暗号資産(仮想通貨)

仮想通貨Polygon(ポリゴン/MATIC)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説

仮想通貨Polygon(ポリゴン/MATIC)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説

悩む人
暗号資産(仮想通貨)のPolygon(ポリゴン/MATIC)について詳しく知りたいです。
Polygon(MATIC)の特徴や買い方、どこで買えるのか、そして将来性を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Polygon(MATIC)の概要
  • Polygon(MATIC)の特徴
  • Polygon(MATIC)の買い方
  • Polygon(MATIC)の将来性
  • Polygon(MATIC)のチャート・価格推移
  • Polygon(MATIC)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

Polygon(MATIC)の特徴や買い方、将来性や価格推移を知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

 

Polygon(MATIC)とは、ブロックチェーンでのトランザクションの速度を向上させ、コストを削減することを目指すために作られたネットワークであり、仮想通貨です。

また、イーサリアム上のスケーラビリティ問題が表面化していますが、その問題を解決するためのプラットフォームです。

 

今回は、実際に仮想通貨を運用中の筆者が仮想通貨Polygon(MATIC)の概要や特徴・買い方、将来性を解説していきます。

 

なお、Polygon(MATIC)は国内取引所のbitbankで取り扱っています。

なので、仮想通貨取引量国内トップレベルbitbankに無料登録して日本円を入金し、準備しておくとスムーズに買えます!

最短3分!無料で口座開設✨/

bitbank公式サイト

 

仮想通貨Polygon(MATIC)とは?概要を解説

トークン名 Polygon(ポリゴン/MATIC)
シンボル MATIC
価格 約133円
時価総額 ¥1,162,967,723,376
時価総額ランキング 11位
入手できる取引所 国内:bitFlyerbitbank

海外:バイナンス、bybit、Coinbase、KuCoinなど

公式サイト 公式サイト

※ 2022年10月時点

Polygon(MATIC)とは、ブロックチェーンでのトランザクションの速度を向上させ、コストを削減することを目指すために作られたネットワークであり、仮想通貨です。

また、イーサリアム上のスケーラビリティ問題が表面化していますが、その問題を解決するためのプラットフォームです。

Polygon(MATIC)は、2022年10月時点で時価総額11位を誇り、人気の銘柄となっています。

そんなPolygon(MATIC)は、国内取引所ではbitFlyerbitbankで取り扱われています。

海外取引所ではバイナンス、bybit、Coinbase、KuCoinなどで取り扱っています。

 

仮想通貨Polygon(MATIC)の特徴

 暗号資産Polygon(MATIC)の特徴は以下のとおり。

  1. レイヤー2ブロックチェーンでイーサリアムの問題に対応
  2. ネイティブトークンとなるMATICトークン
  3. 通信速度が早くてガス代が安い
  4. PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用
  5. ステーキングできる

 

では、順にみていきましょう。

 

①レイヤー2ブロックチェーンでイーサリアムの問題に対応

イーサリアムは、需要過多によって起こるガス代の高騰やスケーラビリティ問題に悩まされていましたが、その対策となるのがレイヤー2(L2)ブロックチェーンの活用です。

  • L1ブロックチェーン:イーサリアムとは独立したブロックチェーン
  • L2ブロックチェーン:イーサリアム上にブロックチェーンを更に1つ追加したブロックチェーン

Polygon(MATIC)は、L2ブロックチェーンのため、レイヤー1ブロックチェーンのイーサリアムの処理負荷を軽減することで、スケーラビリティ問題に対応できます。

 

②ネイティブトークンとなるMATICトークン

Polygon(MATIC)チェーンのMATICトークンはネイティブトークンであり、ガバナンストークンです。

MATICトークンには通常の仮想通貨としての投資要素だけでなく、投票の権利があります。

そのためMATICの保有者はPolygonプロジェクトの方向性や仕様の変更に投票できます。

 

③通信速度が早くてガス代が安い

Polygon(MATIC)は、イーサリアムよりも高速・低コストで利用できます。

Polygon(MATIC)は、2022年10月時点ではイーサリアムに比べておよそ4,000倍も高速で処理できます。

また、手数料(ガス代)も安いです。

ガス代がどれくらい抑えられているのか?というと、イーサリアムチェーンと比べると、通常で2,000倍ほど、ガス代高騰時には5倍ほど抑えられており、大幅に安いです。

 

④PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用

Polygon(MATIC)は、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を用いています。

従来のブロックチェーンは、ビットコインを含め、承認のアルゴリズムにPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を使用しているところが多いです。

しかし、PoWには欠点があり、ブロックチェーンの承認の作業のときに多くの処理を必要とするため、大量の電力を消費していました。

その問題を解決したのが、わずかなエネルギーコストで合意形成が可能なPoS(プルーフ・オブ・ステーク)です。

PoSでは大量の電力を必要としません。

そのため、Polygon(MATIC)は、保有量が多いほどブロックチェーンを繋ぎやすくなる(マイニングの成功確率が上がる)承認アルゴリズムの仕組みにより、エネルギーの節約となっています。

 

⑤ステーキングできる

仮想通貨Polygon(MATIC)は、ステーキングすることができます。

ステーキングとは、仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、その対価として報酬がもらえる仕組みのこと。

 

多くの仮想通貨は、取引による売買差益(キャピタルゲイン)が主流でしたが、ステーキングに対応しているPolygon(MATIC)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができます。

 

仮想通貨Polygon(MATIC)の買い方・始め方

仮想通貨Polygon(MATIC)の買い方を解説します。

手順は以下のとおり。

  1. bitbankに登録して日本円を入金する
  2. 入金した日本円でPolygon(MATIC)を買う

では、順に解説していきます。

 

①bitbankで仮想通貨を購入

仮想通貨Polygon(MATIC)を購入するための事前準備として、国内仮想通貨取引所の口座が必要です。

bitbankで取り扱っているので、事前に登録しておきましょう。

最短3分!無料で口座開設✨/

bitbank公式サイト

 

画像つきで見ながら登録したい方はbitbankの口座開設方法にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。日本円の入金方法も解説しております。

 

②暗号資産Polygon(MATIC)を購入する

コインチェックへ日本円の入金が完了したら、Polygon(MATIC)が購入できます。

bitbankのホーム画面右上の人型マークを選択し、「販売所」or「取引所」から、入金した日本円でPolygon(MATIC)を買うことができます。

 

仮想通貨Polygon(MATIC)のチャート・価格推移

ここではPolygon(MATIC)の直近のチャート・価格推移をみていきます。

  1. 2022年1月〜4月
  2. 2022年5月〜8月
  3. 2022年9月〜10月

 

①2022年1月〜4月

Polygon(MATIC)は2022年は304円でスタートしました。

徐々に下降傾向となり、150円前後を推移することがありました。

2月〜4月にかけて多少の上下があり、一時210円超えまで戻すも、4月末は150円前後を推移していました。

 

②2022年5月〜8月

2022年5月〜6月にかけて大きく価格を下げてしまい、一時50円を割る局面もありました。

2022年5月に起きたUSTのディペッグ騒動をきっかけに仮想通貨市場全体が大きく下落し、Polygon(MATIC)も影響を受けて大きく下落した状況です。

7月から徐々に価格が上がっていき、8月末には120円近くまで上昇しました。

 

③2022年9月〜10月

2022年は9月は徐々に回復傾向となり、一時130円を超えましたが、その後徐々に下降傾向にあり、100円近くまで下がったものの、10月末には130円前後に落ち着きました。

一時期よりは価格を下げたものの、Polygon(MATIC)は時価総額ランキング11位になっていることもあり、根強い需要があります。

そのため、投資家からのMATICへの期待は保たれています。

 

仮想通貨Polygon(MATIC)の将来性

続いて、Polygon(MATIC)の将来性についてみてみましょう。

  1. 仮想通貨取引所へ複数上場している
  2. 今後のアップデートに期待
  3. 対応するDappsやDeFiへの期待

 

順に解説していきます。

 

①仮想通貨取引所へ複数上場している

仮想通貨Polygon(MATIC)を取り扱っている取引所は、すでに複数存在します。

世界最大級の取引所バイナンスや、国内最大手のbitFlyerbitbankなどにも上場しており、このことは仮想通貨Polygon(MATIC)への期待と人気をあらわしています。

国内取引所に上場していることもあり、日本人も取引しやすいので、今後もPolygon(MATIC)の保有者が増える可能性があります。

海外取引所でしか購入できない場合、暗号資産初心者にはハードルが高いので、購入しやすい国内の暗号資産取引所が増えていることで、ユーザーにとって利便性が向上しているからです。

 

②今後のアップデートに期待

Polygon(MATIC)は、Polygon(MATIC)が継続して拡大するための様々なアップデート・技術開発を予定しています。

Polygon(MATIC)がより多くのプロジェクトを進めて、スケールアップするためのアップデートなので、この点はポジティブに評価できる要素と言えるでしょう。

 

③対応するDappsやDeFiへの期待

Polygon(MATIC)上で開発されるプロジェクトの数と、その拡大もまた、Polygon(MATIC)の価格に大きく影響します。

Polygon(MATIC)が登場したことで、今後も更にPolygon(MATIC)のエコシステムに参入するDeFiやDappsが増えていくことが予想されます。

またPolygon(MATIC)が発展し、投資家からの人気が出れば更に需要が増し、仮想通貨Polygon(MATIC)の価格の上昇も見込めます。

 

仮想通貨Polygon(MATIC)に関するよくある質問

最後にPolygon(MATIC)について、よくある質問に回答します。

  1. Polygon(MATIC)のステーキング方法は?ステーキングできる?
  2. Polygon(MATIC)の現在価格は日本円でいくら?
  3. Polygon(MATIC)は国内の取引所で購入できる?
  4. Polygon(MATIC)の創立者は誰?
  5. Polygon(MATIC)の発行上限枚数は決まっているの?

 

順に回答していきます。

 

①Polygon(MATIC)のステーキング方法は?ステーキングできる?

Polygon(MATIC)は、ステーキングすることができます。

Polygon(MATIC)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができるんです。

Polygon(MATIC)のステーキングのやり方は以下です。

  1. 購入したPolygon(MATIC)をバイナンスへ送金する
  2. 送金したPolygon(MATIC)をBinanceでロックステーキングする
  3. ステークしたPolygon(MATIC)の数に応じて報酬が増える

 

②Polygon(MATIC)の現在価格は日本円でいくら?

記事執筆時点の10月では、約133円です。

ちなみにローンチされてから2022年10月までの最高価格は2021年12月28日に記録した313円でした。

Polygon(MATIC)が高騰する前に何枚か買っておき、長期保有するのも1つの手かもしれません。

 

③Polygon(MATIC)は国内の取引所で購入できる?

仮想通貨Polygon(MATIC)は、国内の仮想通貨取引所で購入できます。

Polygon(MATIC)を買える国内取引所は、下記です。

 

④Polygon(MATIC)の創立者は誰?

Polygon(MATIC)は、2017年に3人のエンジニア、Jaynti Kanani、Sandeep Nailwal、Anurag Arjunによって開発が始められました。

Polygonによってイーサリアムがよりスケールするための、「インフラ」となることが、開発の目的となっています。

 

⑤Polygon(MATIC)の発行上限枚数は決まっているの?

はい、決まっています。

Polygon(MATIC)の発行上限枚数は10,000,000,000(100億万)枚です。

仮想通貨の発行枚数における上限が決められているのは、仮想通貨の希少性を担保して、価値の下落を防ぐためです。

枚数に限りがある分、Polygon(MATIC)は希少価値が高まりそうですね!

ちなみに日本円などの法定通貨は、経済状況などによって中央銀行が発行枚数を調整することができるため、発行枚数の上限は特に決められていません。

 

暗号資産Polygon(MATIC)とは?特徴や買い方、将来性についてのまとめ

今回は、暗号資産Polygon(MATIC)の特徴、買い方から価格推移、将来性について解説しました。

 

Polygon(MATIC)は2022年10月現在で約133円、時価総額ランキング11位です。

イーサリアム上のスケーラビリティ問題を解決するためのプラットフォームとして開発され、処理速度の速さとガス代の安さが投資家から人気です。

今のうちからトークンのPolygon(MATIC)を保有しておけば、値上がり時の利益が期待できます。

 

なお、Polygon(MATIC)は国内取引所のbitbankで取り扱っています。

なので、仮想通貨取引量国内トップレベルのbitbankに無料登録して日本円を入金し、準備しておくとスムーズに買えます!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

bitbank公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

error:

© 2022 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5