NFT

Instagram(インスタグラム)NFT機能とは?やり方・始め方、将来性を徹底解説

Instagram(インスタグラム)NFT機能とは?やり方・始め方、将来性を徹底解説

悩む人
InstagramでNFTのアイコンにできるって本当ですか?
インスタでNFTのやり方、特徴も教えてほしい...

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • インスタNFTの概要
  • インスタNFTの特徴
  • インスタNFTのやり方・始め方
  • インスタNFTの将来性
  • インスタNFTに関するよくある質問

 

今回は、InstagramでNFTを設定するやり方・始め方を中心に解説します。

今回の記事を読むことで、インスタNFTに関する理解が深まるはずです。

 

Instagram(インスタグラム)は、NFTをアプリ内で共有することができる機能を実装すると発表しました。

 

インスタにNFTが導入されると、NFTの普及に繋がる上に、”新たなファッション”としてインスタ活用の幅が広がることが予想されます。

 

自身が保有するNFTをインスタのアイコンにしたり、ウォレットにあるNFTを公開できるようになると、インスタが更に楽しくなるかもしれませんね。

 

NFTを始めるには、仮想通貨イーサリアムが必要なので、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

事前準備として、アプリダウンロード数NO.1、少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録してイーサリアムなどを購入しておきましょう。

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

コインチェックでは、口座開設した人 全員1,500円のビットコインが貰えるキャンペーンを9月までやってます。(予算がなくなり次第、終了)

» いまならコインチェックで口座開設すると、全員が1,500円分のビットコインを貰えるキャンペーン中🎁【早いもの勝ち】 

  • 9月30日(金)までのコインチェックキャンペーン
  • 無料口座開設&入金で1,500円分のビットコインが全員もらえる
  • 入金は少額(1,000円でも)でOK
  • 運営の予算が尽きるとキャンペーン終了

コインチェック

 

インスタNFTとは?概要を解説

インスタNFT機能とは?概要を解説

SNS名 Instagram(インスタグラム)
対応言語 日本語
対応デバイス iOS、Android
NFT対応時期 国内では未定
公式サイト 公式サイト

 

インスタグラムは2022年5月、NFTのシェアの試験運用を開始し、一部のアメリカ人ユーザーは、デジタルウォレットを接続し、自分で作成や購入したNFTを紹介することができるようになりました。

2022年8月には運用地域が拡大し、アフリカ、アジア太平洋、中東、中南米の100カ国に広がっています。

また、コインベース・ウォレットとダッパー・ウォレット(Dapper Wallet)へも対応するようになっています。

 

インスタNFT機能の特徴

インスタNFT機能の特徴

Instagramは2022年5月、収益化のチャンスを増やし、NFTをより幅広い人たちにもたらすことで、ユーザーエクスペリエンスを向上することに重点を置くと発表しました。

NFTシェア機能はまだ試験段階にありますが、インスタNFT機能の特徴などみていきます。

インスタNFT機能の特徴は以下のとおり。

  • インスタとデジタルウォレットを接続できる
  • インスタでデジタルコレクションをシェアできる
  • 自動的にメンションすることができる

 

では、順にみていきましょう。

 

インスタとデジタルウォレットを接続できる

InstagramがNFTに対応し、デジタルウォレットを接続することで、フォロワーにシェアするNFTを選ぶことができるようになりました。

この機能はデジタルアートギャラリーのような役割を果たします。

保有したり作成したりしたNFTは、他の画像と並んでフィード内で固定することができます。

 

インスタでデジタルコレクションをシェアできる

ユーザーがNFTを投稿すると、Instagramはその画像にシマーエフェクトを追加し、コレクションの説明などの公開情報を表示したり、作成者をタグ付けできます。

シマーエフェクトとはやわらかなオーロラ加工で、カラーの上にピンクやブルーなど虹色の淡い輝きが現れキラキラと輝くエフェクトのこと。

 

シマーエフェクトは、ツイッターの六角形プロフィール画像のような役割を果たし、NFTの真正性と所有権が目に見えて確認できます。

 

自動的にメンションすることができる

作成者とコレクターの双方をフィード内で自動的にメンションすることができます。

この機能もNFTの真正性と所有権をトラッキングするのに役立つと考えられており、デジタルコレクションをシェアするのには、手数料はかかりません。

ちなみに2022年8月時点では、InstagramはNFTの売買には対応していません。

NFTへの対応は、メタによるWeb3.0テクノロジー利用の一環です。

メタバース事業を拡大するに伴い、アクセスを拡大し、コストを削減、革新を加速させることが狙いのようです。

また、ザッカーバーグCEOは2022年3月、メタが保有する各サイトにおいてもNFT対応を示唆し、InstagramストリーでシェアできるNFTや、InstagramでNFTを発行する機能を紹介しています。

 

インスタNFT機能のやり方・始め方

インスタNFT機能のやり方・始め方

ここでは、インスタNFT機能の使い方・やり方を解説していきます。

と言いたいところですが、まだ記事執筆時点では日本国内で実装されていません。

公式の情報を待ち、実装されたら記事を更新します。

 

ただインスタにNFT機能が実装されたときに、すぐデジタルウォレットを接続できるよう、今のうちからNFTを体感して下準備しておくといいかと思います。

NFTについては、NFTの始め方や作り方、買い方を解説で詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

インスタNFTの機能が実装された場合、やり方の手順としては以下が予想できます。

  1. 国内取引所で仮想通貨イーサリアムを購入する
  2. ウォレットをダウンロード
  3. ウォレットにイーサリアムを送金する
  4. OpenSeaにログインする
  5. OpenSeaでNFTを売買(購入、または出品)する
  6. インスタとウォレットを接続する
  7. インスタでNFT機能を使う

 

正式に実装されたら、NFT機能のやり方を本記事で更新します。

 

インスタNFT機能の将来性

インスタNFT機能の将来性

ここでは、インスタNFT機能の将来性についてみてみましょう。

 

  • 拡張性
  • メタの影響力
  • インスタで収益化

 

順に解説していきます。

 

拡張性

インスタNFTの機能が実装されると、手持ちのNFTコレクションや自分で作ったNFTを紹介できるようになります。

デジタルアートギャラリーのような役割を果たし、保有したり作成したりしたNFTは、他の画像と並んでフィード内で固定することができます。

また、ユーザーがNFTを投稿すると、コレクションの説明などの公開情報を表示したり、作成者をタグ付けできます。

また、作成者とコレクターの双方をフィード内で自動的にメンションすることができるなど、インスタの機能の大幅な向上が期待できます。

それに伴い、ユーザーエクスペリエンスの向上も期待できます。

 

メタの影響力

ザッカーバーグ氏がCEOを務める元facebook・メタの影響力は絶大です。

そのfacebook傘化にあるInstagramがNFT機能を導入することによって、SNSがNFT機能を取り入れることが一般化しそうです。

NFTがファッションやSNS投稿で利便性や拡張性を発揮したときに、NFTが本当の意味で世界に浸透する可能性があります。

そのきっかけがメタのInstagramであるというのは、わりと必然なのかもしれません。

 

インスタで収益化

2022年8月時点では、インスタのNFT機能をコラボや資金調達、位置情報のタグ付けといった一部のツールや、コンテンツクリエーター収益化のために使ってきた既存のインスタ機能と同じように使うことはできません。

収益化となるのは、NFTコレクションのマーケティングとして使うこととなると予想できます。

 

また、NFTの発行や取引をインスタ上でやる方法を導入したり、ショップ機能を拡大する可能性があります。

2022年8月時点では、少数の試験運用参加者がNFTを自慢するのに使うというのが、この限定的な機能の主な用途となっているようです。

しかし、正式に実装された場合、NFTマーケターとしてインスタNFT機能を使える未来が期待できそうです。

 

インスタNFT機能に関するよくある質問

インスタNFT機能に関するよくある質問

最後にインスタNFTについて、よくある質問に回答します。

 

  • 国内でいつ実装される?
  • インスタNFTの機能は無料で使える?
  • NFTを持っていない場合、機能は使えない?

 

順に回答していきます。

 

国内でいつ実装される?

日本国内では記事執筆時点では実装されていません。

2022年8月時点では、アフリカ、アジア太平洋、中東、中南米の100カ国でインスタのNFT機能が使用できます。

 

インスタNFTの機能は無料で使える?

インスタNFTの機能は、無料で使えます。

デジタルウォレットに接続するだけなので、機能が実装されている国では無料で使えているようです。

 

NFTを持っていない場合、機能は使えない?

インスタNFTの機能は、デジタルウォレットと接続して使うのですが、手持ちのNFTコレクションや自分で作ったNFTがない場合、紹介できないので機能は使えません。

インスタ機能が実装されたときのために、まずNFTを所有する経験をしておくといいでしょう。

»【100枚画像つき】NFTの始め方や作り方、買い方を解説【初心者むけ】 

 

インスタNFT機能のまとめ

インスタNFT機能のまとめ

今回は、InstagramでNFTを設定するやり方・始め方を中心に解説しました。

 

今後、NFT・メタバース領域はますます市場が拡大していくことが予想されます。

その波に乗り遅れないために今からできることは、以下のとおりです。

  • 仮想通貨を保有してみる
  • NFTを保有してみる

 

仮想通貨を保有してみる

NFTなどのWEB3の領域では、まず仮想通貨についての知識を持っておく必要があります。

詳しく知る必要はありませんが、どんなものか?を実際に持ってみて経験することが大切だからです。

NFTは、仮想通貨を使って世界中で売買が行われています。

まずは、少額でも良いので最も有名なビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入してみることをおすすめします。

» 僕が仮想通貨をはじめる際に行なった3つの事【初心者向け】 

 

取引所でおすすめは国内最大手、最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設は無料なので、事前準備として口座開設して入金も済ませておきましょう。

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

NFTを保有してみる

仮想通貨を持つ経験をしたら、NFTを保有してみましょう。

インスタNFTの機能を使うためにNFTを持っておくことは必須だからです。

今から始めても決して遅くなく、むしろ早い方なので、この機会に始めてみることをおすすめします。

早めに始めて参入しておくことで、初期ユーザーとして先行者利益も得やすくなります。

»【100枚画像つき】NFTの始め方や作り方、買い方を解説【初心者むけ】 

 

最後に本記事のまとめです。

 

インスタNFT機能の特徴は以下のとおり。

  • インスタとデジタルウォレットを接続できる
  • インスタでデジタルコレクションをシェアできる
  • 自動的にメンションすることができる

 

インスタNFTの機能が実装された場合、やり方の手順としては以下が予想できます。

  1. 国内取引所で仮想通貨イーサリアムを購入する
  2. ウォレットをダウンロード
  3. ウォレットにイーサリアムを送金する
  4. OpenSeaにログインする
  5. OpenSeaでNFTを売買(購入、または出品)する
  6. インスタとウォレットを接続する
  7. インスタでNFT機能を使う

»もう1度最初から始め方を確認する

 

error:

© 2022 NFT・STEPN・投資ブログ from クリプトぱぱ Powered by AFFINGER5