NFT 仮想通貨

【2022年】NFTデジタルアート作品とは?始め方や買い方・作り方・やり方を徹底解説!




NFTデジタルアート作品とは?始め方や作り方・買い方・やり方を徹底解説!

話題のNFTとは何か?NFTの始め方、NFTの買い方や売り方までざっと解説していきます。

 

-本記事の内容・読んだら得られる未来-

  • NFTとは何か?がわかる
  • NFT販売作品の種類・ジャンルがわかる
  • NFTの販売方法・購入方法がわかる
  • NFTのガス代(手数料)について理解できる
  • イーサリアムNFTとポリゴンNFTについて理解できる
  • NFTの2次販売・ロイヤルティについて理解できる

 

🔻NFTを始めたい方はまず仮想通貨を買わなければなりません。

こちらのコインチェックではNFTマーケットプレイスをリリースしています。仮想通貨取引所の登録数は国内ダウンロード数NO.1です。

Coincheckの口座をお持ちの方は誰でもNFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるネットワーク手数料 (Gas[ガス]代) は無料です。

無料登録

\ アプリダウンロード数N0.1/ 

コインチェック公式サイト

 

※本記事の情報は2022年1月13日更新時点の情報です。最新情報詳細はコインチェック公式サイトをご確認ください。

コインチェックで口座を開設する手順はこちらをご覧ください^^

【関連記事】

»【簡単】コインチェックの口座開設方法と手順を画像付きで分かり易く解説! 

»私が仮想通貨 (ビットコイン) をはじめる際に行なった3つの事【初心者向け】

»NFTのガス代とは?無料の場合や手数料が発生するタイミング徹底解説!【OpenSea】

 

NFTデジタルアートとは 

NFT (Non-Fungible Token) とは "非代替性トークン” と訳され、代替が不可能な「ブロックチェーン (デジタル台帳) 」で発行された唯一無二のデータのことです。

 

このブロックチェーンの技術によってアートのようなユニークなデジタルアイテムを表現することが可能なんです。 

 

複製できないから価値も高いということです!
(あなただけが所有できる世界でたった1つのデジタルデータ)

 

ワクワクしますね^^

 

この技術の画期的な点は、これまでのデジタルデータの大きな特徴といえば、誰でも簡単に情報にアクセスし、コピー・複製できていましたが、NFTはSNSの投稿に数億円の値がつくなど世界的に注目を集めています。

 

日本ではNFTの先駆者であるイケハヤさん、マナブさん、そしてNFTクリエイターのおにぎりまんさんが有名ですね!

おにぎりまんさんのツイッターはこちら↓

-NFTとは?-

  • NFTアートは仮想通貨のブロックチェーン技術とデジタルアートを組み合わせたもの
  • NFTアートはブロックチェーン技術によってコピー・複製ができない。だから大きな価値のあるアート作品となりえる!
  • NFTアートの市場規模は拡大傾向にある!イーサリアムも拡大!
  • NFTアートは絵や音楽以外にも多種多様なコンテンツを作成・出品できる!なんでもNFTに...(笑)

 

価値の高いNFT作品は3,000万円以上の値がついています...やばい...えぐいですね😱

 

もちろん安いNFTもあるため、ご安心ください!

 

NFTを売る時も安く設定できますよ!のちほど解説しますね!

 

NFTはこちらのコインチェックでイーサリアムを購入することにより、始めることができます。私も登録していますが、使いやすいのでお薦めできます^^

\ アプリダウンロード数NO.1/ 

コインチェック公式サイト

 

NFTの市場規模はどんどん拡大していっています。NFTアートは希少性があるため、話題性もあり、仮想通貨もお茶の間にCMが流れるほど普及してきたこともあり、経済的価値が大きいのです。

 

お茶の間にCMが流れるということは、国も認めているということですね^^

(松田翔太さんがコインチェック、松本人志さんがビットフライヤーですよね)

 

NFTアートには様々なものがあり、イケハヤさんやマナブさんが買ったアイコンになるような絵以外にもいろんな種類・ジャンルがあります。

 

音楽、電子書籍、ゲームのアイテム、デジタル上の土地などがあります。つまりデジタルであれば何でもアート作品として売られているという状況です。

  • 動画
  • 音楽
  • ツイート
  • 電子書籍
  • ゲームのアイテム
  • デジタル上の土地

 

余談ですが、NFTゲーム (GameFi) がめっちゃ盛り上がってきています。

»2022年に高騰か 今後注目のNFTブロックチェーンゲーム5選

 

NFTを作って出品しておくことで、作品の価値上昇が期待出来ると同時に、買う場合はイーサリアム (ETH) やポリゴンなどで取引できます。
(下記画像はOpenSeaで使用できる通貨です)

画像はOpenSeaで使用できる通貨【イーサリアム、ポリゴン】

 

NFTはこれらの通貨が基軸通貨となっているので、イーサリアムやポリゴンが値上がりすれば、所有しているNFTの価値も上がるということです。

資産としてアート作品を所有できるという何ともオシャレな時代がやってきました。

 

このあとはNFTデジタルアードの仕組みをもう少し深堀りしますね!

【関連記事】

»私が仮想通貨 (ビットコイン) をはじめる際に行なった3つの事【初心者向け】

 

NFTの特徴・仕組みを分かり易く簡単に解説

改めてNFTとは、ブロックチェーン上に記録される一意で代替不可能なデータ単位です。

 

NFTは、画像・動画・音声、およびその他の種類のデジタルファイルなど、容易に複製可能なアイテムを一意なアイテムとして関連づけることができます。

 

ブロックチェーン技術を使用して、そのNFTの所有権の公的な証明を提供するため、安心です。

 

ただ、デメリットとしてガス代といってブロックチェーン技術を使うための手数料みたいなものがかかってしまいます。

 

このガス代が低額ではないため、なかなかNFTに手が出ない...という方も少なくないようです。

 

私の経験談ですが、ガス代は確かに高かったです。はじめてNFTを出品した時は1万円分くらいのイーサリアムを消費しました( ̄  ̄)

 

確かに簡単に払える金額ではないので、躊躇するのもよくわかります...

 

【2022年】NFT作品の作り方・出品・販売方法

NFT作品の作り方・出品・販売方法

ここから、実際にNFTを出品する方法の解説に入ります!

 

実際にNFTアーティスト・クリエエイターはNFTアートはどのようにして出品して販売しているのでしょうか?

 

NFTデジタルアート作品の作り方

NFTデジタルアートはイラストであればIllustratorAdobePhotoshopProcreatなどのグラフィックデザインソフトなどを使って作成しているクリエイターさんが多いです。

 

写真をNFTで販売している方もいらっしゃいます。

 

作成する絵もイケハヤさんやマナブさんのようにドット柄のピクセルアート、「CryptoPunk (クリプトパンク) 」じゃなくて良いです。

 

自由な表現で良いので、ぶっちゃけ紙に子供が書いたスクショ画像でもOKなんです。

 

なので、Canvaでツイッターのヘッダーを作ってNFTで売っても良いし、電子書籍もキンドルじゃなくてもNFTで売れます。

 

NFTデジタルアートの販売・出品方法

NFTデジタルアートが完成したら、NFTマーケットプレイスに出品して市場に販売する手続きを行います。

 

手順としてはこちらを参考にしてください。

  • 1.コインチェックなどで仮想通貨の口座を開設して日本円を入金する。その後、イーサリアムを購入する
  • 2.MetaMaskをダウンロードし、ウォレットを作成しておく (作成後、グーグルクロームの拡張機能として紐付ける)
  • 3.MetaMaskにイーサリアムを送金する
  • 4.NFTマーケットプレイスプラットフォームにログインする【有名なものではOpenSeaRariblefoundation等があります。今現在ではOpenSeaユーザーが多いです】
  • 5.OpenSeaなどNFTマーケットプレイスプラットフォームとMetaMaskを接続する
  • 6.ウォレットにNFTアートの売買に必要な仮想通貨を入金する
  • 7.NFTマーケットプレイスプラットフォームに詳細を記入する
  • 8.出品するNFTアートをアップロードする

 

1.のコインチェックで口座を開設する手順はこちらをご覧ください^^

【関連記事】

»【簡単】コインチェックの口座開設方法と手順を画像付きで分かり易く解説! 

 

MetaMaskをダウンロードし、ウォレットを作成しておく

MetaMaskをダウンロードし、ウォレットを作成しておく

OpenSeaなどのNFTプラットフォームを利用する場合は、仮想通貨の資金管理のためにウォレットを作成する必要があります。

 

コインチェックでは、GoogleChrome・Firefoxのブラウザを推奨しています。

 

ウォレットはChromeウェブストアからダウンロードが可能なこの「MetaMask(メタマスク)」を使いましょう。

【NFT】ウォレットはChromeウェブストアからダウンロードが可能なこの「MetaMask(メタマスク)」を使う

 

ダウンロードするために、右上の「Chromeに追加」をクリックすると、以下の画面に切り替わります。

MetaMaskのセットアップ画面【メタマスクが初めての場合の画像】

 

右側の「ウォレットの作成」をクリックしましょう。

 

クリックすると以下のような「MetaMaskの品質向上へのご協力のお願い」が表示されるので、「同意します」を選択しましょう。

NFT「MetaMaskの品質向上へのご協力のお願い」が表示される

 

すると次に、パスワードの設定が求められます。

MetaMaskのパスワードの設定画像

 

パスワードの設定が完了すると下記画像の「秘密のバックアップフレーズ」の画面に移ります。

MetaMask「秘密のバックアップフレーズ」の画面

 

この “秘密のバックアップフレーズ” は登録しておくとアカウントの復元やバックアップがしやすくなるために必要です。

 

8個のこのワードを組み合わせて“秘密のバックアップフレーズ” を設定します。MetaMaskウォレットの “アドレス” とは違うので注意してください。

設定後は大切に保管するようにしましょう。

※ウォレットはその名の通り、仮想通貨の財布そのものなので、バックアップフレーズは絶対に人に教えないようにしてください。

 

OpenSea(オープンシー)登録手順

Openseaの登録手順は以下です。

1.「OpenSea」のサイトにアクセスする

OpenSea(オープンシー)登録手順 作成をクリックする画像

 

2.「Create(作成)」をクリックし、OpenSeaのアカウントを作成します。作成をすすめるとMetaMaskが起動します。

3.「Sign In(サインイン)」をクリックし、「OpenSea」と「MetaMask」を紐づけると登録完了です。

 

補足ですが、上記の4の【NFTの詳細の入力】には以下がOpenSeaから求められます。

  • NFTの画像などのファイルのドラッグ&ドロップ又はファイル選択
  • NFTアート作品のタイトル
  • NFTアート作品の紹介をしている自分サイトがあればURL
  • NFTアート作品の概要
  • イーサリアムNFTでの販売かポリゴンNFTでの販売かの選択
  • 固定価格で売るか、オークションにするか
  • 売りに出す期間
  • NFTアート作品の販売価格
  • 出品するNFTと関連するNFTアート作品

 

NFTデジタルアートの販売方法を更に画像と共に深掘り

もっと詳しく私もスマホのアプリで作品を作成してNFTを出品していますが、この方法で出品しました。

 

ーNFTを作成して出品する手順ー

NFT出品する手順の解説


1.OpenSea公式サイトの右上の「Create」を選択

2.「MetaMask」が起動するので「署名」を選択

 

すると下記のような画像になるので、1つずつ入力していきます。

NFTを作成して出品する手順-create item-

 

3.NFTにしたい画像ファイルなどをドラッグ&ドロップまたは選択

4.NFTの作品名を記入

5.作品の紹介をしている自分サイトがあればURLを記入

6. NFTアート作品の概要

【OpenSea】NFTアート作品の概要を入力画像


7. イーサリアムNFTでの販売かポリゴンNFTでの販売かの選択 (ポリゴンNFTは手数料がイーサリアムよりも安いです)

8.「作成」を選択

これで出品できます。

 

しかし、この状態ではまだ販売は出来ていません。

 

販売する手順はここからです。

 

ーNFT販売する(売る)手順ー

9.固定価格(Fixed Price)で売るか、オークション(Timed Auction)にするか選択

 

「固定価格」はその名の通り、固定価格で売ります。

 

「オークション」はオークション期間を設定して入札形式で落札されればその価格で売ることが出来ます。

 

10.売りに出す期間

11.NFTの販売価格

この順で入力し、間違いなければ「Complete listing」を選択します。

すると「MetaMask」 が自動で発動します。

 

ここでガス代がかかります。ガス代というものは手数料です。

 

私は初出品する時に日本円で10,000円以上のガス代がかかりました。

 

少し高いですが、これはブロックチェーンの技術を使うので、仕方がないものと覚えておきましょう。

 

ポリゴンはガス代は無料です。

 

ガス代が表示され、問題なければ「確認」ボタンを押します。

「高いな...やめておこう」と言う場合は「拒否」を選択します。

 

イーサリアムの価格変動やOpenSeaの市場によってもこのガス代は常に変化します。

 

確認を選択した後、「署名」を選択すれば販売完了です。

 

販売(出品)した後、最初に設定した価格から下げることは出来ますが上げることは出来ません。

 

価格を変更したい場合は、出品自体を取り下げる必要がありますが、取り下げる際にガス代がかかってしまうので、1度出品したら期間が過ぎるのを待つか、売れるのを待つのが無難と言えます。

 

どうしても1度出品したNFTの価格を上げたい!という場合はガス代を支払ってでも出品を取り下げましょう。

 

ブロックチェーンを使う度にガス代がかかると覚えておくと良いでしょう。
(ポロゴンの場合はかかりませんよ)

 

先ほども少しお話しましたが、このガス代が高いからという理由でNFTでの出品をしない方も多いみたいです。

 

なので、まずはガス代がかからないポリゴンNFTから始めてみるというのもありです。
(OpenSeaの外で、橋を渡るとき[イーサリアム⇔ポリゴン移動]のみにお金がかかります[])

このことを「ブリッジ(橋渡し)する」と言うよ
自治会長ブロガー

 

ただ、ポリゴンは市場規模がイーサリアムに比べたら現状かなり小さいのがデメリットと言えます。

 

本気でNFTに取り組むのであれば、イーサリアムNFTという声が多いです。

 

ポリゴンを練習用に使ったり、NFTをかじってみたい程度であればポリゴンが良いかもしれませんね。ポリゴンは人口が少ない分、ブランド力も弱いみたいですね。

奥さん
確かにイーサリアムNFTのほうが、「おっ本気でNFTやってるわね!」という感じする...

 

NFTの購入方法・売買されているマーケットプレイス

それではNFTアート作品を買う方法と売買されているNFTマーケットプレイスをざっと見ていきましょう。

 

NFTを購入する手順をまとめました。NFTを出品して売り出す方法とほぼ似てます。

 

  • 1.NFTマーケットプレイスプラットフォーム (OpenSea) にログインする
  • 2.MetaMaskなど仮想通貨のウォレットを作成する
  • 3.ウォレットにNFTアートの売買に必要な仮想通貨を入金する
  • 4.買いたいNFTを選び購入する

 

 

国内仮想通貨取引アプリNO.1でダウンロード数が415万を超えています (対象期間:2020年1月〜2021年6月)。

コインチェック:仮想通貨でも国内仮想通貨取引アプリNO.1でダウンロード数


こちらのコインチェックでもNFTマーケットプレイスをリリースしています。私も勿論コインチェックに登録しました。

 

無料で口座開設出来てお勧めです!
自治会長ブロガー

\ アプリダウンロード数NO.1/ 

コインチェック公式サイト

 

※本記事の情報は2022年1月13日更新時点の情報です。最新情報詳細はコインチェック公式サイトをご確認ください。

 

NFTデジタルアートを買う方法を更に画像で詳しく解説

NFTデジタルアートを買う方法を更に画像で詳しく解説


「よくわからなかった!」という方のために、もう少し詳しくNFTアートの購入方法を画像と共に深掘りしていきます。

 

上記の画像のOpenSeaの公式サイトの右の「[Create]探索」を選択します。

 

左のサイドバーより「価格帯」や「コレクション」、「ブロックチェーン(イーサリアム or ポリゴ or クレイトン)」や「カテゴリー」など検索方法は多彩です。

 

直接下記の画像のように、虫めがね検索に入力して検索をかけることも出来ます。好みの検索方法で見てみましょう。

 

OpenSea :上のバーの「Marketplace」からでも新作順や音楽、アート系など色んな検索方法がある


上のバーの「Marketplace」からでも新作順や音楽、アート系など色んな検索方法があります。

 

「Stats(統計)」では現在の人気ランキングや直近の取引履歴を見ることも出来るので、どんなアイテムがどれくらいの価格で取引きされているのか?などの市場調査が可能です。

「Stats(統計)」では現在の人気ランキングや直近の取引履歴を見ることも出来る

 

これを見ながら直近のNFTの動きを見れるので便利です。金額など作品のリサーチをこれで行えるということですね!

好みのアイテムが見つかったら、選択をして詳細が表示されて、問題なければ「Buy now」を選択すれば「MetaMask」が起動して購入の手続きに入ります。この時もイーサリアムNFTの場合はガス代がかかります。

 

また「Make offer」をタップすると出品者へ「値下げ交渉」する事が出来ます。

 

オークション形式の場合も「Buy now」で金額を指定価格以上の金額を入力することで入札が出来ます。こ場合も依頼者にガス代がかかります。

 

オークション期日になって1番指定した金額が高い方が落札することが可能です。

ちなみに、画面の下の方に行くとこれまでどれくらいの金額で取引きされてきたか?を確認する事が出来ます。

opensea ブロックチェーン台帳

 

また、オークションの場合もこのオファーが可能です。この場合も依頼者側にガス代がかかるので注意してください。

(OpenSea上のブロックチェーン台帳に記載されるからです[誰でも見れます])

 

NFTの購入方法の詳しい解説は以上です。

 

購入したNFTを販売する場合(2次販売とも言います)は、前章のNFTアート販売方法と同じですね。

 

購入した金額より大きい金額を設定して2次出品にトライしてみましょう。

 

NFTデジタルアートの問題点・課題

新たな市場を賑わせているNFTデジタルアートですが、新しいゆえに問題もいくつかあります。

 

著作権の問題とガス代の問題です。

 

他人の著作物を扱ってはいけませんが、扱っているNFTクリエイターがいる状態なので、まだサービスが新しくて整備が未熟でカオス状態。

 

著作権とブロックチェーン上での所有物は別物であるため、NFTを買って保有するイコール著作権を持てるという訳ではないからです。

 

著作権は持てないのに、他人の著作物を所有出来るというのも矛盾ですよね。

 

ブロックチェーン技術によってNFTに唯一の価値はあるものの、他人の著作物をアレンジして自分の作品として出品している事例が海外で多いようです。
その著作物を侵害したNFTで売上を上げているクリエイターがいる為、今後の法整備が課題となっています。

 

そしてガス代と言って契約する時の手数料が高い点が問題視されています。


よって今後は手数料の安さの競争が仮想通貨同士で発生すると予想されています。

 

あと、ビットコインでは現段階ではNFTが取引出来ません。今後は取引出来るようになるかもしれませんが。

いまはイーサリアムがNFTの主要取り扱いコインです。

 

NFTアートは持っておいて価値が高い作品は、価値が高騰したら売ることも出来る為、もちろん投資としても機能します。

 

あと、NFTはデジタルアートはPCやスマホのディスプレイを通じて鑑賞するものなので、当たり前ですがデジタルの作品であり、現物として絵画のように部屋に飾ることができない点は、コレクターによっては価値として受け入れられないという方もいるかもしれませんね。

 

実物として所有していないため、保有している実感が湧きにくいという問題点はあるかもしれません。

 

もう1つ言うと、NFT仮想通貨はブロックチェーン技術を使うので、知らないうちにどんどんクリックしたらガス代が嵩んだ...というケースもありうるので、この点は注意が必要です。

 

無料登録国内の仮想通貨取引所コインチェックでは金融庁が認可しており、さらにセキュリティが徹底されているNFTマーケットプレイスですので安心して利用ができますよ。

\ アプリNO.1ダウンロード数/ 

コインチェック公式サイト

 

NFTの今後は?

日本におけるNFTは今後どうなるのでしょうか?

 

今後はNFTに関しても、きちんとした法整備がなされ、トラブルや法的に不備がないように具体的な対応策も今後話し合われていくことが予想されています。

 

アメリカなど海外ではすでにメジャーになっています。

 

日本でも2022年初頭現在ですでに多くの方に知られていますが、今後TVなどに取り上げられたり、NFTを活用する事例が増えていき、お茶の間にまで徐々に広がっていくでしょう。

 

最後に:NFTデジタルアート作品とは?始め方や買い方・作り方・やり方を徹底解説!

NFTデジタルアート作品とは?始め方や作り方・買い方・やり方を徹底解説!

今回はNFTデジタルアートについて詳しくまとめた記事でした。

 

最後にNFTについてまとめておきます。

  • NFTは凄い勢いで拡大している新しい市場
  • NFTアートは仮想通貨のブロックチェーン技術とデジタルアートを組み合わせたもの
  • NFTアートはブロックチェーン技術によってコピー・複製ができない。よって大きな価値のあるアート作品となりえる
  • NFTアートは絵や音楽以外にも多種多様なコンテンツを作成・出品できる
  • 国内のマーケットプレイス「コインチェック」がNFTマーケットを開始した
  • インフルエンサーや芸能人も注目している新しいアートの形
  • NFTが投資など仮想通貨と同じような価値を持つ

 

これからもブロックチェーン技術によって、NFTや仮想通貨のように世界中を賑わせる市場が登場するかもしれませんね。

 

2022年の最新テクノロジーの飛躍が楽しみです!

 

国内仮想通貨取引アプリNO.1でダウンロード数が415万を超えています (対象期間:2020年1月〜2021年6月)。

コインチェック:仮想通貨でも国内仮想通貨取引アプリNO.1でダウンロード数

無料登録まだ口座をお持ちでない方はコインチェック公式サイトから口座を開設しておくと良いでしょう。

\アプリNO.1ダウンロード数/ 

コインチェック公式サイト

 

※本記事の情報は2022年1月13日更新時点の情報です。最新情報詳細はコインチェック公式サイトをご確認ください。

 

【関連記事】

»【簡単】コインチェックの口座開設方法と手順を画像付きで分かり易く解説! 

»私が仮想通貨 (ビットコイン) をはじめる際に行なった3つの事【初心者向け】

»NFTのガス代とは?無料の場合や手数料が発生するタイミング徹底解説!【OpenSea】



-NFT, 仮想通貨
-, ,

© 2022 鬼滅の刃大好き自治会長ブログ Powered by AFFINGER5