暗号資産(仮想通貨)

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説


悩む人
暗号資産(仮想通貨)のポルカドット(DOT)について詳しく知りたいです。
Polkadotの特徴や買い方、どこで買えるのか、そして将来性を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ポルカドット(DOT)の概要
  • ポルカドット(DOT)の特徴
  • ポルカドット(DOT)の買い方
  • ポルカドット(DOT)の将来性
  • ポルカドット(DOT)のチャート・価格推移
  • ポルカドット(DOT)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

ポルカドット(DOT)の特徴や買い方、将来性や価格推移を知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

 

ポルカドット(DOT)とは、ブロックチェーンのネットワークのことであり、DOTというネイティブトークン(仮想通貨)を発行しています。

2020年8月に上場し、現在ではコインチェクやbitFlyerなど国内最大手の取引所でも取り扱っています。

 

今回は、実際に仮想通貨を運用中の筆者が仮想通貨ポルカドット(Polkadot)の概要や特徴・買い方、将来性を解説していきます。

 

なお、ポルカドット(DOT)は国内取引所のコインチェックで取り扱っています。

なので、国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録して日本円を入金し、準備しておくとスムーズに買えます!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)とは?概要を解説

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)とは?概要を解説

トークン名 ポルカドット(Polkadot)
シンボル DOT
価格 約858円
時価総額 ¥972,934,919,172
時価総額ランキング 12位
入手できる取引所 国内取引所:コインチェックGMOコインbitFlyerBITPOINT

海外取引所:バイナンス、Coinbase、FTXなど

公式サイト 公式サイト

※ 2022年10月時点

ポルカドット(DOT)とは、ブロックチェーンのネットワークのことであり、DOTというネイティブトークン(仮想通貨)を発行しています。

ポルカドット(Polkadot)はWeb3.0の実現を目指したプロジェクトであり、そのために作られたブロックチェーンネットワークです。

これまでの従来のインターネットでは、個人のデータ(IDやパスワード等)等、さまざまな情報は企業が管理してきました。

しかしWeb3.0では、個人情報はすべてユーザーが管理します。なので、セキュリティの向上が望めるとされています。

Web3.0が何年後に浸透するかはまだ分かりませんが、近年ブロックチェーン技術により、明らかなイノベーションが起きています。

ポルカドット(DOT)は、このイノベーションに大きく貢献するために作られました。

 

ちなみにポルカドット(DOT)は2020年8月に上場し、現在ではコインチェクやbitFlyerなど国内最大手の取引所でも取り扱っています。

 

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)の特徴

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)の特徴

ポルカドット(Polkadot)の特徴は以下のとおり。

  1. 異なるブロックチェーン同士を繋げる
  2. トランザクションの処理速度が速い
  3. セキュリティ性能が高い
  4. ステーキングできる
  5. 分岐なしでアップグレードできる
  6. オープンガバナンス

 

では、順にみていきましょう。

 

①異なるブロックチェーン同士を繋げる

ポルカドット(DOT)のプロジェクトは、ブロックチェーン同士を繋ぐ相互で運用(ブリッジ)できる利便性の実現を目的としています。

一般的に異なるブロックチェーンは相互運用性がありません。

なので、通貨の交換(スワップ)を行うには取引所を介さないといけない場合があります。取引所を経由するということは、つまりは管理者を必要とするということです。

しかし、ポルカドット(DOT)は、異なるブロックチェーン同士を繋ぐことができるんです。

 

②トランザクションの処理スピードが速い

ポルカドット(DOT)はトランザクションの処理速度が速く、スケーラビリティ問題にも対応できる優秀なブロックチェーンです。

ポルカドットでは、Parachain(パラチェーン)と呼ばれる独立した個々のブロックチェーンにより、トランザクションの処理速度を高めています。

特に近年は、イーサリアムチェーンのようなスケーラビリティの問題によるガス代の高騰が問題視されていました。

しかし、ポルカドット(DOT)の登場によって、スケーラビリティ問題に対応できるようになってきています。

こういった面からも、ポルカドット(DOT)は将来性があり、期待されています。

 

③セキュリティ性能が高い

ポルカドット(Polkadot)は、セキュリティ機能が高いことで知られています。

ポルカドット(Polkadot)では、ビットコインなどのパブリックチェーンとは仕組みが異なります。

「Pooled Security(プールドセキュリティ)」というブロックチェーンネットワークにセキュリティが貯まる仕組みを採用しており、このことによってセキュリティ機能をが向上しています。

こういった面も、ポルカドット(DOT)の大きな特徴の1つです。

 

④ステーキングできる

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)は、ステーキングすることができます。

ステーキングとは、仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、その対価として報酬がもらえる仕組みのこと。

 

多くの仮想通貨は、取引による売買差益(キャピタルゲイン)が主流でしたが、ステーキングに対応しているポルカドット(Polkadot)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができます。

 

⑤分岐なしでアップグレードできる

ポルカドット(Polkadot)は、分岐(ハードフォーク)なしでアップグレードできます。

ハードフォークとは、ブロックチェーンを分岐させて新しい仮想通貨を生み出すことです。

わかりやすい例を挙げると、「ビットコインキャッシュ」はビットコインのハードフォークによって誕生したものです。

ところがこの技術は、そう簡単にできるものではありませんでした。

しかし、ポルカドット(Polkadot)であれば、分岐(ハードフォーク)なしでアップグレードできるため、よりしなやかに開発を進められます。

この開発の柔軟性の高さもポルカドット(Polkadot)が注目され、期待されているポイントの1つです。

 

⑥オープンガバナンス

ポルカドット(Polkadot)では、運営サイドが一方的に開発を進めているわけではなく、仮想通貨の保有者と共にネットワークの発展に取り組んでいます。

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)を保有することでガバナンス権が与えられるので、ポルカドットやKusamaを運営する評議会、一般コミュニティの両方で投票できます。

この投票権によって、ネットワークの手数料の決定や、プロトコルのアップデートなどに関わり、ポルカドット(Polkadot)を運営サイドと発展させることができます。

 

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)の買い方・始め方

ポルカドット(Polkadot)を取り扱っている国内取引所は、2022年10月時点では以下です。

 

暗号資産ポルカドット(Polkadot)は人気で需要がある銘柄なので、取り扱う国内取引所が多いです。

また海外取引所(バイナンスなど)でもポルカドット(Polkadot)を取り扱っているので、海外取引所を通して手に入れることも可能です。

バイナンスでは、ロックステーキングも可能です。

少し遠回りになりますが海外取引所でポルカドット(Polkadot)を購入する場合、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金してポルカドット(Polkadot)に交換するという手順になります。

ここでは国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックでポルカドットを買う手順を紹介します。

手順も簡単だし、お得だからです。

  1. コインチェックに登録して日本円を入金する
  2. 入金した日本円でポルカドットを買う

 

では、解説していきます。

 

①コインチェックに登録して日本円を入金する

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)を購入するための事前準備として、国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに登録しましょう。

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

画像つきで見ながら登録したい方はコインチェックの口座開設方法にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。日本円の入金方法も解説しております。

 

②ポルカドット(Polkadot)を購入する

コインチェックへ日本円の入金が完了したら、ポルカドット(Polkadot)が購入できます。

コインチェックのホーム画面にある「現物取引」or「販売所(購入)」から、入金した日本円でポルカドット(Polkadot)を買うことができます。

 

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)のチャート・価格推移

ここではポルカドット(Polkadot)の直近のチャート・価格推移をみていきます。

  1. 2022年1月〜4月
  2. 2022年5月〜8月
  3. 2022年9月〜10月

 

ではみていきます。

 

①2022年1月〜4月

2020年8月にローンチされた頃の仮想通貨ポルカドット(Polkadot)は、306円でした。

その後2022年にかけて高騰し、2022年1月は3,200円を超えた状態でスタートしました。

徐々に価格が下がっていき、2月上旬に1,700円を割りましたが、4月後半になってから2,200円前後を推移しました。

 

②2022年5月〜8月

2022年5月には、一時2,000円を超えましたが、一時的でした。

徐々に価格が下がっていき、5月中旬には1,000円を割ってしまいました。

2022年5月に起きたUSTのディペッグ騒動をきっかけに仮想通貨市場全体が大きく下落し、ポルカドット(Polkadot)も影響を受けて大きく下落した状況です。

 

③2022年9月〜10月

2022年は9月は徐々に回復傾向となり、1,100円を超えましたが、その後徐々に下降傾向にあり、10月現在は900円前後に落ち着きました。

一時期よりは価格を下げたものの、ポルカドット(Polkadot)は根強い需要があるため、DOTへの投資家からの期待は保たれています。

 

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)の将来性

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)の将来性

続いて、ポルカドット(Polkadot)の将来性についてみてみましょう。

  1. 国内取引所へ複数上場している
  2. 海外最大手バイナンスがポルカドットの為のファンドを設立
  3. 多数のプロジェクト

 

順に解説していきます。

 

①国内取引所へ複数上場している

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)を取り扱っている国内取引所は、すでに複数存在します。

世界最大級の取引所バイナンスや、国内最大手のコインチェックやbitFlyerなどに上場しており、このことは仮想通貨ポルカドット(Polkadot)への期待と人気をあらわしています。

日本人も取引しやすいので、今後もポルカドットの保有者が増える可能性があります。

海外取引所でしか購入できない場合、暗号資産初心者にはハードルが高いので、購入しやすい国内の暗号資産取引所が増えていることで、ユーザーにとって利便性が向上しているからです。

 

②海外最大手バイナンスがポルカドットの為のファンドを設立

2020年12月には大手の海外仮想通貨取引所バイナンスが、ポルカドット(Polkadot)のプロジェクトをサポートするため、1000万ドル(約10億円)のファンドを設立したことで話題になりました。

 

ファンド設立はバイナンスのユーザーに対して、DeFi(分散型金融)を体験するための機会を提供するためでした。

その取り組みの1つが「Binance Launchpool(バイナンスローンチプール)」だとされています。

» Defiとは?特徴や始め方を画像付きでわかりやすく解説【図解あり】

 

③多数のプロジェクト

ポルカドット(Polkadot)は現在、300以上のプロジェクトが動いています。

ポルカドット(Polkadot)と多くのプロジェクトが進められていることからも、多くのDappsがポルカドット(Polkadot)ネットワーク上で開発されることが予想されています。

 

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)に関するよくある質問

最後にポルカドット(Polkadot)について、よくある質問に回答します。

  1. ポルカドット(Polkadot)のステーキング方法は?ステーキングできる?
  2. ポルカドット(Polkadot)の現在価格は日本円でいくら?
  3. ポルカドット(Polkadot)は国内の取引所で購入できる?
  4. ポルカドット(Polkadot)の創立者は誰?
  5. ポルカドット(Polkadot)の発行上限枚数は決まっているの?

 

順に回答していきます。

 

①ポルカドット(Polkadot)のステーキング方法は?ステーキングできる?

ポルカドット(Polkadot)は、ステーキングすることができます。

ポルカドット(Polkadot)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができるんです。

ポルカドット(Polkadot)のステーキングのやり方は以下です。

  1. 購入したPolkadotをバイナンスへ送金する
  2. 送金したPolkadotをBinanceでロックステーキングする
  3. ステークしたPolkadotの数に応じて報酬が増える

 

なお、ポルカドット(Polkadot)ステーキングは2022年10月時点では国内取引所ではできません。

 

②ポルカドット(Polkadot)の現在価格は日本円でいくら?

記事執筆時点の10月では、約858円です。

ちなみにローンチされてから2022年10月までの最高価格は2021年11月5日に記録した6,130円でした。

ポルカドット(Polkadot)が高騰する前に何枚か買っておき、長期保有するのも1つの手かもしれません。

 

③ポルカドット(Polkadot)は国内の取引所で購入できる?

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)は、国内の仮想通貨取引所で購入できます。

ポルカドット(Polkadot)を買える国内取引所は、下記です。

 

おすすめは国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックです。

仮想通貨投資家からの人気も高く、メインでコインチェックを愛用している人が1番多いというアンケート結果も出ています。

 

④ポルカドット(Polkadot)の創立者は誰?

ポルカドット(Polkadot)の創立者は、Gavin Wood氏です。

Gavin Wood氏はイーサリアム・プロジェクトで最高技術責任者(CTO)を務めていましたが離脱し、2016年10月9日にPolkadotのホワイトペーパーを公開たことがポルカドット(Polkadot)創立のきっかけとなりました。

 

⑤ポルカドット(Polkadot)の発行上限枚数は決まっているの?

はい、決まっています。

ポルカドット(Polkadot)の発行上限枚数は10億7,000万枚です。

仮想通貨の発行枚数における上限が決められているのは、仮想通貨の希少性を担保して、価値の下落を防ぐためです。

枚数に限りがある分、ポルカドット(Polkadot)は希少価値が高まりそうですね!

ちなみに日本円などの法定通貨は、経済状況などによって中央銀行が発行枚数を調整することができるため、発行枚数の上限は特に決められていません。

 

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)とは?特徴や買い方、将来性についてのまとめ

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)とは?特徴や買い方について

今回は、仮想通貨ポルカドット(Polkadot)の特徴、買い方から価格推移、将来性について解説しました。

 

ポルカドット(Polkadot)は2022年10月現在で約858円、時価総額ランキング12位の人気銘柄です。

今のうちからトークンのポルカドット(Polkadot)を保有しておけば、値上がり時の利益が期待できます。

 

ポルカドット(DOT)は国内取引所のコインチェックで取り扱っています。

なので、国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録して日本円を入金し、準備しておくとスムーズに買えます!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

error:

© 2022 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5