NFT

NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法(条件)やメリットについて解説【初心者向けで分かりやすい】

悩む人
NFTのNFTのホワイトリスト(WL)について詳しく知りたいです。
NFTのNFTのホワイトリスト(WL)の特徴、獲得方法やメリットについて教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NFTのホワイトリスト(WL)とは
  • NFTのホワイトリスト(WL)の獲得条件(方法)
  • NFTのホワイトリスト(WL)を獲得するメリット
  • NFTのホワイトリスト(WL)の探し方
  • NFTのホワイトリスト(WL)でミント(NFTを買う)する方法
  • NFTのホワイトリスト(WL)で買ったNFTを転売する方法
  • NFTのホワイトリスト(WL)に関するよくある質問
  • NFTのホワイトリスト(WL)に関する注意点

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

NFTのホワイトリスト(WL)の特徴や獲得方法(条件)、メリットについて知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

 

NFTのホワイトリスト(WL)とは、NFTを優先して安く購入できる権利を持った方のリストことです。

別名で「アローリスト(AL)」とも呼ばれています。

今回は、これまでNFTのホワイトリスト(WL)を何度も獲得した経験を持つ僕が、NFTのホワイトリスト(WL)の概要や特徴・獲得方法、メリットを解説していきます。

 

NFTのホワイトリスト(WL)をGETしたら、NFTをリリース日に優先して格安で買えますが、メタマスク(仮想通貨用のお財布)にイーサリアムを入れておかないと買えません。

なので、事前準備として国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録してイーサリアムを購入しておきましょう!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

NFTのホワイトリスト(WL)とは

NFTのホワイトリスト(WL)とは、NFTを優先して安く購入できる権利を持った方のリストことであり、別名「アローリスト(AL)」とも呼ばれ、意味は同じです。

ホワイトリスト(WL)とは、NFTを優先的に安く購入できるリストのことです。

ホワイトリスト(WL)があれば、NFTの一般販売(パブリックセール)の前、つまりプレセール時に優先してNFTを購入できるため、安心してお目当てのNFTコレクションのリリース日を待てるということになります。

しかも、プレセールでは一般販売で販売する価格よりも格安で販売されます。

  • NFTのプレセール:パプリックセール前に行うセール価格での販売のこと。ホワイトリスト(WL)を所有している人が参加可能
  • NFTのパブリックセール:プレセール後の一般販売のこと

 

NFTを始めるには、まず最大手のNFTマーケットプレイス「OpenSea」に登録して準備する必要があります。

登録がこれからの方は、【画像付き】OpenSea (オープンシー) の始め方と使い方・登録方法を解説【NFTを始める準備を優しく初心者むけに説明する】にて詳しく解説しているので参考にしてください。

 

NFTのホワイトリスト(WL)の獲得条件(方法)

NFTのホワイトリスト(WL)の獲得方法を解説します。

  1. GiveAway(ギブアウェイ)
  2. Discordに参加する

順に説明します。

 

①GiveAway(ギブアウェイ)

NFTのホワイトリスト(WL)は、ツイッターで開催されているNFTのホワイトリストGiveAway(ギブアウェイ)の企画に参加することで獲得できます。

NFTのホワイトリスト(WL)のGiveAway(ギブアウェイ)とは、企画者が応募者に抽選や何かしらの基準で選定し、ホワイトリスト(WL)に入れてくれる企画のことです。

こういった感じで、 NFTのホワイトリスト(WL)GiveAwayは基本、ツイッターで行われています。

この方法でホワイトリスト(WL)をもらうには基本、運の要素もありますが、企画したホストに「アローリストをこの人なら渡してもいい」と思ってもらうことが大切です。

GiveAwayでのホワイトリスト(WL)の獲得方法、条件などは下記のとおり。

  • フォロー
  • いいね & リツイート(拡散)
  • リプライにタグ付け、コメント(GiveAwayによってはない場合あり)
  • NFTコレクション公式のディスコード参加(GiveAwayによってはない場合あり)
  • 期日を守ること(例:48時間以内、10/31まで 等)

 

このように、獲得方法や条件はGiveAwayのホスト(企画者)が決めます。

ホワイトリスト(WL)のギブアウェイを企画したい場合は、上記のようなテンプレートを用意しておくといいです。

もっと詳しくNFTギブアウェイについて知りたい方は、NFTのGiveAway(ギブアウェイ)とは?企画の始め方(やり方)やエアドロの受け取り方を解説!にて詳しく解説しているので、併せてどうぞ。

 

②Discordに参加する

NFTのホワイトリスト(WL)をもらう方法の2つ目は、NFTコレクションの公式が運営するディスコードに参加することです。

ディスコードは、チャットができたり音声で会話ができる無料のコミュケーションツールです。

Discordは、NFTのコミュニティを運営する上で欠かせないツールであり、様々な実存するNFTコレクションに活用されています。

他にコミュニケーションツールとしては、有名なものでラインやチャットワークがありますが、ことNFTプロジェクトにおいてはDiscordを使うのが主流です。

Discord内で、下記の活動をすることでNFTのホワイトリスト(WL)をもらえる場合があります。

  • 発言などをたくさんして、コニュニティに貢献する
  • コニュニティの運営サイドになる
  • ツイッタースペースで行われるAMAに積極的に参加する
  • クイズやキャンペーンに参加する
  • 応援コンテンツ(ブログなど)を作成する
  • SNSなどで積極的にプロモーションして応援する

このように、NFTプロジェクトにポジティブな影響を与えるような活動をすることで、NFTのホワイトリスト(WL)をいただける場合があります。

ホワイトリスト(WL)への入り方は、以上です。次に、アローリストを獲得するメリットを解説します。

 

NFTのホワイトリスト(WL)を獲得するメリット

NFTのホワイトリスト(WL)をもらうことで得られるメリットは、以下のとおりです。

  1. NFTを安く購入できる
  2. ガス代が安いタイミングで購入できる

順に解説していきます。

 

①NFTを安く購入できる

ホワイトリスト(WL)を取得することで、NFTを安く購入できる点が最も大きなメリットです。

WLにリストインした人が買えるプレセール時の販売価格は、パブリックセール時(一般販売)よりも格安に設定されています。

先述のようにパプリックセール前のプレセールで買えるため、ミント(購入)を焦る必要もありません。

ホワイトリスト(WL)に入ることで、お目当てのNFTをゆったりとプレセール期間の間に安く買えます。

プレセールの期間が短い場合と、NFT発行数がホワイトリスト(WL)の数量を下回っている場合は注意が必要ですが。

また、インフルエンサーや著名人などが紹介していたり、注目を浴びている話題性があるNFTプロジェクトであれば、安く購入したNFTの価格は高確率で上昇します。

なので、こういったNFTプロジェクトのNFTのホワイトリストを持っていると、まず損することはないです。

損したらどうしよう・・・と不安に思う必要もなく、堂々とありがたくミントできるわけです。

 

もらったWLでプレセールで買うことで、下記の例のようにNFTせどりによって利益になります。

WLで0.001ETH(約200円)で購入 → 1週間後に0.03ETH(約6,000円)に上昇 → 販売する → 約4,800円の利益

NFTせどりについては、NFT転売(せどり)は稼げる!やり方・転売を成功させるコツを画像付きで解説 にて詳しく解説しているので、併せてどうぞ。

 

②ガス代が安いタイミングで購入できる

NFTのホワイトリスト(WL)を持っていると、ガス代が安いタイミングで購入できるのもメリットの1つです。

NFTを購入する場合、ガス代と呼ばれるネットワーク手数料が必要となります。

イーサリアムチェーンでは、購入者が一気に集まると、ガス代が高くなってしまうという問題を抱えています。

人気のNFTコレクションの場合、一般販売と同時に購入希望者が殺到し、ガス代が一時的に高騰してしまうという課題がありました。

しかし、NFTのホワイトリスト(WL)を持っていると、プレセールで購入できます。

つまり、一般販売の前にホワイトリストにリストインしている限られたメンバーしか買えないため、ガス代の高騰を防ぐことができます。

NFTにホワイトリスト(WL)に入っていると、安く購入できるだけでなく、プレセール時にゆったりと買えるため、ガス代も安く抑えることができるので、結果的に相当な安さで購入が可能となります。

NFTのガス代については、NFTのガス代とは?無料の場合や手数料が発生するタイミングを徹底解説【OpenSea】にて詳しく解説しています。

 

NFTのホワイトリスト(WL)の探し方

NFTのホワイトリスト(WL)の探し方は、下記のとおり。

  1. ツイッターで探す
  2. NFTのインフルエンサーをフォロー

順に解説していきます。

 

①ツイッターで探す

ツイッターで「NFT ホワイトリスト」や「NFT WL」、「NFT アローリスト」や「NFT AL」、「NFT Giveaway」と検索すると、多くのホワイトリスト(WL)のGiveAwayが表示されます。


興味のあるNFTプロジェクトの募集が見つかれば、応募してみると良いでしょう。

ただし、初心者を狙ったスキャム(詐欺)もあるため、参加するときは事前に公式サイトを注意深く確認し、信頼できる人のアカウントかどうか?を確認しましょう。

 

②NFTのインフルエンサーをフォロー

NFTのインフルエンサーをフォローすることもオススメです。

NFTに詳しいNFTのインフルエンサーが、オススメのNFTプロジェクトを紹介する場合があります。

そのNFTプロジェクトの情報をチェックして、ホワイトリスト(WL)の獲得方法を調べれば、良質なNFTプロジェクトのWLを獲得できるかもしれないからです。

最もオススメなのは、国内NFT界隈のトップを走るCryptoNinjaPartnersのファウンダーであり、NinjaDaoの創設者であるイケハヤ氏をフォローすることです。

CryptoNinjaPartnersは、世界最大手NFTマーケットプレイスのOpenSeaの世界ランキングで10位以内に入った経歴を持つ人気NFTコレクションです。

また、フロア(最安)価格は2022年10月時点で1.7ETH(日本円で374,000円)を誇ります。

イケハヤ氏が8月にリリースしたBrain【最新副業】NFTで稼ぐ方法を徹底解説でもおすすめのNFTコレクションを紹介しています。

ちなみにこちらのBrainは、記事執筆時点で5,000部以上売れている大ヒット作です。

NFTのマーケティングについて網羅的に解説されています。もちろんNFTせどりについても解説されているので、お値段以上の作品なので、興味がある方はサクッと読んで学んでおきましょう。

イケハヤさんのBrainを読む

 

NFTのホワイトリスト(WL)でミントする(NFTを買う)方法

NFTのホワイトリストをもらった後は、該当のNFTプロジェクトのミント日(リリース日)をチェックしておき、ミントしましょう。

ミントとは、NFTを発行することです。

基本的には、公式のDiscordでミント当日にミントサイトのURLが置かれます。

そのURLへアクセスし、発行数量を選択してミントボタンを押すことでウォレット(メタマスク)にあるイーサリアムで買うことができます。

具体的な流れは、下記です。

  1. プレセール当日に公式のDiscordにアクセス
  2. ミントサイトのURLへアクセス
  3. 発行数量を選択してミントボタンを押す
  4. メタマスク内のイーサリアムで購入

注意点としては、プレセールの日にちをチェックしておくことと、プレセールの期間内にミントすること。あとはガス代を考慮して多めにメタマスクにイーサリアムを入れておくことです。

 

NFTのホワイトリスト(WL)で買ったNFTを転売する方法

NFTのホワイトリスト(WL)で買ったNFTを転売する方法を解説しておきます。

NFTせどりの手順は以下です。

  1. コインチェックに登録
  2. イーサリアムを購入
  3. メタマスクをインストール
  4. イーサリアムをメタマスクへ送金
  5. OpenSeaに登録
  6. NFTを購入する
  7. NFTを販売する

NFTせどりの手順の詳しい画像つき解説は、NFT転売(せどり)は稼げる!やり方・転売を成功させるコツを画像付きで解説 にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

NFTのホワイトリスト(WL)に関するよくある質問

NFTのホワイトリスト(WL)に関するよくある質問は以下のとおり。

  1. なぜホワイトリストからアローリストと呼ぶようになったの?違いはある?
  2. NFTのアローリスト(AL)は期限がある?

 

①なぜホワイトリストからアローリストと呼ぶようになったの?違いはある?

NFTのホワイトリスト(WL)とは、NFTの優先して購入できる権利のことであり、別名「アローリスト(AL)」と今でも呼ばれており、ぶっちゃけ意味は同じです。

ホワイトリストからアローリストに呼び名が変わった理由は、ホワイトリストという言葉が人種差別的だからです。

「ホワイトリスト」の対義語は、「ブラックリスト」です。

この「ブラック」という言葉が、黒人の方に対する人種差別の意味合いを連想してしまうからです。

「ホワイトは良い」「ブラックはわるい」など、カラーに対して良しあしのイメージを持つことが良くないといった風潮から、アローリスト(AL)というワードが誕生したとされています。

 

②NFTのホワイトリスト(WL)は期限がある?

はい、あります。

先述のように、ホワイトリストに入ることで、お目当てのNFTをゆったりとプレセール期間の間に安く買えます。

しかし、プレセールの期間が短い場合と、NFT発行数がホワイトリスト(WL)の数量を下回っている場合は注意が必要です。

NFTのホワイトリスト(WL)は、プレセールの期間中にのみ機能するため、リリース日を忘れないように手帳やカレンダーなどに書いておくと良いでしょう。

 

NFTのホワイトリスト(WL)に関する注意点

NFTのホワイトリスト(WL)関する注意点は以下のとおりです。

  1. 公式サイトであることを確認する
  2. ウォレットのシードフレーズを他人に教えない
  3. 知らない相手からのDMなどを容易に開かない

順にみていきます。

 

①公式サイトであることを確認する

NFTを購入する際、公式サイトであることを確認してから購入することが重要です。

公式サイトのなりすましや、コレクションのなりすましによる詐欺が多発しているからです。

公式を装ったサイトやコレクションにウォレットを接続してしまい、中身を奪われるケースが多発しています。

アクセス先のサイトURLをよく確認するようにしましょう。

 

②ウォレットのシードフレーズを他人に教えない

ウォレットのシードフレーズは絶対に他人に教えないでください。

シードフレーズを聞き出そうとしてくる場合は100%詐欺だと認識しておきましょう。

シードフレーズを教えてしまうと、ウォレットの中にある仮想通貨やNFTを奪われてしまうので、他人には教えないようにしてください。

 

③知らない相手からのDMなどを容易に開かない

知らない相手からのDMは開かないようにしてください。

WLやNFTの当選を装ったスパムメールの場合があるからです。

DMを開放している方で、送られてきたDM内のリンクなどを踏んでしまうとウォレットがハッキングされる可能性があります。

知らない相手からのDMはすべて詐欺と考えてOKです。

海外からのDMも、基本すべて詐欺だと考えておきましょう。

知らない相手からのDMは決して開かないように徹底してください。

 

NFTのホワイトリスト(WL)とは?獲得方法(条件)やメリットについてのまとめ

今回は、NFTのホワイトリスト(WL)の概要や獲得方法、メリットなどをまとめました。

NFTのホワイトリスト(WL)の特徴についてまとめると、下記です。

  • NFTのホワイトリスト(WL)とは、NFTを安く優先して購入できる権利がある方のリストこと
  • アローリスト(AL)と意味は同じ
  • NFTを安く購入できる
  • ガス代が安いタイミングで購入できる
  • GiveAway(ギブアウェイ)に参加することで獲得できる場合がある
  • 公式のDiscordに参加することで獲得できる場合がある

 

NFTのホワイトリスト(WL)をGETしたら、NFTを優先して買えますが、メタマスク(仮想通貨用のお財布)にイーサリアムを入れておかないと買えません。

なので、事前準備として国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録してイーサリアムを購入しておきましょう!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

NFTを始めるには、まず最大手のNFTマーケットプレイス「OpenSea」に登録して準備する必要があります。

登録がこれからの方は、【画像付き】OpenSea (オープンシー) の始め方と使い方・登録方法を解説【NFTを始める準備を優しく初心者むけに説明する】にて詳しく解説しているので参考にしてください。

 

error:

© 2022 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5