トレンド

レペゼン地球が解散した理由は〇〇だった!!Repezen Foxx(レペゼンフォックス)も始動!!





顔が超イケメンになってる!!!

 

『レペゼン地球』リーダー・DJ社長(木元駿之介)がめっちゃイケメンになってる!!

 

整形したみたいですね。私はそれを知らなかったので、まずそれにビックリしました!!↓

 


現在は解散していますが、リーダーの「DJ社長」が6月1日にYouTubeで公開した“ある動画”が現在693万回再生(6月3日時点)され、いま話題を呼んでいます!!

 

私も観てみましたが...

 

レペゼン地球が解散したときのことを赤裸々に話している動画でした...

 

このバズ動画を観てみてびっくり。(まだ観ていない人は↑の動画観てみて...びっくりしするから)

 

レペゼン地球はこれまでたくさんの炎上を起こしていたので、炎上→バズのグループという認識があったけど...

 

 

 

いままでそんなことを隠していたのか...耐えていたんだな... と思いました。

 

何を隠していたのかというと...株のことがきっかけで解散になってしまったこと...

 


 

会社を作ったときの株をHに渡したために、“ある事件” が起こった...というもの。



レペゼン地球が解散した理由は〇〇だった!!Repezen Foxx(レペゼンフォックス)も始動!!

レペゼン地球が解散した理由は〇〇だった!!Repezen Foxx(レペゼンフォックス)も始動!!

 

「レペゼン地球」は、2015年8月から2020年12月までDJ社長(28)、DJふぉい(24)、DJ銀太(25)、MG脇(25)、DJまる(25)の福岡出身の男性5人で活動していた音楽グループです。福岡ドーム公演をもって解散しました。

 


動画の概要は、以下です。

 

DJ社長が会社を立てたときに、株の所有権をHさんに預けてしまいました。

 

ちなみにその会社は最初にHさんが100万円で『ライフグループ』という名前の会社で、作ってくれていました。

 

なぜならDJ社長がその時に6000万円の借金を抱えていたので、お金がなく、HはのちにDJ社長が人気になったときに、「100万円と少しの利息で返してくれれば良い。」という話で...DJ社長はお金をHに借りを作る形になるが、一旦株の所有権利はHで、人気になって株の所有権を返してもらうつもりだった。

 

レペゼン地球解散の真相とレペゼン地球の会社『ライフグループ』の株主Hさん

レペゼン地球解散の真相とレペゼン地球の会社『ライフグループ』の株主Hさん


なぜHに最初から株を任せていたのか?というと、理由としては、『DJ社長たちが人気になった時に、6000万円の借金があるDJ社長は借金元の人から株を差し押さえられる可能性がある。借金をDJ社長が返し終わるまで、預かっておく。安全に私が管理しておく』とHに言われ、『確かに』と『お願いします』という感じでDJ社長はHを信じ、『むしろ良い人だ』
とも思ったことでしょう。

 

 

そしてHはDJ社長たちの仕事にも介入していく。

 

経理関係、契約書関係など...

 

 

しかし、レペゼン地球のメンバーたちは人気になっても、経理の仕事をしているHは、DJ社長たちがいくら稼いでいるかも教えてくれなかった。

 

 

メンバーたちは仕事相応の給料をもらえず、経理関係の仕事を担当していたH氏はDJ社長が借金を返し終わっても株を返してくれませんでした。

 

 

その後、怒ったDJ社長たちは、何回もHに会うたびに『株を返してください』と訴えていたという。

 

 

 

動画を観ればすべて話しています...

 

 

なぜこんなにDJ社長が下手(したて)なのか?というと、株の所有者は社長よりもえらいので、クビにすることもできるからです。

 

 

DJ社長たちは、株の所有権を持っているHにクビにされるのを恐れていたのです。

 

 

DJ社長、メンバーたち腹わたが煮えくり返っていたことでしょう。。。

 

ついに折れて、条件付きで株を渡すと言ってきたHだが「退職金4900万円」「レペゼン地球の歌った楽曲の権利を全て渡す」「H氏が担当した経理に不備があっても訴えてはならない」「未来永劫的にカラオケ印税も」など、提示された条件はやばかった。。。

 

 

 

もちろんDJ社長たちは納得することが出来ず、その後も話し合いは続いた...

 

 

そしてついにDJ社長は、H氏にクビにされてしまいました...

 

 

そのため、DJ社長は2020年、自らの意思で解散して新グループ(Candy Foxx)、新会社(Studio Candy Foxx株式会社)の設立を決意しました。

 

同年12月に、レペセン地球ファンのために、『レペゼン地球福岡ドーム解散ライブ』を行い、解散しました。

 

 

これまでの株に関する揉め事のこと、DJ社長はファンが面白くない思いで解散を受け入れることになると思い、ファンを思い、DJ社長は解散ライブの時にも、その前にもファンに伝える事ができなかった。

 

 

 

現在は、Hとは裁判で争っている途中とのこと。

 

 

レペゼン地球『ライフグループ』の株主であり、経理担当の人物・H氏とはこういう人物でした。

 

レペゼン地球『ライフグループ』の経理担当の人物・H氏

 

まとめると、レペゼン地球の解散前にLife Groupの代表職を失ったDJ社長は、レペゼン地球の商標権、楽曲の権利などがすべてH氏のものになっていることについて、現在裁判で争っている...とのことでした。

 

そして、動画の最後にDJ社長がファンに事の真相を言えなかったことと、株を結局は自分が渡してしまったことでレペゼン地球が解散せざるを得なかったことについて、謝罪していました。



レペゼン地球の後身であるCandy FoxxとRepezen Foxx(レペゼンフォックス)が本格始動!

↑さらにもう1つ、6月2日にアップされた動画がこちらです。(今日もアップされるかな?)

 

今回の元レペゼン地球・DJ社長の動画の話題の中心は今後の活動についてでした。

 

 

DJ社長をはじめ、元レペゼン地球のメンバーは、今年1月にCandy Foxx(キャンディフォックス)を始動させたことを説明しています。

 

 

Candy Foxx(キャンディフォックス)は音楽活動をするためではなく、物語調の曲を作って、曲の中に映像を入れて、工夫しているという。

 

 

Candy Foxxとは、つまり一言でいうと映像作品を作るためのプロジェクトとのこと。

 

 

そしてDJ社長はこの動画内で、音楽を続けるにあたって新しい団体名義が必要になって、新たに「Repezen Foxx」(レペゼンフォックス)を立ち上げることを発表しました。

 

 

DJ社長は動画の中でレペゼン地球と名乗れない悔しさを口にしつつ、「Repezen Foxxをよろしくお願いします!」と締めくくりました。

 

 

Repezen Foxx(レペゼンフォックス)は、これから“世界一”を目指してSNS活動と音楽活動を、本日6月2日より始動しました!!

 


 

ファンには嬉しいニュースでしたね。



最後に:レペゼン地球が解散した理由は〇〇だった!!Repezen Foxx(レペゼンフォックス)も始動!!

今回は、レペゼン地球の解散真相とレペゼンフォックスが始動するというお話をしました。

 

ライフグループの株主で、経理担当だったH氏という人物がどういう人か?もわかりましたね。

 

 

これから裁判など、どうなっていくのでしょうか?

 

 

“正義は最後に必ず勝つ” ので、まぁ大丈夫でしょう!!

 

 

キャンディフォックスとレペゼンフォックス(元レペゼン地球のメンバーたち)、応援しています!!

 

 

 

 

▼レペゼン地球について

>>ウイキペディア

 



-トレンド
-, , ,

© 2021 ☆鬼滅の刃とIT大好き自治会長ブログ Powered by AFFINGER5