LIFE ニュース

アフターコロナの日本・世界を予想|コロナ収束後はどうなっている?【アフターコロナ未来予想】

投稿日:




アフターコロナの日本・世界を予想

【投稿日:2020年4月29日】

新型コロナが収束した後に、日本はどうなっているのか?

 

コロナ禍の中、様々な不安やストレスに襲われている人も多いです。

 

コロナ感染拡大予防のため、「ステイホーム」を強いられている現状のなか、精神衛生・健康・経済問題など様々な問題・課題が浮き彫りとなっている。

 

今回は、アフターコロナの世界を予想し、少し未来の姿を先読みし、心の不安を払拭するべく、考察内容を記事にします。

 

【閲覧注意】コロナの収束までの期間は?|コロナ収束の見通しを考察・予想し、対策を行う

【大切】コロナ時代に備蓄しておくべきもの10選|これを自宅に備蓄してあれば安心(日用品備蓄リスト)

 

🔻この記事の解説ポイント

  • アフターコロナの世界を予想
  • アフターコロナの世界に求められる人材
  • アフターコロナの世界で生き抜くには
  • 自分の心のケアの優先順位をあげるべき



アフターコロナの日本・世界を予想|コロナ収束後はどうなっている?【アフターコロナ未来予想】

さて、早速本題に入ります。

 

「アフターコロナの世界」はどうなっている?

 

予想していきましょう。

 

アフターコロナの経済は?

アフターコロナの世界では、政府による「コロナ収束」の報道が報じられると同時に、反動で栄える業界がやはりあるでしょう。

 

具体的には下記の業界かなと。

  • 医療
  • 予防医療
  • 旅行
  • 観光
  • 飲食
  • 交通
  • 製造業全般

 

これらの業界はやはり反動がことの他大きいでしょう。

 

いまは需要が滞っているので、アフターコロナの世界では、少しの時間差の後に需要が爆発し、これらの業界で反動が来るということです。

 

GDP(国内総生産)が現在日本ではー25%(マイナス25パーセント)。

 

アフターコロナは経済が動き出し、GDPが上がり、ある程度回復していくでしょう。

 

ただ、GDPが下がっている状態で経済がすぐに復活するのは考えにくい。

 

理由としては、これまで生産して蓄えているものが現在どんどん食いつぶされているため、需要と供給のバランスが崩れ、需要の高いものが値段・価格が高騰している。

 

それにより、日本や世界が全体的に貧しくなっているので、生産が本格始動したと言っても、景気がすぐに回復するわけではなく、食いつぶされた蓄えを補い、国民みんなが消費活動を行いだし、経済が回復しだすまでに時間がかかるということ。

 

アフターコロナで徐々に経済が戻ったとしても、日本中がすぐに消費活動にはいるかと言ったら、これまで財布の紐が固くなっていたのをすぐに緩めることはないでしょう。

 

経済が上向きになり景気が回復しだすまでには、やはり数年はかかると考える。

 

自分のストレスを緩和するための消費活動の時代が来る

コロナ禍の中、みんなステイホームによる「コロナストレス」に襲われている。

 

私自身、いまは「自分のストレスをうまく緩和するために工夫することが大切。」というのを身を持って感じている。

 

少し自分の気持ちが上がるような工夫が大切。ストレスケアです。

 

自分を大切にする、心が喜ぶ買い物(消費行動)をして、心の健康を守ること。補うこと。

 

自分の幸せのためにちょっとだけ贅沢をする。

 

私は男性ですが、私の場合だと、

  • 「ちょっと良いビールを買う」
  • 「ゲームソフトを買う」
  • 「漫画を買う」

 

女性の場合だと、

  • 「可愛いネイルをする」
  • 「可愛いグラス・食器を買う」
  • 「化粧品を買ってみる」

 

ちょっとしたことですが、大切です。

 

ほんの少しの贅沢で少しでも気分が上がり、ストレス緩和になったり、仕事のモチベーションに繋がるのであれば、経済的に苦しいからとお金をケチるばかりではなく、時には心の健康のための消費も必要だということ。

 

これに気づいている人も多いことでしょう。

 

だから、アフターコロナの世界では自分の幸せのためのちょっとした消費行動を大切にする世の中、「ご自愛消費経済」の需要が上がっているのではないかと思う。

 

自分の心のケアの優先順位をあげるべきということです。

 

そして、アフターコロナはこれが国民全体でストレス緩和の方法が上手くなっていると予想できます。

 

アフターコロナの政治

アフターコロナの日本では、単純にコロナ禍の中で活躍した政治家が評価され、出世していくでしょう。

 

アフターコロナの世界でも、しばらくは金融緩和の政治・対策、そして国民の経済保証などのケアが求められるので、これらの政治活動が盛んになるのではないか?と予想されます。

 

経済保証がないと失業者も増え続け、就職もできない状態が続く。

 

だから経済も回らなくなり、滞る。コロナ禍の現在でもそうだが。

 

アフターコロナはそれを防ぐためにも、しばらくの間、国民への経済保証は行われると予想できます。

 

アフターコロナは時代を先取りできる人が強い

アフターコロナは未来を少しだけでも予想を立てて動いた人が強い。

 

少し先の未来を予想し、先取りして動ける人が需要があるし、強い。ということ。

 

つまり、未来の想像ゲームをしながら正解を自分なりに考え、実際に動ける行動力がある人。

 

そしてこれからの課題発掘力と好奇心がある人が強い。

 

自分で課題を発掘してそれを解決するために、自ら好奇心を持って勉強して活かしていくこと。

 

コロナ禍のなか、会社のリモートワーク・テレワークも盛んに行われ、インターネット時代となっているのが顕著です。

 

これからはテクノロジー・ITスキル・プログラミングスキルがあると強い。

 

逆にこれらを使えこなせない人は淘汰される。

 

パソコンスキル・IT・インターネット力がないと、他の人に遅れてしまうことになるんです。

 

もう気ずいている人の方が多いはず。

 

インターネット力が強い人が生き残り、これからはさらに顕著にそういう時代になると予想できます。

 

時代の動きに敏感に対応できる人が時代の真ん中にいれる人かなということです。

 

コロナの影響で経済が衰退し、リスクヘッジが大切だとわかったはずなので、副業をする人も増えるでしょう。

 

そして在宅で楽しむスキルも必要。

 

アフターコロナは在宅で楽しめる人や、ストレスなく生活できるアイデアを持っている人が強く、人からも求められるでしょう。

 

これを発信できる人は需要もあり、SNSやYouTubeなどのインターネットの世界で栄えるでしょう。



最後に:アフターコロナの日本・世界を予想|コロナ収束後はどうなっている?【アフターコロナ未来予想】

いかがでしたか?

 

今回は、アフターコロナの世界を予想した記事になりました。

 

経済・政治・産業はどうなるのか?そしてアフターコロナで生き抜くにはどのようにすれば良いか?どのうような人が需要があるのか?を考察しましたが、どうでしたか?

 

少しでもこの記事が参考になり、あなたの未来の役に立てば幸いです。

 

今日のところはこの辺で。

 

それではまた。

 

こちらの記事もどうぞ。

【閲覧注意】コロナの収束までの期間は?|コロナ収束の見通しを考察・予想し、対策を行う

【大切】コロナ時代に備蓄しておくべきもの10選|これを自宅に備蓄してあれば安心(日用品備蓄リスト)





-LIFE, ニュース
-, ,

Copyright© ☆自治会長カズリリィの宇宙一分かり易い格安SIM☆【ブログバイカズリリィ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.