暗号資産(仮想通貨)

仮想通貨クアント(Quant/QNT)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説

仮想通貨クアント(Quant/QNT)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説

悩む人
暗号資産(仮想通貨)のクアント (Quant/QNT) について詳しく知りたいです。
クアント (Quant/QNT) の特徴や買い方、どこで買えるのか、そして将来性を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • クアント(Quant/QNT)の概要
  • クアント(Quant/QNT)の特徴
  • クアント(Quant/QNT)の買い方
  • クアント(Quant/QNT)の将来性
  • クアント(Quant/QNT)のチャート・価格推移
  • クアント(Quant/QNT)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

仮想通貨のクアント(Quant/QNT)の特徴や買い方、将来性や価格推移を知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

 

クアント(Quant/QNT)とは、仮想通貨(暗号資産)の種類の1つであり、複数のブロックチェーン間の架け橋となるべく作られた仮想通貨です。

ブロックチェーン技術が世に浸透して普及すれば、クアントの需要はこれからますます伸びることが予想されます。

なので、まだ手の届く価格のうちに購入しておくのがおすすめです。

 

今回は、実際に様々な仮想通貨を運用中の筆者が仮想通貨クアント(Quant/QNT)の概要や特徴・買い方、将来性を解説していきます。

 

なお、クアント(Quant/QNT)は国内取引所で取り扱っておらず、Binanceで購入できます。

Binanceで購入するには、まず仮想通貨を国内取引所で購入し、その通貨をBinanceに送金してからクアントに交換する必要があります。

なので、事前準備として国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう!

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨クアント(Quant/QNT)とは?概要を解説

トークン名 クアント (Quant/QNT)
シンボル QNT
価格 約29,913円
時価総額 ¥360,751,092,103
時価総額ランキング 29位
入手できる取引所 Binance、KuCoin、Coinbase Exchangeなど
ツイッター https://twitter.com/quant_network
公式サイト https://quant.network/

※ 2022年10月中旬時点

クアント(Quant/QNT)とは、仮想通貨(暗号資産)の種類の1つです。

クアント (Quant/QNT) は、2018年6月にスタートしたプロジェクトであり、相互運用可能なエコシステムと現実世界のソリューションを提供することで、多くの人にブロックチェーンの力を解き放つことを目的とされて作られました。

 

クアントのプラットフォームを利用すれば、ブロックチェーン同士の接続が可能となります。

そのため、チェーン同士が連携できるようになるので、利便性が格段に向上します。

近年、ブロックチェーン技術がいたるところで採用され始めているため、クアント(Quant/QNT)の需要が高まる可能性が高いです。

また、クアントのCEOであるGilbert Verdian氏は、ブロックチェーン国際規格の設立者ということで有名です。

なので、クアント自体の信頼性にポジティブな影響を与えています。

 

仮想通貨クアント(Quant/QNT)の特徴

クアント(Quant/QNT)の特徴は以下のとおり。

  1. ブロックチェーン同士の連携
  2. マルチアプリケーション
  3. パートナーシップ

 

では、順にみていきましょう。

 

①ブロックチェーン同士の連携

クアント(Quant/QNT)の大きな特徴として、「オーバーレジャー機能」というものがあります。

近年、さまざまなブロックチェーンが開発され、ネットワークの種類が増えました。

しかし、どのブロックチェーンも互換性がなく、そこがブロックチェーンの欠点でもあったのです。

要は、ブロックチェーン技術は素晴らしいが、それぞれが独立してしまっている状態になっているということ。

そこで、クアントの「オーバーレジャー機能」が活躍します。

 

分かりやすくするために例を挙げます。

 

従来のブロックチェーンでは、異なるブロックチェーン上に記録された仮想通貨は、ブロックチェーンをまたぐことができませんでした。

つまり、ネットワークを切り替えないとGOXしてしまっていたのです。

取引所において、ネットワークを切り替えて、それに併せて仮想通貨を送金したり受け取ったりしないとならいため、多くのユーザーにとって作業の手間だったのです。

しかし、クアントの「オーバーレジャー機能」を利用すれば、ブロックチェーンを切り替えなくても取引できるため、利便性が遥かに向上します。

昨今、暗号資産ユーザーや投資家によって、「オーバーレジャー機能」のようなブロックチェーン同士のブリッジ機能が強く求めらていました。

これだけでも、クアントの「オーバーレジャー機能」の革新性がおわかりになったかと思います。

多くのブロックチェーンプラットフォームにとって、求められていた技術をクアントは実現したのです。

 

②マルチアプリケーション

ブロックチェーン同士の接続が可能になると、ブロックチェーン同士の壁がなくなるので、マルチアプリケーションを制作できるようになります。

マルチアプリケーションは違うブロックチェーン上でいくつもスマートコントラクトがつくれるプログラムであり、ブロックチェーン上に作るDapp(分散型アプリ)とは別物です。

マルチアプリケーションは、違うブロックチェーン上でいくつものスマートコントラクトを制作できるプログラムです。

そのため、Dappは1つのブロックチェーンの恩恵しか受けられませんが、マルチアプリケーションであれば複数のブロックチェーンの恩恵を受けられるメリットがあります。

要は、それぞれのブロックチェーンの良いとこ取りができるんです。

クアント(Quant/QNT)の機能を利用するにはライセンス料がかかるものの、クアントのプラットフォームを使って作り上げたマルチアプリケーションの販売が可能です。

 

③パートナーシップ

クアントは、あらゆる機関とパートナー契約を結んでいます。

仮想通貨業界だけでなく、銀行や行政などにまでソリューションを提供しており、有名な企業で例を挙げると、Amazonが挙げられます。

Amazonでは、その技術の一部にクアントの技術が使われています。

 

もう1つ提携している企業の例を挙げると「LACChain」です。

LACChainは幅広い経済圏でブロックチェーン技術による分散型台帳を提供し、金融を総括することを目標にしている会社です。

クアントとパートナー契約を結ぶことで、クアントのオーバーレジャー機能が使えるので、仮想通貨を利用できるようになります。

要は、国境の壁を超えた送金を簡単に実現できるようになるということです。

クアントの技術は、ブロックチェーン技術の応用には欠かせなくなっていると言っても過言ではありません。

その他にも多くの大手企業とも提携しており、クアントは信頼性の高いプロジェクトであるといえるため、今のうちに仮想通貨クアント(Quant/QNT)へ投資しておくのも良いかもしれませんね。

 

仮想通貨クアント(Quant/QNT)の買い方・始め方

クアント(Quant/QNT)の買い方を解説します。

クアント(Quant/QNT)を購入する場合、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金してから、クアントに交換するという手順になります。

国内取引所ではクアント(Quant/QNT)を買うことが出来ないからです。

おすすめの手順は以下です。

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. バイナンスに登録する
  3. バイナンスにビットコインを送金する
  4. ビットコインでクアント(Quant/QNT)を購入する

 

では、順に解説していきます。

 

①コインチェックで仮想通貨を購入

クアント(Quant/QNT)を購入するための事前準備として、国内仮想通貨取引所の口座と、ビットコインなどの仮想通貨が必要です。

国内取引所であれば、現在17種類の仮想通貨が購入できる国内最大手のコインチェックが使いやすいので口座の準備をしておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨投資家からの人気も高く、メインでコインチェックを愛用している人が1番多いというアンケート結果も出ています。

引用元:PR TIMES

 

300人の仮想通貨投資家が最も愛用している国内仮想通貨取引所

1位 Coicheck(コインチェック):90票(30.0%)
2位 bitFlyer(ビットフライヤー):61票(20.3%)
3位 GMOコイン:43票(14.3%)
4位 楽天ウォレット:40票(13.3%)
5位 DMM Bitcoin:25票(8.3%)

 

取引所を選ぶときに迷ったときや、失敗したくないという場合は、コインチェックを選んでおけば間違いないという感じです。

» 無料でコインチェックの口座を開設する【簡単5分】

 

コインチェックの口座開設方法の記事では、コインチェックの口座開設方法からビットコインを買う手順まで丁寧に解説しているので、よかったら参考にしてしてみてください。

 

②バイナンスに登録する

続いてバイナンスに登録します。

 

クアント(Quant/QNT)を取り扱っている海外取引所は先述しましたが、おすすめはバイナンスです。

なぜ2つの取引所に登録するの?

先述しましたが、仮想通貨クアントは国内取引所で取り扱っていません。つまりコインチェックでは買えません。

バイナンスでクアントは手に入るので、コインチェックで買ったビットコインをバイナンスへ送り、送ったビットコインでクアントに交換するため、2つの取引所で口座開設しておく必要があります。

 

バイナンスは、2017年に設立され、ユーザー数・月間取引高で世界有数の規模を誇る仮想通貨取引所なので、安心してお使いになれます。

バイナンスの特徴は、以下です。

  • 世界最大手の取引所
  • 口座開設がかんたん
  • 取り扱い通貨が豊富
  • 取引手数量が安い

 

バイナンスの口座開設がこれからという方は、バイナンスで口座開設する方法にて詳しく画像つきで解説しているので、参考にしてみてください。

日本人が使う海外取引所ランキングの1位をBybitと争うくらい人気であり、クアント(Quant/QNT)も取り扱っています。

\ 無料で登録する✨/

バイナンスに登録する

 

③バイナンスにビットコインを送金する

バイナンスで口座開設したら、コインチェックで入手したビットコインを、バイナンスの画面上のウォレットにて選択します。

バイナンスの画面にてビットコインの入金ボタン(Deposit)をクリックし、表示された入金アドレス(Deposit address)をコピーしましょう。

 

続いて、コピーした入金アドレスをコインチェックの送金画面に貼り付けて下さい。

コインチェックの画面上で、バイナンスのアカウントにビットコインを選び、送金先アドレスに先程の入金アドレスを貼り付けます。

その際、コインチェックの画面では「送金」、バイナンスの画面では「入金(Deposit)」となっていることを確認して下さい。

貼り付けしたら、送金したい通貨の数量、送金に使用するネットワークを選び、送金を実行しましょう。

その後、送金完了の画面表示が出た事を確認し、バイナンスへの着金を待ちましょう。

  1. バイナンスの画面にてビットコインのDepositクリック→入金アドレスコピー
  2. コインチェックの送金画面から「ビットコインを送る」を選択
  3. 送金先リストにコピーしたビットコインアドレスをペースト
  4. 送金したい金額を入力
  5. 「送金する」をクリック

 

④クアント(Quant/QNT)を購入する

送金が完了したら、クアント(Quant/QNT)が購入できます。

まずは国内取引所の口座開設が必須となるので、コインチェックで無料で開設しておきましょう。

クアントの価格が上がったときに利確して、日本円にする場合も国内取引所が必要です。

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨クアント(Quant/QNT)のチャート・価格推移

ここではクアント(Quant/QNT)のチャート・価格推移をみていきます。

  1. 2022年1月〜4月
  2. 2022年5月〜8月
  3. 2022年9月〜

 

ではそれぞれの時期について解説します。

 

①2022年1月〜4月

2022年1月は20,000円を超えた状態でスタートしました。

その後徐々に価格が下がっていき、1月末は10,000円あたりを推移しましたが、2月〜4月にかけて徐々に価格を戻しました。

 

②2022年5月〜8月

2022年5月はおよそ12,000円からスタートしましたが、12日に急落して7,000円を割りました。

2022年5月に起きたUSTのディペッグ騒動をきっかけに仮想通貨市場全体が大きく下落し、クアントも影響を受けて大きく下落した状況です。

しかし、7月になってからは徐々に回復傾向にあり、8月は18,000円近くまで上昇しました。

 

③2022年9月〜

2022年は9月になってからは13,000円あたりをしばらくキープし、そこから10月にかけて徐々に右肩上がりとなっています。

10月17日には一時33,500円を超えるなど、投資家から大きな注目と話題を呼びました。

2022年5月に起きたUSTのディペッグ騒動をきっかけに仮想通貨市場全体が大きく下落したものの、クアントは回復。

また一度人気に火がつくと、国内取引所への新規上場の可能性もあるので、クアント(Quant/QNT)のポテンシャルの高さも後押しして、期待が高まっています。

クアントの革新的な技術は需要が高いため、今後ブロックチェーン技術の発展とともに更に需要が伸びていくことが予想されます。

 

仮想通貨クアント(Quant/QNT)の将来性

続いて、クアント(Quant/QNT)の将来性についてみてみましょう。

  1. 国内取引所への新規上場に期待
  2. ブロックチェーンの普及

 

順に解説していきます。

 

①国内取引所への新規上場に期待

今後クアント(Quant/QNT)を取引できる取引所がさらに増えていけば、知名度アップとともに価格の高騰が期待できます。

すでに世界最大級の取引所バイナンスに上場しておりますが、2022年10月時点では国内取引所へ上場はされていません。

国内最大手のコインチェックやbitFlyerなどに上場が決まれば、一気に保有者が増える可能性があります。

海外取引所で購入するのは暗号資産初心者にはハードルが高いため、購入しやすい国内取引所へ新規上場されるとユーザーにとって利便性が向上するからです。

 

②ブロックチェーンの普及

今後のクアントの見通しとして、数多くプロジェクトがクアントのチェーン上で開発されることが予想できます。

先述のとおり、クアントはブロックチェーンの接続ができる点が最大の特徴です。

そのため、ブロックチェーン技術が現代の社会とマッチして普及すれば大きな価値があるプロジェクトとなります。

しかし、ブロックチェーンは金融領域からそうでない領域までさまざまな分野で利用されてはいますが、課題が少なくないという事実もあります。

ビットコインやイーサリアムのブロックチェーンは、スケーラビリティ問題や電力問題などがあります。

イーサリアムのブロックチェーンではガス代が高い点もデメリットとなっていますが、このガス代問題を解決するためのプロジェクトも多くなっています。

このように続々とあらわになるブロックチェーンの課題をきちんとクリアできれば、ブロックチェーン技術は発展していくでしょう。

クアント(Quant/QNT)の技術は、多方面から求められていたものです。

先述のとおり、クアント(Quant/QNT)と多くの企業が提携していたり、多くのプロジェクトが進められていることから、今後多くのDappがクアント(Quant/QNT)ネットワーク上で開発されることが予想されています。

 

仮想通貨クアント(Quant/QNT)に関するよくある質問

最後にクアント(Quant/QNT)について、よくある質問に回答します。

  1. クアント(Quant/QNT)のステーキング方法は?ステーキングできる?
  2. クアント(Quant/QNT)の現在価格は日本円でいくら?
  3. クアント(Quant/QNT)は国内の取引所で購入できる?
  4. クアント(Quant/QNT)の発行上限枚数は決まっているの?

 

順に回答していきます。

 

①クアント(Quant/QNT)のステーキング方法は?ステーキングできる?

クアント(Quant/QNT)は、ステーキングすることが可能です。

クアント(Quant/QNT)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができるんです。

クアント(Quant/QNT)のステーキングのやり方は以下です。

  1. 購入したクアントをバイナンスへ送金する
  2. 送金したクアントをBinanceでロックステーキングする
  3. ステークしたクアントの数に応じて報酬が増える

 

②クアント(Quant/QNT)の現在価格は日本円でいくら?

記事執筆時点の10月では、約29,900円です。

ちなみにローンチされてから2022年10月までの最高価格は33,589円でした。

クアント(Quant/QNT)が高騰する前に何枚か買っておき、長期保有するのも1つの手かもしれません。

 

③クアント(Quant/QNT)は国内の取引所で購入できる?

仮想通貨クアント(Quant/QNT)は国内の仮想通貨取引所では取り扱っておらず、買えません。

クアント(Quant/QNT)を買える取引所は、下記の海外取引所です。

 

購入するには、まず仮想通貨を国内取引所で購入し、その通貨を海外取引所へ送金してからクアント(Quant/QNT)に交換する(買う)必要があります。

海外取引所では日本円を入金できないからです。国内取引所であれば可能です。

国内取引所のおすすめはコインチェックです。日本人がメインでコインチェックを愛用している人が1番多いというアンケート結果も出ています。

 

④クアント(Quant/QNT)の発行上限枚数は決まっているの?

はい、決まっています。

クアント(Quant/QNT)の発行上限枚数は14,612,493枚です。

仮想通貨の発行枚数における上限が決められているのは、仮想通貨の希少性を担保して、価値の下落を防ぐためです。

枚数に限りがある分、クアント(Quant/QNT)は希少価値が高まりそうですね!

ちなみに日本円などの法定通貨は、経済状況などによって中央銀行が発行枚数を調整することができるため、発行枚数の上限は特に決められていません。

 

仮想通貨クアント(Quant/QNT)とは?特徴や買い方についてのまとめ

今回は、クアント(Quant/QNT)の特徴、買い方から価格推移、将来性について解説しました。

 

クアント(Quant/QNT)は2022年10月現在で約29,900円、時価総額ランキング30位の人気銘柄です。

クアントは、ブロックチェーンの技術が革新的なので投資家からも期待されている銘柄です。

今のうちから保有しておけば、値上がり時の利益が期待できます。

 

繰り返しになりますが、クアント(Quant/QNT)は国内取引所で取り扱っておらず、Binanceで購入できます。

Binanceで購入するには、まず仮想通貨を国内取引所で購入し、その通貨をBinanceに送金してからクアントに交換する必要があります。

なので、事前準備として国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう!

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

error:

© 2022 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5