自治会

自治会(町内会)をやめたい!という人は無理しなくてもOK|役員への強制力はないです【自治会長備忘録】

投稿日:




自治会(町内会)をやめたい!という人は無理しなくてもOK|役員への強制力はないです【自治会長備忘録】

【投稿日:2020年6月11日】

こんにちは、自治会長かずりりぃです。自治会に関する記事を多くアップしています。(勉強と自治会長の経験で書いてます)

 

さて、今回の記事は自治会(町内会)をやめたい!という方に向けて、心が楽になるお話です。

 

「自治会をやめたい」という人がかなり多くいるのだなと最近強く痛感しており、そういった方の心が少しでも安らぐかと思い、筆をとります。

 

途中で退会したいというケースもありますが、初めから自治会に入りたくないという方にむけての記事でもありますので、あなたに当てはまれば読んでいただければ幸いです。

 

ワタシが運営する「かずりりぃブログ」では、自治会の記事を多く書いていて、以前から読んでくださっている(とてもありがたい)方はご存知かと思いますが、以前に書いたこれらの記事を読んでいただけたら、自治会に強制力はなく、任意団体なのだということが良くわかると思います。

 

自治会のあり方を考えてみた|役員だからと力みすぎない方が良いです【自治会長備忘録】

自治会はもういらない!!自治会退会届の書き方【自治会長備忘録】

 

無理に自治会の役員をやらされてしまっている、もしくはやりたくないけどやっている(当然か)方が大多数なのではないかと思います。

 

ワタシも自治会長をやっているので、まぁ自らを無理に奮起させてやってるのですが、日本中で本当に自治会役員のことや入会の事で苦しんでいる方が多いのだなと感じています。(ちょっと堅苦しいかなw)

 

ワタシに直接このブログからメールをいただいたり、お問い合わせフォームから「自治会の記事が良かった」と感謝の気持ちを伝えてくださる方もいらっしゃり、本当に嬉しい気持ちになりました。この場をお借りしてお礼を言わせてください。

 

しがないライターの記事に感銘いただいて恐縮です。本当にありがたいです。ありがとうございます!自治会の記事を書いてよかったです。

 

お返事できないのが申し訳ないのですが、この記事にて自治会の入会や役員のことで悩んでいる方の心をリラックスしていただきたく、頑張ってライティングして参ります。

 

しかし、反響をいただいたら本当に嬉しいものですね。感謝☆

 

ほぼ自治会のことは全てインターネットに記事として残したので、もう自治会の記事はいいかな。と思っていたのですが、最後の仕上げの記事を書いておきます。ワタシの自治会のブログを評価して頂いた方たちへのお礼の意味もあります。

 

さて、本題に戻ります。今回の記事は若干、内容が繰り返しでもうこれまでかずりりぃの記事で聞いたわーーという内容のものも含まれているかと存じましが、ご了承くださいませw


自治会(町内会)をやめたい!という人は無理しなくてもOK|役員への強制力はないです【自治会長備忘録】

自治会(町内会)をやめたい!という人は無理しなくてもOK|役員への強制力はないです

さて、序文が長くなってすみません。本題やっていきます。

 

自治会をやめたい!自治会の役員やりたくない!という方にやらなくても良いですよ。と声を大にしていうのはあれかもしれませんが、本題を推奨するわけではなく、できれば役員もやれば良いと思うのですが、あくまで「かなりきつい!仕事も忙しいし、自治会にかける時間もない!」という方に無理にやらなくてもオーケー!という話をしていきます。

 

自治会の役員になってきちんと自治会員として自治会を運営して、自治会役員も任期を全うしつつ、「地域住民は幸せに安心して快適に暮らす」「地域で住みやすくするために、住民みんなが快適で気持ちよく住むため」に活動することは素晴らしいことです。

 

自治会に入って活動するのを肯定できる方は、もちろんそれで良いと思います。

 

そちらのほうがどちらかと言うと、地域に協力的で良いと言えるでしょう。

 

自治会に入って役員などを頑張っている方は、参考程度にこの記事を読んでいただけると幸いです。

 

自治会は任意団体であり、強制力はない|自治会はあくまで国からの委託でありボランティア【自治会やめたい人は自由になろう】

自治会は任意団体であり、強制力はない|自治会はあくまで国からの委託でありボランティア【自治会やめたい人は自由になろう】

そうです。自治会は任意団体であり、強制力はないのです。

 

自治会というのは、国から降りてきている仕事をボランティアで請け負っています。

 

「活動支援金」というものを各地域の役場からいくらか、どの自治会も頂いていると思うのですが、頂いているというよりは、もともとはワタシ達が納めた税金がかえってくると言いますか、国が「あなた達の地域をこの支援金をうまく使って盛り上げたり交流したり、環境整備に使ってね。」という感じです。

 

国が全ての地域の整備、統括するのは厳しいから(市役所の役人も限られているし)、あなたの地域はあなたの自治会で管理しなさいよという事です。

 

いわば、自治会の役員が役場の役人の代わりをボランティアでやっているという事ですね。自治会規約で役員報酬も設定されているので、役員になれば微々たるものですが、役員報酬も貰えるはず。ちなみにうちの地域は雀の涙ていど(泣)

 

自治会長のワタシですら、役員報酬は携帯代と車の移動代でお釣り来ないです。来ないんかーーいw

 

地域に自治会が存在しなかったり、自治会があっても訳ありで廃止になった地域は、国(役場)が統括しているはずです。定期的に役人が見回りにきていると思います。

 

この項でワタシが言いたいことは、「考え方として自治会は強制ではないんだという事実を知識として持っておくと楽になるよ。」ということ。

 

ワタシたちは役人からうまく自治会というシステムを利用され、役人の代わりに国に無償で働かされいると言っても過言ではないんです。

 

ということ。無理するのが馬鹿らしくなってきます。でも日本人は真面目なので、自治会に入らない人、役員をやらない人はけしからんーーーという空気になりますよね。これは治らないかもしれません。特に年配の方。そしてそれに同調する方。

 

若い世代の方と年配の世代の方が共存している間は治らないでしょう。どうしても年配の世代の方々が支配したがるので、古いやり方を強制したがる。

 

それを正義だと思っていますから、なかなか厄介かもしれません。

 

あと10〜20年ほどしたら、今の若い世代が自治会の中心になりますから、自治会に入らない人の方が多くなっているかもしれません。

 

古い考えはどうしても淘汰される。連絡事項なんかでも、スマホで無料でLINEが使える世の中なのに、「電話じゃなきゃいけない」、「直接あって伝えないと気持ちが伝わらない」という始末。お手上げ。

 

時代は令和。大正でも昭和でも平成でもない。お局力をどんなに発揮しても、時代についていく努力をしないと取り残されてしまいます。

 

良い言い方をすると、お互いの歩み寄りが何よりベストと言いましょうか。

 

自治会に入りたい人は入り、入りたくない人は入らない。事情があって自治会やめたい人はやめる。それで良いと思います。

 

国は自らそういう事↑は決して言わない・勧めないですからね。役人の首が締まり仕事が増えるのでw


今は保険料も税金も以前より高くなっているから、呑気に自治会ばかりを気にかけられない|みんな生きるのに精一杯と心得るべき【自治会やめたければやめてもOK】

今は保険料も税金も以前より高くなっているから、呑気に自治会ばかりを気にかけられない|みんな生きるのに精一杯と心得るべき【自治会やめたければやめてもOK】

この項のタイトル通り、保険や税金を30年前と比べたらどうですか?

 

わかりやすく言うと、以前は消費税はせいぜい3%になったばかり。いまは税金の種類も豊富になりましたw

 

保険料もこの頃と比べたら爆撃的に増えている。増えたのはそれぞれの保険の料金だけでなく、『保険の種類』もアップグレード。

 

医療保険、健康保険、年金保険、雇用保険、労災保険、介護保険、、、etc、、、、、、

 

税金で言うと、国税だけでもざっとで→所得税、法人税、相続税、贈与税、消費税、酒税、たばこ税、自動車重量税などがあり、地方税には、住民税、事業税、固定資産税、地方消費税、自動車税などがあります。

 

これらは金額が上がったり下がったりしますが、基本的には上がる一方。固定資産税なんて、もうなんでも「それも資産だよっ」て市(役人)が言い出してますからね。。。

 

持ってるものは買ったのに、「資産は税金払えーー」です。。。

 

ツッコミどころ満載ですが、国が決めた事に逆らえないのが国民。

 

自治会にお金や時間を割くよりもお金を稼がないといけないとか、家庭の用事に時間を割きたい!身体を癒してゆっくり休みたい!と思うのが普通の考え。

 

特に若い層はそういうことです。

 

年配の方は仕事を定年退職で引退して、もう年金も支給されている年齢なので、まだ時間はあるから「自治会に入らないなんてけしからんーーー」って言う時間と余裕がある。これまで自治会役員もやってきたんでしょうから。

 

自分もやってきたからやれという事でしょうか。

 

でも、今の若い世代の方が大変なんです。年金も将来貰えるかわからないのにきちんと納金している。立派ですよ。

 

それに先ほど話した通り、税金と保険料金もどんどん高額になっている。種類も増えている。

 

それに反して、日本の経済状況はよくない。きつい。

 

時代は常に刻一刻と変化している。

 

アンテナを張り巡らし、便利な世の中になった『時代のやり方』についていく力が必要だし、時代の空気(不景気)を読む力も必要。

 

それらを踏まえた上で、「自治会には入らないといけない」と言っているのかどうか?そうではないはずである。

 

自治会活動に精を出している場合じゃない人だっているし、ほとんどがそうかもしれない。

 

自治会に入っていなくても別によくない?と自治会長ながらに思う。

 

ワタシは別に自分の地域の自治会に入っていない方のことは気になりませんでした。(というか会わないし気にならない)

 

うちの自治会役員の中で、自治会に入っていない人の話題にもならなかったくらいに、「別に個人の自由だよな」という感じ。

 

当然ごみステーションも使用してもらっている。

 

「自治会に入っていない」という人を気になる人は、多分なにか文句をその人たちに言いたい人か、「自分が今まで苦労して役員やってきたのになんでやらないの?」という事だと思うのですが、怒りの対象はそこではなく、もし怒りたいのなら矛先は役場です。国です。というのが普通。

 

自治会強制派へはこの説明でわかってくれれば良いのだが。。。

 

弱い立場のものへ『怒りやストレス』の対象にするのが、人間というもの。そういうのはやめるべき。

 

自治会活動をやりたい方や、別に自治会に入っても問題ない。という方のみで自治会員を構成すれば良いのではないか?とワタシは思います。

 

その方が組織的にも良いシナジーが生まれると思うからです。

 

自治会に入りたい、地域交流も積極的にしたい、という人は自治会に入れば良いし、自治会(町内会)やめたい、入りたくない人は入らなくて良い。それで良いでしょう。強制すべきものでもなし。

 

自治会に関して言えば、もうそういう世の中です。特に自治会は任意団体。強制はいけません。

 

自治会やめたい方へひとつだけ注意点というかアドバイス:ごみ出しのこと

自治会やめたい方へひとつだけ注意点とうかアドバイス:ごみ出しのこと

最後にごみ出し問題のことに触れておきます。

 

この問題に悩んでいる自治会(町内会)やめたい派の方もいるので。

 

ワタシの地域では、自治会に入会していない住民の方に、もちろんごみステーションは使って頂いています。

 

しかし、ネットの情報やワタシのブログに直接メールをくださる内容を拝見すると、自治会に入会していない方のごみ捨てを嫌がる地域もあるとのこと。(地域というか、言いたい人だけだろうけど)

 

ワタシは気になったこともなかったですし、他の役員からそういう類の話は今まで聞いたことありませんでした。

 

「そういった輩のことは気にせず使うと良いですよ」と言いたいところですが、具体的なアドバイスをしておきます。

 

『ゴミ捨て問題について』ここで具体的な案とヒントを言うと、自治会を退会したり最初から入会していなくても、堂々とごみステーションを使うには、ごみステーション掃除のローテーションに入れてもらうことです。

 

あなたの地域の自治会長さんに相談すると良いと思います。多分だめという自治会長さんはそういないでしょう。

 

もし奇跡的にだめという自治会長がいたり、どうしても相談も難しいなら、役場に相談すると良いです。

 

回覧板が回らないため、地域の情報に鈍くなったり、ごみ出しルールブックが回ってこないとうことはあるでしょう。ですので、ごみ出しのルールに関してはアンテナを張り巡らせておく事をお勧めします☆

 

ちなみに「ごみ出しルールブック」はお住まいの近隣の役場でもらえたり、PCで市役所のHPからダウンロードして印刷できるので、ごみ出しルールや粗大ゴミの収集にも気をつけて、地域住民の1人として変に日にちを間違えてごみを出してしまったりして、目立たないようにしましょう(╹◡╹)

 

変に目をつけられないためです。



最後に:自治会(町内会)をやめたい!という人は無理しなくてもOK|役員への強制力はないです【自治会長備忘録】

自治会(町内会)をやめたい!という人は無理しなくてもOK|役員への強制力はないです【自治会長備忘録】

いかがでしたか?

 

今回は、自治会をやめたい!役員やりたくないからやめたい!という人は無理しなくてもOKという話をしました。

 

自治会は強制してはいけないものなので、もしも「ここに住むからには入会してもらわないといけない。」と自治会長に言われてもきちんと断りましょう。

 

市役所などの役場に相談しても良いし、顔を合わして断りずらい場合は、以前ワタシが書いたこの記事↓にも紹介しましたが、メモを書いて自治会長or副会長or班長のポストに投函すると良いでしょう。

自治会に入りたくない!?もし自治会に入らなかったらどうなるのか??

 

自治会活動の苦痛に耐えられず「自治会を退会したい」と考えている方は、悩んだり躊躇せずに「正当な権利を行使するだけなんだ」という風に考えてください。

 

長文になりました。最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

ちなみにワタシがこれまで1年近くかけて作成した多数の自治会に関する記事をまとめた『自治会の事ならなんでも解る自治会まとめ記事』がを書いたので、自治会運営を頑張りたい方、役員に任命されてこれから自治会の仕事のあれこれを学びたい方、逆に疲れてやめたい方・自治会の悩みがある方は、こちらの記事をどうぞ。

【完全ガイド】自治会活動のこと全部まとめました|これを読めば自治会活動のあれこれが全てわかる【自治会長備忘録】

 





-自治会
-, ,

Copyright© ☆鬼滅の刃とIT大好き自治会長かずりりぃブログ☆【ブログバイカズリリィ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.