。

この点は、ビットコインをはじめとする仮想通貨の大きな特徴であり、今後も仮想通貨が期待され、発展するための大きな要因になるとされています。

こうした利便性の高さは、今後の将来性にプラス要因として働くでしょう。

 

②国境を持たず国の概念に価値が左右されない

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は、先述したように国境を持たず、国の概念に価値が左右されません。

わかりやすい例を挙げると、ドルは日本のお店などでは使えず、日本で使う場合は一旦は円に換金してから使用する必要があります。

一方で、仮想通貨にはドルや円のような国の概念は存在しません。

なので、世界中どの国でも仮想通貨を使用する環境さえあれば、その国の法定通貨に換金せずとも送受信できるのです。

また、法定通貨の場合はその国の経済状況や災害など、ありとあらゆる国家の事象から影響を受けることがあり、価値が変化してしまいます。

しかし、仮想通貨(暗号資産)ではそういった国家の政治や経済、災害の影響を受けることがありません。

代表的な仮想通貨のビットコインは、こういった面からも期待されており、今後の発展が期待されている将来性が高い通貨と言えます。

 

③2,100万枚限定の希少性

ビットコイン(BTC)の発行上限枚数は21,000,000(2,100万)枚と決まっており、これによって希少性が高くなっています。

例えば、日本円を一般市民の誰もが無限に生み出せるのであれば、たちまち日本円の信用もなくなり、価値がなくなってしまいますよね。

なので、円やドルなどの法定通貨は、中央銀行が発行量・金利を調整し、国に流通する通貨の量をコントロールしています。

しかし、仮想通貨は独立した通貨であり、法定通貨のように中央管理者が存在しません。

ビットコインは、発行上限枚数が決まっているからこそ、希少性を生み出しており、価値を保っています。

こういった点も今後の将来性に期待できる点です。

 

④ユースケースを増やせるか

もしビットコイン(BTC)のユースケース(活用例)が今後さらに増えれば、ビットコインの価値向上に繋がる可能性があり、期待されています。

今後ビットコイン(BTC)のエコシステムに参入するDeFiやDappsが増えたり、BTCが更に発展し、投資家から更なる人気が集まれば需要が増し、仮想通貨BTCの価格の上昇も見込めます。

 

⑤仮想通貨市場の回復

ビットコイン(BTC)が今後再び大きく伸びるためには、仮想通貨市場の動向も重要です。

2018年には仮想通貨市場全体が「冬の時代」を迎えていました。

冬の時代到来の少し前の短期間のみ、多くの仮想通貨が回復しました。仮想通貨の王者ビットコイン(BTC)も、もちろん連動して回復しました。

仮想通貨の代表的存在のビットコインは、特に多くの仮想通貨への影響が計り知れません。

2021年は盛り上がりを見せた仮想通貨市場ですが、2022年には再び停滞。

その主な要因としては「ステーブルコインUSTのディペッグ騒動」や「ロシア・ウクライナ情勢悪化による金融市場の混乱」などが挙げられます。

 

冬の時代を乗り越え、再度盛り上がりを見せて欲しい!」と望むのが投資家の本心ですよね。

再度暗号資産市場が盛り上がるきっかけになる」と予想されているのは、アメリカの物価の上昇が落ち着いて、利上げペースが低下したときであると言われています。

大きな影響力を持つビットコインの価格が上がることにより、冬の時代に終わりを告げ、仮想通貨市場が盛り上がるきっかけになると期待されています。

 

仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)に関するよくある質問

最後にビットコイン(BTC/Bitcoin)について、よくある質問に回答します。

  1. ビットコイン(BTC)のステーキング方法は?ステーキングできる?
  2. ビットコイン(BTC)の現在価格は日本円でいくら?
  3. ビットコイン(BTC)は国内の取引所で購入できる?
  4. ビットコイン(BTC)の発行上限枚数は決まっているの?
  5. ビットコイン(BTC)の創設者は誰?
  6. ビットコイン(BTC)の名称の由来は?

順に回答していきます。

 

①ビットコイン(BTC)のステーキング方法は?ステーキングできる?

ビットコイン(BTC)は、ステーキングすることができます。

ビットコイン(BTC)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができるんです。

ビットコイン(BTC)のステーキングのやり方は以下です。

  1. 購入したBTCをバイナンスへ送金する
  2. 送金したBTCをBinanceでロックステーキングする
  3. ステークしたBTCの数に応じて報酬が増える

 

②ビットコイン(BTC)の現在価格は日本円でいくら?

記事執筆時点の11月では、約300万円です。

ちなみにローンチされてから2022年11月までの最高価格は2021年11月8日に記録した約776万円でした。

BTCが高騰する前に何枚か買っておき、長期保有するのも1つの手かもしれません。

 

③ビットコイン(BTC)は国内の取引所で購入できる?

はい、もちろん購入できます。

暗号資産ビットコイン(BTC)を取り扱っている国内取引所は、以下です。

国内取引所のおすすめは総合力NO.1・取り扱い通貨数NO.1、銀行口座への出金手数料が無料GMOコインです。日本人の上級者の投資家がメインで愛用している人が多い取引所です。

 

ちなみにビットコインは下記の海外取引所でも購入できます。

 

④ビットコイン(BTC)の発行上限枚数は決まっているの?

はい、決まっています。

ビットコイン(BTC)の発行上限枚数は21,000,000(2,100万)枚です。

仮想通貨の発行枚数における上限が決められているのは、仮想通貨の希少性を担保して、価値の下落を防ぐためです。

枚数に限りがある分、ビットコイン(BTC)は希少価値が高まりそうですね!

ちなみに日本円などの法定通貨は、経済状況などによって中央銀行が発行枚数を調整することができるため、発行枚数の上限は特に決められていません。

 

⑤ビットコイン(BTC)の創設者は誰?

暗号資産ビットコイン(BTC)は、2009年にサトシ・ナカモト氏によって公開された「世界初の仮想通貨」です。

 

⑥ビットコイン(BTC)の名称の由来は?

ビットコインの名前の由来は、ビットトレント(BitTorrent)という有名なファイル共有プロトコルが関係しているとされています。

ビットトレントの「ビット」と、通貨の「コイン」を組み合わせて「ビットコイン」と名付けられたということですね。

BitTorrentとは、ブラム・コーエンによって開発された、Peer to Peer(P2P)を用いたファイル転送用プロトコル及びその通信を行うソフトウェアのこと。

ビットコインには、P2P(ピアツーピア)という技術が用いられており、ビットトレントの仕組みが使われています。

P2Pとは、ネットワークに繋がれたコンピューター同士が、サーバーを介さずに通信する通信方式を指す。

 

暗号資産ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴や将来性、買い方や価格推移についてのまとめ

今回は、仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)の特徴、買い方から価格推移、将来性について解説しました。

ビットコイン(BTC)は2022年11月現在で約300万円、時価総額ランキング堂々の1です。

ビットコイン(BTC)は、世界で1番需要がある暗号資産なので、投資家から重宝されている暗号資産と言えます。

今のうちからトークンのビットコイン(BTC)を保有しておけば、値上がり時の利益が期待できます。

 

なお、ビットコイン(BTC)は国内取引所のGMOコインで取り扱っています。

なので、ビットコイン(BTC)を買いたい場合、総合力NO.1・取り扱い通貨数NO.1、銀行口座への出金手数料が無料GMOコインに無料登録して準備しておきましょう。

\ 銀行口座への出金手数料無料✨/

GMOコインに登録する

 

※ 当サイトで表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。また、当サイトでは投資助言をしていません。投資を行う際は自己責任でお願いいたします。

error:

© 2022 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5