NFT

GetKicks(ゲットキックス)とは?始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説!

GetKicks(ゲットキックス)とは?始め方や稼ぎ方、将来性を徹底解説!

悩む人
GetKicks(ゲットキックス)というゲームが話題になっているみたいなんだけど、どういうゲームなの?
GetKicksの特徴や始め方(やり方)、稼ぎ方も教えてほしい...

 

本記事の内容

  • GetKicks(ゲットキックス)の概要
  • GetKicks(ゲットキックス)の特徴
  • GetKicks(ゲットキックス)の始め方
  • GetKicks(ゲットキックス)の稼ぎ方・遊び方
  • GetKicks(ゲットキックス)の将来性・ロードマップ
  • GetKicks(ゲットキックス)に関するよくある質問

 

ここ最近、プレイすることで仮想通貨が稼げるMove to Earnゲームが人気です。その中でも最近、注目を集めていて人気なのが「GetKicks(ゲットキックス)」です。

 

今回は、Move to Earn(ムーブ トゥ アーン)ゲームで仮想通貨(トークン)を獲得して稼ぎつつ生活している筆者が、GetKicksの特徴や始め方、稼ぎ方を中心に、ていねいに解説していきます。

今回の記事を読むことで、GetKicksの始め方と稼ぎ方がわかるようになります✨

 

ぜひゲームで遊びつつ、トークンを稼ぐ体験をしてみてください。

 

GetKicksを始めるためには、仮想通貨が必要なので、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

GetKicksを始める事前準備として、アプリダウンロード数NO.1、少額の500円から通貨を購入できる国内最大手の取引所、コインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

コインチェックでは、口座開設した人 全員に1,500円のビットコインが貰えるキャンペーンを9月までやってます!(予算がなくなり次第、終了)

» いまならコインチェックで口座開設すると、1,500円分のビットコインが貰えるキャンペーン中🎁【早いもの勝ち】 

口座開設してから72時間以内に1円でも入金すれば、1,500円分のビットコインがもらえます。

入金しないともらえないので、忘れないよう、先に済ませておくと安心ですね。

コインチェック

 

目次(タップすると飛べます)

GetKicks(ゲットキックス)とは?概要を解説

GetKicks(ゲットキックス)とは?概要を解説

引用元:GetKicks公式サイト

ゲーム名 GetKicks(ゲットキックス)
対応言語 英語
対応デバイス iOS、Android
トークン KICK、LACE
ブロックチェーン(ネットワーク) BSC
公式サイト GetKicks公式サイト

 

GetKicksは、歩いたり走ったりと運動してLACEというトークンがもらえるMove To Earnゲームです。

 

ゲーム内で獲得したLACEは、スニーカーの購入やリペア、そして新たなスニーカーをミントするための費用に使用することが可能です。

Ge Kicksは、スマホを持つすべての人に、収益を獲得する機会を作り、誰でも利用することができます。

Get Kicksは、ユーザーをWeb3の時代に導き、適切な運動習慣を身につけ、健康的で建設的なライフスタイルを手に入れることを目的としています。

Get Kicksでは、クラブモードを使って一緒に活動することも、ソロモードを使って一人で活動することも可能です。

また、Get Kicksではマラソントーナメントを開催し、リーダーボードで上位に入り、トークン、キック、キックボックス、アクセサリーなどの豪華な賞品を獲得することができます。

 

GetKicks(ゲットキックス)の特徴

GetKicksの特徴は以下のとおり。

  • ブロックチェーンはBSC(バイナンススマートチェーン)
  • 運動することでトークンがもらえる
  • トークンはKICKとLACE
  • NFTの売買が可能

 

では、順にみていきましょう。

 

ブロックチェーンはBSC(バイナンススマートチェーン)

GetKicksは、BSC(バイナンススマートチェーン)を使い、開発されました。

 

BSCは、取引速度は速く、かつ安価なガス代でNFTの取引が出来るので、ユーザーにとって嬉しいポイントと言えます。

 

有名で大手のDEX、パンケーキスワップもBSC上で構築されています。

また、その他おおくのMove to EarnゲームがBSCを利用して開発されています。

» パンケーキスワップとは?始め方や使い方を徹底解説

 

運動することでトークンがもらえる

GetKicksでは、STEPNやSweatcoin、WalkenなどのMove To Earnゲームと同じように、運動することでトークンがもらえます。

 

STEPNやSweatcoin、Walkenの詳細は下記からご覧になってみてください。

 

トークンはKICKとLACE

GetKicksは、ゲーム内トークンにKICKとLACEという仮想通貨を採用しています。

 

  • KICK
  • LACE

 

KICK

KICKはガバナンストークンです。

保有者はKICKを使用して、LACEの収益を増幅するブーストでき、キックボックスを開く際に、より希少価値の高いスニーカーNFTを獲得できます。

また、保有者はKICKを賭けることができ、ここで得た報酬の使用用途には、NFTへの割り当て、Kickbox、LACEが含まれます。

KICKはGetkicksのマーケットプレイスで使用される専用通貨です。

Getkicksはコミュニティが所有するプロジェクトです! KICKの保有者とステイカーは、Getkicksエコシステムの方向性を決定するガバナンスの提案に投票することができます。

KICKはトークン生成イベントにて鋳造され、最大供給量は5.000.000.000ドルです。

KICKの総供給量の20%はプレセールで配布されます。

これは、Getkicksのエコシステムに、投資家とコミュニティに充実したバックボーンを提供するためです。

 

LACE

LACEはゲーム内トークンです。

Getkicksアプリを使用しながら、ウォーキング、ジョギング、ランニングをすることでLACEを獲得することができます。

獲得したLACEは、NFTスニーカーのリペアやNFTスニーカー用アクセサリーの購入に使用できます。

また、LACEをためることで経験値がアップし、レベルアップのスピードが上がります。

LACEはToken Generation Event(TGE)で鋳造され、最大供給量は500.000.000.000ドルです。

供給量の30%は報酬プールに鋳造され、残りはLACE流動性プール、マーケットメイキング、およびトレジャリーに確保されます。

 

NFTの売買が可能

Getkicksのマーケットプレイスにて、NFTの売買ができます。

 

スニーカーやアイテムはNFT化されています。

なので、ユーザー同士でNFTを自由に売買することができます。

 

レベルの高いスニーカーやレアリティの高いアイテムは高値で取引されているため、手持ちのスニーカーを売却して利益を得ることができます。

 

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

引用元:GetKicks公式サイト

ここではGetKicksのゲーム内容をみていきます。

 

  • ゲームモード
  • Kicks
  • アクセサリー
  • KickBox
  • バッジ
  • マーケットプレイス
  • キャップ&アーリーング
  • スタミナシステム
  • 税金と手数料
  • チート対策

 

ゲームモード

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

引用元:GetKicks公式サイト

GetKicksでは、複数のゲームモードが用意されています。

 

  • ソロモード
  • クラブモード
  • トーナメント
  • PvP (プレイヤー vs プレイヤー)
  • バックグラウンドモード

 

順に解説していきます。

 

ソロモード

ソロモードは、GetKicksアプリのメインモードです。

プレイヤーは自分で歩いたり、ジョギングしたり、走ったりして、LACEを獲得することができます。

ソロモードで獲得できるLACEは、キックの属性やアクセサリー、キックの汚れ具合、キックの種類、移動速度などの要素に左右されます。

ソロモードでは、LACE(またはKICK)を獲得する以外に、プレイヤーはランダムなKickBoxを見つけることができ、このKickBoxはランダムで出現し、さまざまなレアリティのシューズが入っていることがあります。

このモードはFree-2-Earnモードとも呼ばれ、Kick NFTを所有していなくてもアプリにアクセスできる人であれば誰でもプレイできる唯一のモード。

NFTを持たずにソロモードをプレイした場合、すべてのプレイヤーが持っている標準のキックで、キックボックスを見つけることはできません。

ただし、プレイ中はLACEを獲得することができます。

 

クラブモード

クラブモードでは、ウォーキングやジョギング、ランニングを友だちと一緒に楽しむことができます。

クラブモードでは、キックボックスのドロップ率が人数分高くなり、これは各セッションで獲得できるLACEの量も同様です。

クラブモードに参加するプレイヤーの人数が増えるごとに倍率が上がり、キックボックスのドロップ率やLACEの生産量が増加します。

これは、クラブモードセッションに参加するすべての人が対象です。

クラブモードでは、プレイヤーは2人、4人、6人、あるいはそれ以上の人数で走ることができ、招待リンクを送るだけで、参加することができます。

 

トーナメント

ウィークリーおよびマンスリーのトーナメントに参加するには、プレイヤーは少なくとも24時間前にトーナメント・タップに登録する必要があります。

トーナメントに参加するには、少額の登録料が必要ですが、トーナメントに成功すると払い戻されます。

トーナメントには2種類あり、1つはウィークリートーナメントで、もう1つはマンスリートーナメントです。

  • ウィークリートーナメント
  • マンスリートーナメント

ウィークリートーナメントは、その言葉通り、1週間にわたって開催され、プレイヤーは一度に1つのウィークリートーナメントに参加することができます。

ウィークリートーナメントでは、プレイヤーは以下の距離から選択することができます。2.5km、5km、7.5kmの3種類です。

距離の選択は、Get Kicksのプレイヤーの好みに応じて変更されることがあります。

ウィークリートーナメントに加え、GetKicksはマンスリートーナメントも開催いたします。

ウィークリートーナメントと同様に、プレイヤーは一度に1つのマンスリートーナメントに参加することができます。マンスリートーナメントでは、プレイヤーは以下の距離から選択することができます。5km、10km、15kmの3種類です。

これらの距離は、Get Kicksのプレイヤーの好みに基づいて調整される場合があります。

プレイヤーがウィークリーまたはマンスリーのトーナメントに登録すると、ミッションログのアラートが届きます。

この場合、各プレイヤーは、その時点でどのトーナメントに登録されているかを正確に把握することができ、目標設定機能を使えば、プレイヤーは各トーナメントの進捗状況を自分で確認することができます。

トーナメント終了後、無事終了したプレイヤーには、参加費が返却されます。トーナメントに参加できなかったプレイヤーは、参加費を失い、その分トーナメントの参加費に加算されます。

各トーナメントは、最終的に勝者を決定する独自のリーダーボードを持っています。

リーダーボードは、プレイヤーの走るスピードと、トーナメントで選択したキックの属性に基づいて計算されたポイントで構成されています。

各トーナメントの勝者数および基本価格は、トーナメント開始前にあらかじめ決定されますが、他のプレイヤーが時間内にトーナメントを成功させられなかった場合、最終的な価格プールは増加する可能性があります。

 

PvP (プレイヤー vs プレイヤー)

PvPとは、LACEを賭けてプレイヤー同士がレースを行うことです。

NFTを所持しているプレイヤーは、他のプレイヤーにレースを申し込むことができ、プレイヤーは、自分のフレンドに挑戦することも、「ランダムな対戦相手を探す」オプションでランダムに対戦相手を見つけることもできます。

対戦相手が決まったら、時間や距離を設定します。

相手プレイヤーは、設定されたパラメータに同意する必要があり、その後、LACEトークンの賭けが行われます。

合意すると、両プレイヤーはLACEトークンを賭けることができ、最も低い賭け金が賭け金のベースとして使用され、ランが終了すると、最も早いプレーヤーが大金を手にします。

両プレイヤーはKICKを使ったレバレッジに合意することができます。

 

バックグラウンドモード

GetKicksアプリがアクティブに使用されていなくても、プレイヤーがアプリ内でNFTを保有している限り、LACEを獲得することができます。

バックグラウンドモードでは、モバイルデバイスのHealthアプリから直接すべての歩数をトラッキングし、1日の上限は2,500歩となります。

これらの収益は固定で(パフォーマンスや他のインセンティブの影響を受けません)、1日のLACE制限にカウントされず、バックグラウンド・モードでもスタミナを消費しません。

これにより、プレイヤーはアプリの使用時以外でもアクティブな状態を維持することで報酬を得ることができます。

 

Kicks

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

引用元:GetKicks公式サイト

キックスとは、GetKicksのスニーカーのことです。

 

キックには固有の属性があり、LACE/KICKの出力、キックやアクセサリーのアップグレード成功率、キックの耐久性(清潔さ)、ソロやクラブモードでのキックボックスの出現率に影響します。

 

スニーカーの種類は以下のとおり。

  • Drip :ソロモードとクラブモードで使用するスタミナ1つあたりのLACEとKICKの獲得量に影響
  • Comfort :数値が大きいと、キックとアクセサリーのアップグレードに必要な価格と時間の両方を削減する
  • Protect:数値が大きいほどに耐久性が向上
  • Luck:数値によってソロモードとクラブモードでプレイしているプレイヤーが手に入れることのできるKicksBoxのレアリティと頻度に影響

 

Kicksの種類

Kicksには主に4つの種類があり、それぞれ特定の運動強度やフィットネスレベルに合うように設計されています。

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

引用元:GetKicks公式サイト

基本的にはLACEリターンは一定ではなく、以下によって変化することがあります。

  • キックの汚れ
  • GPSの電波状況
  • モバイルデータ信号の強度と安定性
  • ランダム化

 

Kicksのレアリティ

キックのレアリティは以下の5種類があります。

キックのミント時、各属性の値は、キックのレアリティに応じた最小値と最大値の範囲内でランダムに選択されます。

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

引用元:GetKicks公式サイト

 

キックのレベル

LACEはキックの強化に使用することができます。

各レベルアップには一定の時間がかかり、その時間は各レベルで必要なLACEの量に応じて長くなっていきます。

さらに多くのLACEを使用することで、レベルアップを早める事が可能です。

キックはレベルアップすると、キックのレアリティに応じた属性ポイントが追加で付与されます。

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

引用元:GetKicks公式サイト

また、特定のレベルに到達すると、追加特典がアンロックされます。

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

引用元:GetKicks公式サイト

最大レベル30になると、LACEかKICKのどちらかを獲得する必要があります。

LACE/KICKの切り替えは可能ですが、クールダウンの時間が発生します。

 

アクセサリー

キックのレベルが一定以上になると、レベル5、10、15、20でアクセサリースロットが開放されます。

各スロットには、キックの4つの属性のうち1つを強化するためのアクセサリーを1つずつ入れることができます。

  • ブランドタグ:ドリップ属性がアップ
  • パフォーマンスインソール:快適性がアップ
  • プロテクションスプレー:プロテクト属性がアップ
  • メタルアグレット:幸運属性がアップ

 

各アクセサリーは、レベル1の状態からランダムで属性が強化されます。

プレイヤーはアクセサリーをレベル9までアップグレードすることができますが、アップグレードに失敗してライフがなくなった場合、その間にアクセサリーが壊れてしまうこともあります。

 

アップグレードの成功率とライフの数は、そのアクセサリーのレアリティによって決まります。その概要は以下の通りです。

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

引用元:GetKicks公式サイト

 

KickBox

KickBoxは、マーケットプレイスで購入するか、KickBoxを開封して入手することができます。

これらのボックスは、ソロモードやクラブモードでプレイしているときにランダムに見つかるか、マーケットプレイスで購入するか、自分のキックを2つ使ってミントすることができます。

KickBoxには最低でも1つのKickが入っており、場合によってはアクセサリーが出現することもあります。

 

ミント

KickBoxをミントするためには、プレイヤーはすでに持っている2つのキックをミントのために使用する必要があります。

KickBoxのレアリティはミントに使用するKickのレアリティによって決定されます。

1回のキックで合計3回までしかミントはできません。

ミント後、キックは72時間のクールダウンがあり、その間はミントできませんが、ソロモードなど他のことには使用できます。

ミントの結果は、ミントに使用されるキックの種類とレアリティに影響されます。

ミントに使用されるキックはキックボックスのレアリティを決定し、キックボックスから受け取られるキックのレアリティも部分的に決定されます。

 

バッジ

プレイヤーは、さまざまな課題をクリアすることで、「バッジ」を獲得することができます。

バッジのレア度は、タスクの難易度によって異なります。

バッジを獲得するためのタスクは、プレイヤーには知らされず、タスクを完了することでバッジを受け取ることができます。

タスクの一例:キックを5回レンタルする

ソロモードやクラブモードではスタミナのボーナス、KicksBoxsでは鋳造コストの削減、マーケットプレイスでは取引手数料の削減など、バッジを取得することでゲーム内の特典を得ることができます。

さらに、バッジはアプリ内のプロフィールに自分の功績を表示し、他の人に見てもらうことができるクールな方法でもあります。

バッジにはいくつかの種類があり、それぞれに特典があります。

バッジの例は以下のとおりです。

  • Grail Hunter:Kicksboxesのミント手数料を削減
  • OG:より高いレアリティのKicksboxを入手する確率が上がる
  • The Plug:マーケットプレイスでの取引手数料を削減
  • Sprinter:スタミナ回復速度が向上

 

また、今後さらに多くのバッジがアプリに導入される予定です。

 

マーケットプレイス

GetKicksアプリ内のマーケットプレイスで、プレイヤーはKick、KickBox、アクセサリーを売買することができるようになります。

 

購入と販売

マーケットプレイスでの購入には、KICKトークンが必要です。

トークンは、取引所やDEX、アプリ内で直接購入することができます。

 

リースとレンタル

アプリ内のマーケットプレイスにて、レンタルやリースの機能を利用することもできます。

プレイヤーはレンタルを申し込むことができ、リーサーとペアになった後、リーサーのレンタル条件に完全に同意しなければ、レンタルは承認されません。

レンタル契約は24時間有効で、契約終了後は自動的にオーナーに返却されます。

借主のストリート担当者(下記参照)に基づき、レンタル契約は最大7日間継続することができます。レンタル契約の条件に従わない場合、レンタル者のストリートリプが減少します。

賃借人がソロモードのセッションを完了すると、スマートコントラクトは、レンタル契約に従って収益を分配します。

賃借人と賃借人の収益は固定です。賃借人は、レンタル契約が成立するごとに、1ストリートレップが報酬として与えられます。

 

ストリートレップ

ストリートリプを向上させるために、賃借人はクイズに回答する必要があります。

このクイズに正解すると、レンタルキックを開始することができます。

このプロセスは、すべてのレンタル者がアプリの基礎知識をすべて理解していることを確認し、アプリを十分に活用できなかったり、誤った使い方をして、トレッドミルで走ったり、ランナーKickで歩いたりといったノーリターンになることを防止するものです。

 

キャップ&アーリーング

ソロモードとクラブモードには、1日のスタミナ上限と1日のトークン上限があります。

これらの制限は、プレイヤーが1日に持てる/獲得できるスタミナとLACE/KICKトークンの量を制限するものです。

各プレイヤーは5/5のスタミナでスタートし、最大で100/100のスタミナを持つことができます。

スタミナは、キック(NFT)を集めることで増やすことができます。

 

スタミナシステム

スタミナは6時間ごとに25%ずつ補充され、スタミナの上限に達します。

スタミナは、アカウント作成時に標準的なキックを1回、無料で使用することができます。

スタミナの上限は、キックの数を増やすことで増やせます。フリーキックはスタミナの計算には含まれません。

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

引用元:GetKicks公式サイト

 

また、レアリティの高いキックを所持していると、スタミナが加算されます。

  • B級キックを所持している:スタミナ+5
  • OGキックを所持している:スタミナ+10
  • ヒートキックを所持している:スタミナ+15
  • グレイルキック所持:スタミナ+20

 

税金と手数料

Get Kicksのエコシステム内では、取引、ミント、スニーカーレンタルなどの活動に対して、さまざまな種類の税率を導入しています。

これらの税金/手数料は、リワードプールを満たし、アプリケーションをさらに発展させるために使用されます。アプリ内の様々な税金/手数料の概要は以下のとおりです。

GetKicks(ゲットキックス)のゲーム内容

引用元:GetKicks公式サイト

マーケットプレイスのロイヤリティは、各NFTのクリエーターに支払われます。

 

チート対策

ゲーム内での不正行為を防止するため、以下の3つの不正行為防止策を導入しています。

なお、チート行為が発覚した場合、プレイヤーのアカウントは制限されるなどのペナルティーが課せられます。

  • リアルタイムGPSトラッキング
  • 健康記録データ&デバイスのセンサー
  • 機械学習(データが多ければ多いほど精度が上がる)

Get Kicksアプリを使用する場合、アプリを実行するデバイスは、ジェイルブレイク、ルート化、またはその他の種類のオペレーティングシステムの変更を行ってはなりません。

そうでない場合、アプリは正常に実行できず、ユーザーは制限を受ける変化がある可能性があります。

Get kicksアプリ内のその他の不正行為防止機能は以下の通りです。

キックがあるアカウントから別のアカウントに転送されると、クールダウン期間に入り、ユーザーはキックをアクティビティに使用したり、別のアカウントに送ったりすることができなくなります。

キックをインベントリからウォレットに移したためにスタミナを失った場合、そのユーザーのアカウントにある未開封のKickBoxはすべて焼却/パージされます。

マーケットプレイスにキックを出品してスタミナを失った場合でも、プレイヤーのKickBoxが焼却/消去されることはありません。

 

GetKicks(ゲットキックス)の始め方

GetKicks(ゲットキックス)の始め方

ここでは、GetKicksの始め方を解説していきます。

 

GetKicksの始め方は以下です。

  1. コインチェックで口座開設し、イーサリアム(ETH)を買う
  2. バイナンスで口座開設する
  3. バイナンスにイーサリアムを送金する
  4. バイナンスでイーサリアムをBNBに交換する
  5. アプリをインストールする
  6. NFTスニーカーを購入する

 

時間がかかりそう...という方は、さきに口座開設だけでも済ませておいて、あとでまとめてやるというのも手です!

» コインチェックで無料で口座開設する

» バイナンスで無料で口座開設する 

 

では、順に解説していきます。

 

STEP①:コインチェックで口座開設し、イーサリアムを買う

GetKicksを始めるための事前準備として、仮想通貨の口座と、仮想通貨が必要です。

 

ゲーム内でスニーカーやアイテムを買うときやガス代(手数料)を支払うときに、仮想通貨が必要になるからです。

 

国内取引所であれば、現在17種類の仮想通貨が購入できる国内最大手のコインチェックが使いやすいので口座の準備をしておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨投資家からの人気も高く、メインでコインチェックを愛用している人が1番多いというアンケート結果も出ています。

引用元:PR TIMES

 

300人の仮想通貨投資家が最も愛用している国内仮想通貨取引所

1位 Coicheck(コインチェック):90票(30.0%)
2位 bitFlyer(ビットフライヤー):61票(20.3%)
3位 GMOコイン:43票(14.3%)
4位 楽天ウォレット:40票(13.3%)
5位 DMM Bitcoin:25票(8.3%)

 

「取引所を選ぶときに迷ったときや、失敗したくない!」という場合は、コインチェックを選んでおけば間違いないという感じです✨

» 無料でコインチェックの口座を開設する【簡単5分】

 

コインチェックの口座開設方法の記事では、コインチェックの口座開設方法からイーサリアムを買う手順まで丁寧に解説しているので、よかったら参考にしてしてみてください。

 

STEP②:バイナンスで口座開設する

次に、大手海外取引所のバイナンスで口座開設します。

なぜ2つの取引所に登録するの?

先ほどコインチェックでも口座開設しましたが、ゲームでつかうBNBは国内取引所では記事執筆時点では手にはいりません。

バイナンスでBNBは手に入るので、のちにコインチェックで買ったイーサリアムをバイナンスへ送り、BNBに交換するため、2つの取引所で口座開設しておく必要があります。

 

バイナンスは、2017年に設立され、ユーザー数・月間取引高で世界有数の規模を誇る仮想通貨取引所です。

バイナンスの特徴は、以下です。

バイナンスの特徴

  • 世界最大手の取引所
  • 口座開設がかんたん
  • 取り扱い通貨が豊富
  • 取引手数量が安い

 

バイナンスの口座開設がこれからという方は、バイナンスで口座開設する方法にて詳しく画像つきで解説しているので、参考にしてみてください。

 

STEP③:バイナンスにイーサリアムを送金する

次に、コインチェックからバイナンスへイーサリアムを送ります。

 

ほかの通貨でもOK

今回はイーサリアムを送る方法を紹介してますが、ビットコインやリップルなど、保有している通貨を送ってもOKです。

他の通貨でもあとでBNBに交換できるからです。

 

ココに注意

はじめて仮想通貨を送金する場合、まず少額から送金テストしましょう。

送金ミスをすると、仮想通貨を失ってしまうからです。

送金テストして、問題なく正しく送金できたら、のこりの仮想通貨を送金するようにすると、安心です。

 

送金方法については、コインチェックからバイナンスへ仮想通貨を送金する手順で詳しく解説しているので、よかったら参考にしてしてみてください。

 

STEP④:バイナンスでイーサリアムをBNBに交換する

バイナンスにイーサリアムが届いたら、ゲーム内で買いたいぶんの金額のイーサリアムをBNBに交換します。

 

BNBはバイナンスの独自通貨です。

BSCネットワーク上で手数料の支払いは、このBNBで行うことになるため、ゲームを利用するときに、BNBが必須です。

 

バイナンスで仮想通貨をほかの通貨へ交換する方法では、交換のやり方を詳しく解説しているので参考にしてみてください。

記事内ではUSDCをXRPに交換する方法を紹介していますが、イーサリアムをBNBに交換する方法に置き換えて作業するとOKです。

 

STEP⑤:アプリをインストールする

続いて、GetKicksのアプリをインストールし、ウォレットを設定します。

GetKicks(ゲットキックス)の始め方

 

ウォレットが設定できたら、バイナンスからBNBを送金しておきましょう。

 

STEP⑥:NFTスニーカーを買う

ウォレットへBNBを送金したら、マーケットプレイスにて、自分に合ったNFTスニーカーを購入しましょう。

 

スニーカーを購入したら、歩いたり走ったりして、トークンを獲得することができます。

 

GetKicks(ゲットキックス)の稼ぎ方・遊び方

GetKicks(ゲットキックス)の稼ぎ方・遊び方

引用元:GetKicks公式サイト

GetKicksの稼ぎ方は以下のとおりです。

  • 運動(歩く or 走る)して稼ぐ
  • NFTの売買で稼ぐ
  • スニーカーをミントして稼ぐ
  • レンタルして稼ぐ
  • ステーキングで稼ぐ

 

順にみていきます。

 

運動(歩く or 走る)して稼ぐ

この運動して稼ぐというのが、GetKicksでの基本の稼ぎ方です。

 

購入したNFTスニーカーを装着して運動することで、仮想通貨LACEを稼ぐことができます。

LACEは、のちに換金することが可能です。

 

NFTの売買で稼ぐ

GetKicks(ゲットキックス)の稼ぎ方・遊び方

引用元:GetKicks公式サイト

GetKicksでは、NFTの売買で稼ぐことができます。

 

マーケットプレイスにて、ユーザー同士で保有しているスニーカーを売買することができ、レベルやレアリティによって価格が異なります。

 

ゲームに飽きたら売却してもいいし、もし保有するNFTの価値が上がったタイミングで売った場合、大きな売却益を得ることも可能です。

 

レアなNFTを持っていたら、NFTの売買だけで稼げる可能性がありますね!

 

スニーカーをミントして稼ぐ

GetKicksで所有しているスニーカー2足をミントすることにより、新しく1足の靴を生むことができます。

生まれた靴をマーケットで売ることで、ミント費用を差し引いた金額分を儲ける(売買差益)ことが可能です。

 

レンタルして稼ぐ

GetKicksではレンタルして稼ぐことができます。

レンタルシステムによって指定された期間、NFTの所有権を持つことになります。

なので、NFTスニーカーを購入しなくても、このレンタルシステムによってLACE稼ぐことができます。

プレイヤーはレンタルを申し込むことができ、リーサーとペアになった後、リーサーのレンタル条件に完全に同意しなければ、レンタルは承認されません。

レンタル契約は24時間有効で、契約終了後は自動的にオーナーに返却されます。

借主のストリート担当者(下記参照)に基づき、レンタル契約は最大7日間継続することができます。レンタル契約の条件に従わない場合、レンタル者のストリートリプが減少します。

賃借人がソロモードのセッションを完了すると、スマートコントラクトは、レンタル契約に従って収益を分配します。

賃借人と賃借人の収益は固定です。賃借人は、レンタル契約が成立するごとに、1ストリートレップが報酬として与えられます。

 

ステーキングで稼ぐ

GetKicksではステーキングで稼ぐことができます。

KICKをステーキングすることで報酬としてLACEを獲得することができます。  

トークンをステークすることで、高利回りを得ることができます。

 

基本的に、ステーキングは放置で利回りで稼ぐことできるので、ゲームをプレイしなくても稼げるという点が特徴の1つです。

 

GetKicks(ゲットキックス)の将来性

GetKicks(ゲットキックス)の将来性

ここでは、GetKicksの将来性についてみてみましょう。

 

  • トケノミクス
  • ロードマップ
  • Move To Earnの人気

 

順に解説していきます。

 

トケノミクス

GetKicksは、優れたトケノミクスで設計されています。

トークン供給の配分などは以下です。

GetKicks(ゲットキックス)の将来性

引用元:GetKicks公式サイト

通常、Move To Earnゲームは、運営が稼げないと、継続は仕組み的にむずかしいのですが、チームへの配分が10%です。

GetKicksに関しては、ゲーム報酬・エコシステムの配分が50%になっています。

 

これは、ユーザーに高い収益性をもたらしつつ、長くゲームが続く設計にしている運営の自信の表れだと感じます。

デイリーユニークユーザーが増え、参入者が増えてゲームがもっと有名になれば、おのずと運営への収益も上がっていきます。

 

GetKicksのトケノミクスはユーザーファースト、そして優れた設計と言えるでしょう。

 

ロードマップ

GetKicksは、ロードマップをしっかりと示しています。

2023年第1四半期(2023年4月〜6月)までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているみたいです。

Q2 2022

  •  コミュニティの構築
  • ファンドレイジング 、コミュニティレイズ
  • スニーカーとアプリのデザイン変更、プレビュー
  • アクセスコードプレゼント

 

Q3 2022

  • ソロモード付きアプリのオープンベータ開始
  •  イニシャル・デックス・オファリング(IDO)
  • CEXの上場とTGE
  • LACEローンチのためのKICKのステーキング
  • ファーストキックのスニーカードロップ
  • パートナーの独占スニーカードロップ
  •  KickBoxesのリリース
  • クラブモードの立ち上げ
  • 既存のファッションブランドとのスニーカーコラボレーション
  • スニーカーレンタルの開始
  • バックグラウンドモードの開始クリエイト・ツー・エン ターンモデルのリリース

 

Q4 2022

  •  アプリ内ネイティブウォレットのリリース
  •  PVPモードのリリース、ベット機能付き
  • ガバナンスプラットフォームリリース
  •  ジオロケーションを利用したゲームプレイ
  • トーナメントモードのリリース

 

Q1 2023

  • ARとの統合
  • アムステルダム、香港、東京、ニューヨークのIRL NFTスニーカーストア
  • RFID NFTタグを使用したタンジブルスニーカーのリリース

 

このように、細かくロードマップで今後の開発目標を掲げているので、今後、将来的に期待できそうですね!

 

Move To Earnの人気

STEPNがとてもいい例ですが、いまMove To Earnが、これまで仮想通貨に興味がなかった層にまで普及していっています。

 

運動して稼げるというプロジェクトに魅力を感じ、多くの方がMove To Earnゲームを始めているという現実があります。

 

このように、Move to earnゲームの人気に後押しされ、GetKicksも今後多くのユーザーに支持される可能性があるので、将来性に期待できます✨

 

ほかのMove To Earnゲームの詳細は下記からご覧になってみてください。

 

GetKicks(ゲットキックス)に関するよくある質問

GetKicks(ゲットキックス)に関するよくある質問

最後にGetKicksについて、よくある質問に回答します。

 

  • GetKicksはスマホでも遊べる?
  • GetKicksは日本語対応してる?
  • GetKicksはどこのブロックチェーンに対応してる?
  • GetKicksの開発チームは公開されてる?

 

順に回答していきます。

 

GetKicksはスマホでも遊べる?

はい、スマホで遊べます。

 

いまは開発中ですが、iOSにもAndroidにも対応する予定のようです。

 

GetKicksは日本語対応してる?

いいえ、対応していません。

 

対応言語は英語ですが、操作は簡単なので、感覚的にプレイできそうなので、さほど問題なさそうです。

 

GetKicksはどこのブロックチェーンに対応してる?

GetKicksは、BSC(バイナンススマートチェーン)で遊べます。

 

利確する場合、取引所への仮想通貨の移動は、BSCで行いましょう。

 

GetKicksの開発チームは公開されてる?

はい、公開されています。

GetKicks(ゲットキックス)に関するよくある質問

引用元:GetKicks公式サイト

  • ブラム:コンピューターサイエンスのバックグラウンド。複数の暗号プロジェクトで、7年間の (ブロックチェーン) 開発経験あり
  • ピート:様々な企業やプロジェクトに携わる。主にビジネスおよび財務戦略を担当
  • ウィル:複数のスタートアップを設立。30以上のプロジェクトのマーケティングを担当。代理店の管理経験が5年以上
  • カリーム:真のデジタルネイティブであり、ブロックチェーンと資金調達の分野で長年活躍
  • ロビン:ブランドストラテジスト、マーケティングスペシャリスト、ビジネス開発者。Vice Media、Kantar Global、Forefront DAO のブランド戦略を担当
  • マット:ソーシャル メディアマネージャーとして5年以上働いた経験あり

 

このようにメンバーの顔写真や経歴がきちんと公開されているので、ユーザーとしては、安心して利用できますね!

 

GetKicks(ゲットキックス)は期待のMove To Earnゲーム!

GetKicks(ゲットキックス)は期待のMove To Earnゲーム!

引用元:GetKicks公式サイト

今回は、GetKicks(ゲットキックス)の概要や特徴、始め方から稼ぎ方、将来性を解説しました。

 

昨今、Move to Earnゲームの人気がみるみるうちに拡大しています。

 

GetKicksも、最近のMove to Earnゲームの人気に後押しされ、さらに多くのユーザーを獲得する可能性があります。

 

早めに始めて参入しておくことで、ゲームの初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなりますね!

 

最後に手順をおさらいしておくと、以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設し、イーサリアム(ETH)を買う
  2. バイナンスで口座開設する
  3. バイナンスにイーサリアムを送金する
  4. バイナンスでイーサリアムをBNBに交換する
  5. アプリをインストールする
  6. NFTスニーカーを購入する

»もう1度最初から始め方を確認する

 

 

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

error:

© 2022 NFT・STEPN・投資ブログ from クリプトぱぱ Powered by AFFINGER5