CRYPTO

仮想通貨Access Protocol(ACS)とは?特徴や買い方、将来性や今後の見通しについて解説

仮想通貨Access Protocol(ACS)

悩む人
暗号資産(仮想通貨)のAccess Protocol(ACS)について詳しく知りたいです。
Access Protocol(ACS)の特徴やどこで買えるのか、買い方や将来性を教えてほしい。

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Access Protocol(ACS)の概要
  • Access Protocol(ACS)の特徴
  • Access Protocol(ACS)の買い方
  • Access Protocol(ACS)の将来性
  • Access Protocol(ACS)のチャート・価格推移
  • Access Protocol(ACS)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営 & 仮想通貨を7桁運用しつつ、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

Access Protocol(ACS)の特徴や買い方、将来性や価格推移を知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

 

Access Protocol(ACS)とは、分散型金融(DeFi)の分野で使用される仮想通貨です。

仮想通貨Access Protocol(ACS)

 

今回は、実際に仮想通貨を7桁運用中の僕が仮想通貨Access Protocol(ACS)の概要や特徴・買い方、将来性を解説していきます。

なお、Access Protocol(ACS)は国内取引所で取り扱っておらず、Bybitで購入できます。

Bybitで購入するには、まず仮想通貨を国内取引所で購入し、その通貨をBybitに送金してからACSに交換する必要があります。

なので、事前準備として国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨Access Protocol(ACS)とは?

仮想通貨Access Protocol(ACS)

トークン名 Access Protocol(アクセスプロトコル/ACS)
シンボル ACS
価格 ¥1.7
時価総額 ¥42,337,739,892
時価総額ランキング 2,615位
入手できる取引所 Bybit、KuCoin、Coinbaseなど
公式サイト 公式サイト

※ 2023年2月時点

Access Protocol(ACS)とは、分散型金融(DeFi)の分野で使用される仮想通貨です。

自己改善型ステーブルコインのACCESSを提供するために使用されるトークンであり、ステーキングや報酬プログラムの実行などの目的に使用されます。

Access Protocol(ACS)は、海外取引所のBybit、KuCoin、Coinbaseなどで取り扱っています。

2023年2月時点ではコインチェクやbitFlyerなど国内の取引所では取り扱っていないため、元手となる資金(通貨)をコインチェックなど国内取引所で購入し、それをBybitへ送金してから購入することができます。

クリプトぱぱ
それでは、特徴を次章で詳しく解説していきます。

 

仮想通貨Access Protocol(ACS)の特徴

仮想通貨Access Protocol(ACS)

Access Protocol(ACS)の特徴は以下のとおり。

  1. 自己改善型ステーブルコインの提供
  2. 報酬プログラム
  3. 分散型金融(DeFi)分野における役割を担う
  4. マルチチェーン戦略
  5. ステーキングできる
  6. 複数の取引所へ新規上場が増えている

では、順にみていきましょう。

 

①自己改善型ステーブルコインの提供

Access Protocol(ACS)は、自己改善型ステーブルコインのACCESSを提供することが主な目的の1つです。

ACCESSは、市場変動に対応して自動的に調整されるステーブルコインであり、ボラティリティが低い点が特徴です。 

 

②報酬プログラム

Access Protocolは、ユーザーに報酬を与える報酬プログラムを提供することで、ユーザーを奨励している点も特徴の1つ。

報酬プログラムは、ユーザーが仮想通貨ACSをステーキングすることによって参加できます。

 

③分散型金融(DeFi)分野における役割を担う

Access Protocol(ACS)は、分散型金融(DeFi)の分野において、ステーブルコインの提供や報酬プログラムの実行など、さまざまな役割を担っています。

 

④マルチチェーン戦略

Access Protocolは、Ethereumブロックチェーン上で構築されており、将来的にはPolkadotブロックチェーン上でも開発が予定されています。

こういったマルチチェーン戦略により、今後Access Protocolは、より多くのユーザー層にアクセスすることが可能になります。

 

⑤ステーキングできる

Access Protocol(ACS)は、公式サイトでステーキングすることができます。

ステーキングとは、仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、その対価として報酬がもらえる仕組みのこと。

多くの仮想通貨は、取引による売買差益(キャピタルゲイン)が主流でしたが、ステーキングに対応しているAccess Protocol(ACS)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受け取ることができます。

 

⑥複数の取引所へ新規上場が増えている

Access Protocol(ACS)は、海外取引所のBybit、KuCoin、Coinbaseなどの大手海外取引所へ上場しています。

このように複数の海外取引所に上場しているため、たくさんの投資家によって日々取引されています。

 

仮想通貨Access Protocol(ACS)の買い方・始め方

仮想通貨Access Protocol(ACS)の買い方を解説します。

Access Protocol(ACS)を購入する場合、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金してから、ACSに交換するという手順になります。

手順をまとめると、以下です。

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. Bybitに登録する
  3. Bybitにビットコインを送金する
  4. ビットコインでAccess Protocol(ACS)を購入する

ややこしく感じるかもですが、やってみると意外と簡単ですよ。

では、順に解説していきます。

 

①コインチェックで仮想通貨を購入

Access Protocol(ACS)を購入するための事前準備として、国内仮想通貨取引所の口座と、ビットコインなどの仮想通貨が必要です。

国内取引所であれば、現在18種類の仮想通貨が購入できる国内最大手のコインチェックが使いやすいので口座の準備をしておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨投資家からの人気も高く、メインでコインチェックを愛用している人が1番多いというアンケート結果も出ています。

引用元:PR TIMES

 

300人の仮想通貨投資家が最も愛用している国内仮想通貨取引所

1位 Coicheck(コインチェック):90票(30.0%)
2位 bitFlyer(ビットフライヤー):61票(20.3%)
3位 GMOコイン:43票(14.3%)
4位 楽天ウォレット:40票(13.3%)
5位 DMM Bitcoin:25票(8.3%)

 

取引所を選ぶときに迷ったときや、失敗したくないという場合は、コインチェックを選んでおけば間違いないという感じです。

» 無料でコインチェックの口座を開設する【簡単5分】

 

コインチェックの口座開設方法の記事では、コインチェックの口座開設方法からビットコインを買う手順まで丁寧に解説しているので、よかったら参考にしてみてください。

 

②Bybitに登録する

続いてBybitに登録します。

Access Protocol(ACS)を取り扱っている海外取引所は先述しましたが、おすすめはBybitです。

なぜ2つの取引所に登録するの?

先述しましたが、仮想通貨Access Protocol(ACS)は国内取引所で取り扱っていません。つまりコインチェックでは買えません。

BybitでACSは手に入るので、コインチェックで買ったビットコインをBybitへ送り、送ったビットコインでACSに交換するため、2つの取引所で口座開設しておく必要があります。

Bybitは大手の海外取引所なので、日本人の多くが登録しているのでおすすめです。

クリプトぱぱ
もちろん僕も登録しています!

 

Bybitの口座開設がこれからという方は、Bybitで口座開設する方法にて詳しく画像つきで解説しているので、参考にしてみてください。

日本人が使う海外取引所ランキングの1位をバイナンスと争うくらい人気であり、ACSも取り扱っています。

\ 無料で登録する✨/

Bybitに登録する

 

③Bybitにビットコインを送金する

Bybitで口座開設したら、コインチェックで入手したビットコインを、Bybitの画面上のウォレットにて選択します。

Bybitの画面にてビットコインの入金ボタン(Deposit)をクリックし、表示された入金アドレス(Deposit address)をコピーしましょう。

 

続いて、コピーした入金アドレスをコインチェックの送金画面に貼り付けて下さい。

コインチェックの画面上で、Bybitのアカウントにビットコインを選び、送金先アドレスに先程の入金アドレスを貼り付けます。

その際、コインチェックの画面では「送金」、バイナンスの画面では「入金(Deposit)」となっていることを確認して下さい。

貼り付けしたら、送金したい通貨の数量、送金に使用するネットワークを選び、送金を実行しましょう。

その後、送金完了の画面表示が出た事を確認し、Bybitへの着金を待ちましょう。

  1. Bybitの画面にてビットコインのDepositクリック→入金アドレスコピー
  2. コインチェックの送金画面から「ビットコインを送る」を選択
  3. 送金先リストにコピーしたビットコインアドレスをペースト
  4. 送金したい金額を入力
  5. 「送金する」をクリック

 

④仮想通貨Access Protocol(ACS)を購入する

仮想通貨Access Protocol(ACS)送金が完了したら、Access Protocol(ACS)が購入できます。

まずは国内取引所の口座開設が必須となるので、コインチェックで無料で開設しておきましょう。

ACSの価格が上がったときに利確して、日本円にする場合も国内取引所が必要です。

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨Access Protocol(ACS)のチャート・価格推移

ここではAccess Protocol(ACS)のチャート・価格推移をみていきます。

  • 2023年2月〜

ではみていきます。

 

2023年2月〜

Access Protocol (ACS)のメインネットは、2022年2月10日にローンチされました。このローンチに伴い、ACSトークンの取引も開始。

ACSのローンチ当初の価格は約2.5円でスタートしましたが、徐々に下降して2023年2月現在では、1.7円前後を推移しています。

2022年2月にリリースされたACSは、時価総額が569億円を超えており、投資家からの人気が高い通貨です。

 

仮想通貨Access Protocol(ACS)の将来性・今後の見通し

それでは、Access Protocol(ACS)の将来性についてみてみましょう。

  1. ステーブルコイン市場の成長
  2. 分散型金融(DeFi)分野の発展
  3. マルチチェーン戦略の展開
  4. コミュニティの拡大
  5. WEB3.0・仮想通貨市場の盛り上がりに期待
  6. 国内取引所への新規上場に期待
  7. サービス拡大に伴う価格の上昇

順に解説していきます。

 

①ステーブルコイン市場の成長

ステーブルコインは、仮想通貨市場において、価格変動リスクを抑えるために広く使用されています。

市場規模が拡大しているため、今後Access Protocol(ACS)の自己改善型ステーブルコインの需要も高まると考えられています。

 

②分散型金融(DeFi)分野の発展

 DeFi分野は、近年急速に発展しており、今後も成長が期待されています。

Access Protocol(ACS)は、DeFiの分野においてステーブルコインや報酬プログラムの提供など、重要な役割を担うことができます。

 

③マルチチェーン戦略の展開

Access Protocol(ACS)は、将来的にはPolkadotブロックチェーン上でも開発が予定されています。

このマルチチェーン戦略によりAccess Protocol(ACS)は、より多くのユーザー層にアクセスできるようになり、需要が拡大する可能性があります。

 

④コミュニティの拡大

Access Protocol(ACS)は、コミュニティによって支えられています。

ACS開発チームは、コミュニティとの交流を積極的に進め、ユーザーのフィードバックを取り入れることで、積極的にプロトコルの改善を行っています。

 

⑤WEB3.0・仮想通貨市場の盛り上がりに期待

今後、WEB3.0の業界は伸びていきます。

なので、この流れはAccess Protocol(ACS)にとってプラスに働きます。

また、仮想通貨の主要な銘柄は、仮想通貨の代表のビットコインの価格と連動します。

現在では、仮想通貨市場全体が冬相場となっていますが、市場全体が回復すれば、Access Protocol(ACS)にも影響して買いが入る可能性もあります。

そうなったときに、仮想通貨ACSの価格が上昇することが期待できます。

 

⑥国内取引所への新規上場に期待

今後Access Protocol(ACS)を取引できる取引所がさらに増えていけば、知名度アップとともに価格の高騰が期待できます。

すでに海外大手の取引所Bybitなどに上場しておりますが、2023年2月時点では国内取引所への上場はありません。

国内最大手のコインチェックbitFlyerなどに上場が決まれば、一気に保有者が増える可能性があります。

 

⑦サービス拡大に伴う価格の上昇

Access Protocol(ACS)が、今後様々なサービスを実施することにより、価格の上昇に繋がる可能性もあります。

今後、様々な企業と提携してサービスを開発したり、活動すること自体が話題になり得ます。

Access Protocol(ACS)のサービスリリースによって注目が集まったときに、ACSの価格が上昇することが期待されています。

 

仮想通貨Access Protocol(ACS)に関するよくある質問

最後にAccess Protocol(ACS)について、よくある質問に回答します。

  1. ACSのステーキング方法は?ステーキングできる?
  2. ACSの現在価格は日本円でいくら?
  3. ACSは国内の取引所で購入できる?
  4. ACSの発行上限枚数は決まっているの?
  5. ACSの創設者は誰?

順に回答していきます。

 

①Access Protocol(ACS)のステーキング方法は?ステーキングできる?

 Access Protocol(ACS)は、公式サイトにてステーキングすることができます。

Access Protocol(ACS)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受け取ることができるんです。

ACSのステーキングのやり方は以下です。

  1. 購入したACSを公式サイトでステーキングする
  2. ステークしたACSの数に応じて報酬が増える

 

②Access Protocol(ACS)の現在価格は日本円でいくら?

記事執筆時点では、約1.6円です。

ちなみにローンチされてから2023年2月までの最高価格は2023年2月に記録した3円台でした。

ACSが高騰する前に何枚か買っておき、長期保有するのも1つの手かもしれません。

 

③Access Protocol(ACS)は国内の取引所で購入できる?

仮想通貨Access Protocol(ACS)は、2023年2月時点で国内取引所では取り扱っていません。

 

④Access Protocol(ACS)の発行上限枚数は決まっているの?

はい、決まっています。

Access Protocol(ACS)の発行上限枚数は10億枚です。

仮想通貨の発行枚数における上限が決められているのは、仮想通貨の希少性を担保して、価値の下落を防ぐためです。

ちなみに日本円などの法定通貨は、経済状況などによって中央銀行が発行枚数を調整することができるため、発行枚数の上限は特に決められていません。

 

⑤Access Protocol(ACS)の創設者・創業者は誰?

Access Protocol(ACS)の開発者は、公式サイトやホワイトペーパーなどには、公表されていません。

 

仮想通貨Access Protocol(ACS)とは?特徴や買い方、将来性についてのまとめ

仮想通貨Access Protocol(ACS)

 今回は、仮想通貨Access Protocol(ACS)の特徴、買い方から価格推移、将来性について解説しました。

Access Protocolは、分散型金融(DeFi)分野の成長に合わせて急速に成長しており、ステーキングや報酬プログラムなどの特徴が、ユーザーにとって魅力的なプロトコルとなっています。

Access Protocol(ACS)は2023年2月現在で約1.6円、時価総額ランキング2,615位です。

時価総額は423億円を超えており大きな可能性を秘めている仮想通貨。

そのため、投資家からAccess Protocol(ACS)への確かな需要があります。

今のうちからトークンのAccess Protocol(ACS)を保有しておけば、値上がり時の利益が期待できます。

なお、Access Protocol(ACS)は国内取引所で取り扱っておらず、Bybitで購入できます。

Bybitで購入するには、まず仮想通貨を国内取引所で購入し、その通貨をBybitに送金してからACSに交換する必要があります。

なので、ACSを買いたい場合は事前準備として国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

コインチェック    bitflyer

当サイトで表記している「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指しています。

error:

© 2023 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5