CRYPTO

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)とは?特徴や買い方、将来性や今後の見通しについて解説

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)

悩む人
暗号資産(仮想通貨)のFantom(FTM/ファントム)について詳しく知りたいです。
Fantom(FTM/ファントム)の特徴や買い方、どこで買えるのか、そして将来性を教えてほしい。

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Fantom(FTM/ファントム)の概要
  • Fantom(FTM/ファントム)の特徴
  • Fantom(FTM/ファントム)の買い方
  • Fantom(FTM/ファントム)の将来性
  • Fantom(FTM/ファントム)のチャート・価格推移
  • Fantom(FTM/ファントム)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

  • 筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信
  • 当ブログは毎月4万PV以上を安定して獲得
  • 筆者はICLに所属しており、NFTの含み益7桁達成
  • 仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信

 

Fantom(FTM/ファントム)の特徴や買い方、将来性や価格推移を知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

 

Fantom(FTM/ファントム)は、2018年にリリースされたアンドレ・クロニエ氏によって開発された仮想通貨(トークン)です。

今回は、実際に仮想通貨を運用中の筆者が仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)の概要や特徴・買い方、将来性を解説していきます。

 

なお、Fantom(FTM/ファントム)は国内取引所で取り扱っておらず、バイナンスで購入できます。

バイナンスで購入するには、まず仮想通貨を国内取引所で購入し、その通貨をバイナンスに送金してからFTMに交換する必要があります。

なので、事前準備として国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)とは?

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)

トークン名 Fantom(FTM/ファントム)
シンボル FTM
価格 ¥28
時価総額 ¥71,275,256,174
時価総額ランキング 69位
入手できる取引所 バイナンスBybit、KuCoinなど
公式サイト Fantom公式サイト

※ 2022年11月時点

Fantom(FTM/ファントム)は、イーサリアムの問題を解決することに取り組む仮想通貨ネットワークプロジェクトであり、2018年にローンチされた仮想通貨(トークン)です。

ちなみにFantom(FTM/ファントム)は2020年6月に上場し、海外取引所のバイナンスBybit、KuCoinなどで取り扱っています。

2022年11月時点ではコインチェクやbitFlyerなど国内の取引所では取り扱っていません。

クリプトぱぱ
それでは、特徴を次章で詳しく解説していきます。

 

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)の特徴

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)

Fantom(FTM/ファントム)の特徴は以下のとおり。

  1. イーサリアムの代替になることを目指している
  2. EVM互換性がある
  3. 取引承認にLachesi(ラチェシス)を使用している
  4. ネイティブトークンのFTMを提供
  5. ステーキングできる
  6. 複数の取引所へ新規上場が増えている

では、順にみていきましょう。

 

①イーサリアムの代替になることを目指している

Fantom(FTM/ファントム)は、イーサリアムの代替手段を提供するために構築されたブロックチェーンネットワークの1つです。

このことにより、Fantom(FTM/ファントム)はイーサリアムキラーと呼ばれています。

記事執筆時点でNFTやDeFiの分野において、イーサリアムが最も有名であり多く使用されています。

しかしイーサリアムのスケーラビリティ問題は顕著であり、問題はなかなか解決できていません。

Fantom(FTM/ファントム)のネットワークシステムでは、スケーラビリティ・セキュリティ・分散化において、安定したバランスを提供することで問題解決を目指しています。

 

②EVM互換性がある

EVMとは、イーサリアム上でスマートコントラクトなどのコードを実行するために開発されたもので、Solidityなどのプログラミング言語で記述されたコードが実行されます。

簡略化すると、EVMとは「イーサリアムにあるプログラムを動かしているプログラム」のこと。

EVMとの互換性(相互のやりとりができる)があるということは、イーサリアム上のアプリやライブラリを利用でき、利便性が遥かに向上するということになります。

Fantom(FTM/ファントム)はEVM互換性があるので、イーサリアムのEVMで稼働していたUniSwapのコントラクトコードのライブラリや開発ツールを利用することができます。

 

③取引承認にLachesi(ラチェシス)を使用している

Fantom(FTM/ファントム)は、コンセンサスアルゴリズムとしてLachesi(ラチェシス )を使用しています。

コンセンサスアルゴリズムとは、取引の承認に必要な合意形成の方法(アルゴリズム)のことを指す。

Lachesiは、従来のPos(プルーフオブステーク)による承認よりも遥かに高速な取引処理を行うことができ、それと同時に非常に多くのトランザクションを処理でき、スケーラビリティが非常に高い点が特徴です。

さらにLachesiは、Chainlink(チェーンリンク)やRavitonといったプロジェクトと連携しており、安全で拡張性に優れたネットワーク基盤を構成しています。

また、Fantom(FTM/ファントム)の承認方法にはPow(プルーフオブワーク)が使用されています。

 

④ネイティブトークンのFTMを提供

FTMはFantomプロジェクトのネイティブトークンであり、FTMコインの総供給量は31億7,500万枚です。

2022年時点で25億枚が既に市場に流通しており、あとの残りはファントムステーキング報酬として配布されます。

FTMは、ネットワークにおいて支払い、ステーキング、トランザクション手数料に使用されます。

 

⑤ステーキングできる

Fantom(FTM/ファントム)は、ステーキングすることができます。

ステーキングとは、仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、その対価として報酬がもらえる仕組みのこと。

多くの仮想通貨は、取引による売買差益(キャピタルゲイン)が主流でしたが、ステーキングに対応しているFantom(FTM/ファントム)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができます。

ユーザーはFTMを自由に預けることが可能であり、約4%の年利でステーキング報酬を得られます。

また、FTMを2週間から1年までの所定の期間ロックすることで、最大12%の年利という高い報酬率を確保できます。

 

⑥複数の取引所へ新規上場が増えている

Fantom(FTM/ファントム)は、海外取引所のバイナンス、KuCoin、Bybitなどの大手海外取引所へ上場しています。

複数の取引所に上場しているため、たくさんの投資家によって日々取引されています。

 

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)の買い方・始め方

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)の買い方を解説します。

Fantom(FTM/ファントム)を購入する場合、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金してから、FTMに交換するという手順になります。

国内取引所ではFTMを買うことが出来ないからです。

手順をまとめると、以下です。

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. バイナンスに登録する
  3. バイナンスにビットコインを送金する
  4. ビットコインでFantom(FTM/ファントム)を購入する

ややこしく感じるかもですが、やってみると意外と簡単ですよ。

では、順に解説していきます。

 

①コインチェックで仮想通貨を購入

Fantom(FTM/ファントム)を購入するための事前準備として、国内仮想通貨取引所の口座と、ビットコインなどの仮想通貨が必要です。

国内取引所であれば、現在17種類の仮想通貨が購入できる国内最大手のコインチェックが使いやすいので口座の準備をしておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨投資家からの人気も高く、メインでコインチェックを愛用している人が1番多いというアンケート結果も出ています。

引用元:PR TIMES

 

300人の仮想通貨投資家が最も愛用している国内仮想通貨取引所

1位 Coincheck(コインチェック):90票(30.0%)
2位 bitFlyer(ビットフライヤー):61票(20.3%)
3位 GMOコイン:43票(14.3%)
4位 楽天ウォレット:40票(13.3%)
5位 DMM Bitcoin:25票(8.3%)

 

取引所を選ぶときに迷ったときや、失敗したくないという場合は、コインチェックを選んでおけば間違いないという感じです。

» 無料でコインチェックの口座を開設する【簡単5分】

 

コインチェックの口座開設方法の記事では、コインチェックの口座開設方法からビットコインを買う手順まで丁寧に解説しているので、よかったら参考にしてしてみてください。

【簡単】コインチェックの口座開設方法と手順・入金・買い方を画像付きで分かり易く解説

続きを見る

 

②バイナンスに登録する

続いてバイナンスに登録します。

Fantom(FTM/ファントム)を取り扱っている海外取引所は先述しましたが、おすすめはバイナンスです。

なぜ2つの取引所に登録するの?

先述しましたが、仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)は国内取引所で取り扱っていません。つまりコインチェックでは買えません。

バイナンスでFantom(FTM/ファントム)は手に入るので、コインチェックで買ったビットコインをバイナンスへ送り、送ったビットコインでFTMに交換するため、2つの取引所で口座開設しておく必要があります。

 

バイナンスは、2017年に設立され、ユーザー数・月間取引高で世界有数の規模を誇る仮想通貨取引所なので、安心してお使いになれます。

バイナンスの特徴は、以下です。

  • 世界最大手の取引所
  • 口座開設がかんたん
  • 取り扱い通貨が豊富
  • 取引手数量が安い

 

バイナンスの口座開設がこれからという方は、バイナンスで口座開設する方法にて詳しく画像つきで解説しているので、参考にしてみてください。

日本人が使う海外取引所ランキングの1位をBybitと争うくらい人気であり、Fantom(FTM/ファントム)も取り扱っています。

\ 無料で登録する✨/

バイナンスに登録する

 

③バイナンスにビットコインを送金する

バイナンスで口座開設したら、コインチェックで入手したビットコインを、バイナンスの画面上のウォレットにて選択します。

バイナンスの画面にてビットコインの入金ボタン(Deposit)をクリックし、表示された入金アドレス(Deposit address)をコピーしましょう。

 

続いて、コピーした入金アドレスをコインチェックの送金画面に貼り付けて下さい。

コインチェックの画面上で、バイナンスのアカウントにビットコインを選び、送金先アドレスに先程の入金アドレスを貼り付けます。

その際、コインチェックの画面では「送金」、バイナンスの画面では「入金(Deposit)」となっていることを確認して下さい。

貼り付けしたら、送金したい通貨の数量、送金に使用するネットワークを選び、送金を実行しましょう。

その後、送金完了の画面表示が出た事を確認し、バイナンスへの着金を待ちましょう。

  1. バイナンスの画面にてビットコインのDepositクリック→入金アドレスコピー
  2. コインチェックの送金画面から「ビットコインを送る」を選択
  3. 送金先リストにコピーしたビットコインアドレスをペースト
  4. 送金したい金額を入力
  5. 「送金する」をクリック

 

④仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)を購入する

送金が完了したら、Fantom(FTM/ファントム)が購入できます。

まずは国内取引所の口座開設が必須となるので、コインチェックで無料で開設しておきましょう。

Fantom(FTM/ファントム)の価格が上がったときに利確して、日本円にする場合も国内取引所が必要です。

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)のチャート・価格推移

ここではFantom(FTM/ファントム)のチャート・価格推移をみていきます。

  • 2018年〜2020年
  • 2021年
  • 2022年

ではみていきます。

 

①2018年〜2020年

2018年にローンチされた頃の仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)は、約2円でスタートしました。

その後、2019年にかけて徐々に上昇し、一時3.5円を超えるまで上昇しました。2020年には6円近くを推移しました。しかしその後は徐々に下降傾向となり、2020年末には2円を下回りました。

 

②2021年

2020年は約1.7円でスタートし、このあたりから徐々に価格は上昇傾向に。

9月に160円を超え、10月には最高価格の358円台を記録しました。

 

③2022年

2022年は約264円でスタートし、1月に一時340円まで高騰しましたが、その後は徐々に価格を下げていきました。

さらに、2022年5月にはUSTのディペッグ騒動をきっかけに仮想通貨市場全体が大きく下落し、Fantom(FTM/ファントム)も影響を受けて大きく下落してしまいました。

2022年11月現在では、28円前後を推移しています。

このように価格の変動は激しいものの、時価総額ランキング124位のFantom(FTM/ファントム)は、投資家からの人気が高い通貨です。

2022年11月時点では「いまは仮想通貨の冬の時代」と言われていますが、ここを抜けて春が訪れたとき、仮想通貨FTMの値上がりが期待できます。

 

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)の将来性・今後の見通し

続いて、Fantom(FTM/ファントム)の将来性についてみてみましょう。

  1. イーサリアムキラーコインの需要の高まり
  2. Go-Operaを実装している
  3. 国内取引所への新規上場に期待

順に解説していきます。

 

①イーサリアムキラーコインの需要の高まり

イーサリアムキラーコインとしての需要の高まりが、今後のFantom(FTM)の価格にも好影響を与える可能性があります。

昨今ではNFTやDefiの人気向上に伴い、イーサリアムの需要が高まっていますが、スケーラビリティ問題に加えて高額なガス代問題が懸念されています。

そのため、イーサリアムの代替になりうるFTMのようなイーサリアムキラーが、これからイーサリアムの代替としての需要が高くなってきています。

 

②Go-Operaを実装している

Fantom(FTM/ファントム)が2021年4月から行なっているアップデート「Go-Opera(ゴーオペラ)」も今後の価格の動向に影響を与える大きなポイントです。

Go-Opera(ゴーオペラ)によって、取引承認の速度やセキュリティー面が大幅に改善されました。

アップデートの内容としては、以下のとおり。

  • 取引の承認にかかる時間を1秒以内に改善
  • P2P(ピア・トゥ・ピア )の同期スピードが約3倍に改善

このように、Go-Operaによってこれまでよりも高速な取引が行えるようになったため、より信頼できるネットワークへ進化しています。

取引が高速化することで、Fantom(FTM/ファントム)が提供しているDeFiなどのサービスのユーザーが増加することが予想できます。

 

③国内取引所への新規上場に期待

今後Fantom(FTM/ファントム)を取引できる取引所がさらに増えていけば、知名度アップとともに価格の高騰が期待できます。

すでに世界最大級の取引所バイナンスなどに上場しておりますが、2022年11月時点では国内取引所へは上場されていません。

国内最大手のコインチェックやbitFlyerなどに上場が決まれば、一気に保有者が増える可能性があります。

海外取引所で購入するのは暗号資産初心者にはハードルが高いため、購入しやすい国内取引所へ新規上場するとユーザーにとって利便性が向上するからです。

 

仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)に関するよくある質問

最後にFantom(FTM/ファントム)について、よくある質問に回答します。

  1. Fantom(FTM/ファントム)のステーキング方法は?ステーキングできる?
  2. Fantom(FTM/ファントム)の現在価格は日本円でいくら?
  3. Fantom(FTM/ファントム)は国内の取引所で購入できる?
  4. Fantom(FTM/ファントム)の創設者は誰?
  5. Fantom(FTM/ファントム)の発行上限枚数は決まっているの?

順に回答していきます。

 

①Fantom(FTM/ファントム)のステーキング方法は?ステーキングできる?

Fantom(FTM/ファントム)は、ステーキングすることができます。

Fantom(FTM/ファントム)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができるんです。

Fantom(FTM/ファントム)のステーキングのやり方は以下です。

  1. 購入したFTMをバイナンスへ送金する
  2. 送金したFTMをBinanceでロックステーキングする
  3. ステークしたFTMの数に応じて報酬が増える

 

②Fantom(FTM/ファントム)の現在価格は日本円でいくら?

記事執筆時点の11月では、約28円です。

ちなみにローンチされてから2022年11月までの最高価格は2021年10月に記録した358円台でした。

Fantom(FTM/ファントム)が高騰する前に何枚か買っておき、長期保有するのも1つの手かもしれません。

 

③Fantom(FTM/ファントム)は国内の取引所で購入できる?

いいえ、仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)は、現状では国内取引所で取り扱っていません。

今後の国内取引所への新規上場が期待されていますが、日本国内は仮想通貨に関する規制が厳しいというのも手伝い、上場する予定はいまのところありません。

 

④Fantom(FTM/ファントム)の創業者は誰?

Fantom(FTM/ファントム)の創業者アンドレ・クロニエ氏

Fantom(FTM)の創設者は、イーサリアムのDeFiでの運用を自動化するアグリゲーターYearn Finance(YFI)で有名な開発者アンドレ・クロニエ氏です。

 

⑤Fantom(FTM/ファントム)の発行上限枚数は決まっているの?

はい、決まっています。

Fantom(FTM/ファントム)の発行上限枚数は3,175,000,000枚です。

仮想通貨の発行枚数における上限が決められているのは、仮想通貨の希少性を担保して、価値の下落を防ぐためです。

ちなみに日本円などの法定通貨は、経済状況などによって中央銀行が発行枚数を調整することができるため、発行枚数の上限は特に決められていません。

 

暗号資産Fantom(FTM/ファントム)とは?特徴や買い方、将来性についてのまとめ

今回は、仮想通貨Fantom(FTM/ファントム)の特徴、買い方から価格推移、将来性について解説しました。

 

Fantom(FTM/ファントム)は2022年11月現在で約28円、時価総額ランキング69位です。

まだ2018年に上場したばかりなので、歴史は浅いにも関わらず、時価総額は760億円を超えており大きな可能性を秘めている仮想通貨です。

そのため、投資家からFantom(FTM/ファントム)への確かな需要があります。

今のうちからトークンのFantom(FTM/ファントム)を保有しておけば、値上がり時の利益が期待できます。

なお、Fantom(FTM/ファントム)は国内取引所で取り扱っておらず、バイナンスで購入できます。

バイナンスで購入するには、まず仮想通貨を国内取引所で購入し、その通貨をバイナンスに送金してからFantom(FTM/ファントム)に交換する必要があります。

なので、FTMを買いたい場合は事前準備として国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

コインチェック    bitflyer

当サイトで表記している「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指しています。

error:

© 2023 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5