NFT

【TwitFi】原資回収はどれくらいかかる?初期費用や実際に稼げるのか?も徹底解説!

悩む人
TwitFiの初期費用について知りたい。原資回収はどれくらいかかるのかも教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • TwitFi(ツイートファイ)とは?
  • TwitFi(ツイートファイ)の初期費用
  • TwitFi(ツイートファイ)はどれくらい稼げる?
  • TwitFi(ツイートファイ)の原資回収までの期間はどれくらい?
  • TwitFi(ツイートファイ)の始め方
  • TwitFi(ツイートファイ)の各種リンクまとめ

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。また、筆者はICLに所属しており、仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

TwitFiが稼げるみたいで気になる。まずは初期費用や原資回収までの期間、実際に稼げるのか?を詳しく知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

ここ最近、プレイすることで仮想通貨が稼げるPlay to Earnゲームが人気です。その中でも最近、注目を集めていて人気なのが「TwitFi(ツイートファイ)」です。

そこで今回は、実際にTwitFiをプレイしている僕が「TwitFi(ツイートファイ)」の初期費用や原資回収までの期間を中心に、ていねいに解説していきます。

TwitFiを始めるためには、仮想通貨が必要なので、仮想通貨取引所の口座が必要です。

なので、数々の国内 No.1の実績あり・最短即日で取引可能・各種手数料が無料ビットフライヤに無料登録してイーサを買って準備しておきましょう。

\ 各種手数料が無料✨/

ビットフライヤーに登録する

 

TwitFi(ツイートファイ)とは?

ゲーム名 TwitFi(ツイートファイ)
対応言語 日本語、英語
対応デバイス PC、iOS、Android
トークン TWT
ブロックチェーン ETH
公式サイト TwitFi公式サイト

TwitFiは、Twitterで#TwitFiをつけてツイートすることで仮想通貨TWTが稼げるWeb3SNSです。

TwitFiにアクセスしてウォレットとTwitterアカウントを連携させて、鳥のNFTを購入すればあとはいつものようにTwitterでつぶやくだけ。

ゲーム内容や各種便利アイテムについて詳しく解説している下記の記事も参考にしてみてください。

» TwitFi(ツイートファイ)の始め方と稼ぎ方、ゲーム内容・ルールについて徹底解説!

クリプトぱぱ
それでは、次章で初期費用について詳しく解説していきます。

 

TwitFi(ツイートファイ)の初期費用

TwitFi(ツイートファイ)の初期費用は、無料のたまごで始める場合はガス代のみ。

ガス代を含めると1,000円もあれば始められますが、やはりレアのたまごを購入したほうが稼げます。

レアの卵は0.1ETHなので、現在の相場で16,000円ほどあればそれなりに稼げて楽しめるかと。

クリプトぱぱ
NFTゲームは課金しないと多くを稼げません。まずは無料で始めてみて楽しめそうであれば課金するのもいいですね。

 

僕が実際に始めたのはひよこ4体からです。

公式サイトでミントしたのが1体、OpenSeaで安く拾ったのが3体です。

ただ、OpenSeaで安く拾ったはいいものの1体ウィルスに感染していたのでOpenSeaで買うのは多少のリスクがあると覚えておきましょう。

※ Statsを確認することでウィルス感染数は確認できますが、感染0でも感染済の状態になっていた。

ひよこ4体にかかった費用は57,000円ほど。現在のTWT価格で計算すると2週間ほどで回収できる計算。

ただ、TwitFi(ツイートファイ)もポンジなので、価格はいつか下がります。

損するリスクもあると理解しておきましょう。

ちなみに僕が参入したのは正式ローンチから10日目で参入しました。早めに参入することで原資回収はしやすくなります。

次章ではTwitFiはどれくらい稼げるのか?を解説しますが、ゲーム内容やルールを知っておいたほうが良いので、先に下記記事を読んでルールを理解しておくことをおすすめします。

» TwitFi(ツイートファイ)の始め方と稼ぎ方、ゲーム内容・ルールについて徹底解説!

 

TwitFi(ツイートファイ)はどれくらい稼げる?

TwitFi(ツイートファイ)の仮想通貨TWTは現在の相場で1TWTが0.1ドルほどです。つまり1TWTが13円。

鳥NFTには種類・レベルがあり、レアリティが高い鳥でなおかつレベルが高いほうが稼げる効率が上がります。

下記は鳥の種類別のTWT獲得量です。

※ 2022年12月のアップデートによってスワンレベルAの獲得量が420に変更されました。

例を挙げます。下記の条件の場合を想定して1日のTWT獲得量を計算してみます。

  • 1TWT:0.1ドル
  • 1ドル:133円
  • 鳥NFT1点:ひよこ(有料の鳥でレアリティが1番低く手に入りやすい)
  • レベルE
  • ウィルス考慮なし
  • 収益は即反映分で計算
    ※ レベルEの鳥で稼いだTWTの50%は3ヶ月間ロックされる

この場合だと、1日1,330円稼げる計算となります。

稼いだTWTは3ヶ月間ロックされるので、3ヶ月後にのこり半分の1,330円が引き出せます。

現時点の相場であれば、わりと稼げる計算となります。

ちなみに3ヶ月ロックされるTWTの割合は鳥NFTのレベルによって以下のように異なります。残りは即反映されます。

レベル ロックされるTWTの割合
レベルA 70%
レベルB 60%
レベルC〜E 50%

 

TwitFi(ツイートファイ)の原資回収までの期間はどれくらい?

先ほどの条件のひよこの鳥NFT1点でレベルEであれば、ウィルスに感染しなかったら12日で原資回収できる計算となります。

※ ウィルスに感染すると、回復に7日かかる。薬をあげることで即回復する。

ウィルスに関しては、「TwitFiのやり方・ゲーム内容」の記事でも紹介してます。

  • ひよこ:16,000円
  • 1日1,330円稼げる
  • 16,000÷1,330=12.03日

ちなみにTWTの現在の価格はこちらから確認できます。

参考までに鳥NFTのレアリティとレベル別で1日に稼げるTWTを下記に掲載しておきます。

※ フィードとは鳥に与える餌のこと(日/ツイート可能数)であり、1日に補填できる餌の数は決まっています。

ひよこ

レベル 1ツイで稼げるTWT 1日のフィード数 1日に獲得できるTWT TWTの即時反映分
E 50 4 200 100
D 60 6 360 180
C 80 12 960 480
B 130 24 3,120 1,248
A 220 48 10,560 3,168

 

レベル 1ツイで稼げるTWT 1日のフィード数 1日に獲得できるTWT TWTの即時反映分
E 55 4 220 110
D 70 6 420 210
C 100 12 1,200 600
B 170 24 4,080 1,632
A 300 48 14,440 4,332

 

白鳥

レベル 1ツイで稼げるTWT 1日のフィード数 1日に獲得できるTWT TWTの即時反映分
E 65 4 260 130
D 80 6 480 240
C 135 12 1,620 810
B 250 24 6,000 2,400
A 420 48 20,160 6,048

 

鳥NFTのレアリティやレベル、点数によって原資回収までの期間は変わるので、上記の表を原資回収の参考にご活用ください。

※ 鳥NFTは1アカウント10体まで保有できます。

 

TwitFi(ツイートファイ)の始め方

TwitFiの原資回収までの期間、どれくらい稼げるのか?を理解したところで、始め方を紹介します。

TwitFiの始め方は以下のとおり。

  1. bitFlyerで口座開設
  2. bitFlyerでイーサリアムを購入
  3. メタマスクを作成
  4. メタマスクへイーサリアムを入金
  5. TwitFiのNFTを購入

順に説明します。

 

①bitFlyerで口座開設

TwitFiのNFTを買う事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

TwitFiで稼ぐための鳥を購入する際に仮想通貨のイーサリアムが必要になるからです。

なので、まずは数々の国内 No.1の実績あり・最短即日で取引可能・各種手数料が無料ビットフライヤに無料登録してイーサリアムを購入して準備しましょう。

\ 各種手数料が無料✨/

ビットフライヤーに登録する

 

ブログの開設方法を参考にしたい方はビットフライヤーの口座開設方法にて詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

②bitFlyerでイーサリアムを購入

ビットフライヤーに登録したら、イーサリアムを買うために日本円を入金しましょう。

ビットフライヤーにログインし、ホーム画面の「入出金」→「日本円」→「入金」の順で日本円の入金方法を確認できます。

入金方法には、「銀行振込」、「インターネットバンキングで入金」、「コンビニ入金」があります。お好みで選び、入金しましょう。

個人的には「銀行振込」がおすすめです。

 

ビットフライヤに登録して日本円を入金したら、入金した日本円でイーサリアムを購入します。

ビットフライヤーのホーム画面より「販売所」→「ETH/JPY」→「買う」の順に選択し、ETHの金額を入力すれば購入できます。

 

③メタマスクを作成

次に、メタマスクという仮想通貨のウォレットをインストールします。

メタマスクとは、仮想通貨のウォレットのこと。「仮想通貨用の財布」のようなものという認識でOKです。

メタマスクを使えば、簡単に仮想通貨の送金や受け取りができます。

ブラウザの拡張機能を使う場合、GoogleChromの使用がおすすめです。

「chromeウェブストア」で「メタマスク」と検索するか、こちらのリンクから入り、メタマスクをインストールしましょう。

メタマスクをインストール

 

インストールしたら、「新しいウォレットを追加する」を選択して、ウォレットを作成します。

メタマスクをインストール

 

その後、説明にしたがって必要項目を記入すればメタマスクの導入は完了です。

 

④メタマスクへイーサリアムを入金

次に、ビットフライヤーで購入したイーサリアムをメタマスクに送金しましょう。

まずは作成したメタマスクを開き、アドレスをコピーしてください。

イーサリアムをメタマスクへ送金

 

この時、ネットワークはイーサリアムメインネットを選択しましょう。

ココに注意

デフォルトではイーサリアムメインネットが設定されていますが、もし他のネットワークへ送金すると仮想通貨は戻ってこないので注意が必要です。

 

続いて、ビットフライヤーで「入出金→「イーサリアム」→「送付」→「アドレスを登録する」の順に選択しましょう。

すると、メールが送付されるので、メールを開いてURLを選択して認証します。

SMSで確認コードが送信されるので、コードを入力して二段階認証を行います。

 

「外部イーサリアムアドレス登録」の画面になるので、以下を入力して「次へ」を選択。

  1. ラベル:自身がわかりやすいように入力(例:メタマスクETHアドレス)
  2. ETHアドレス:先ほどコピーしたメタマスクETHアドレスをペースト

 

以下の画面になるので、アドレス所有者を「お客様本人」、送付先を「プライベートウォレット等」、「プライバシーポリシー・利用規約」にチェックを入れて「追加する」を選択します。

これでメタマスクのETHアドレスの登録が完了したので、送金したいイーサリアムの数量を入力して「出金」を選択することで送金できます。

送金が完了すると、ビットフライヤーから送付完了のメールが届きます。

メタマスクにイーサリアムが入金されているので、確認しておきましょう。

 

⑤TwitFiのNFTを購入

いよいよTwitFiのNFT購入です。

まずはメタマスクとTwitterのアカウントをTwitFiと連携させます。

公式サイトに入り、右上の「PLAY」をクリック。

 

続いてメタマスクとTwitterのアカウントをTwitFiと連携させます。

  1. 「Connect Wallet」をクリックするとメタマスクが開くので署名
  2. 「Connect Twitter」をクリックしてTwitterとの連携を許可

これでTwitFiのNFTを買う準備は整いました。

連携が完了するとログインできている状態となるので、「Market」から無料の「Common Egg」か有料の「Rare Egg」を選び、「Purchase」をクリックすることで購入が可能です。

OpenSeaでも取引されていますが、現在では公式サイトで購入したほうが割安です。

OpenSeaのほうが安く売買されている場合があるので、市況をみながら公式サイトで買うかOpenSeaで買うかを選ぶのがおすすめ。

クリプトぱぱ
僕は最初の1体は公式サイトでミントしました。

「Common Egg」は無料とはいえ、ガス代はかかるので注意してください。

無料の「Common Egg」で始めることはできますが、ぶっちゃけほとんど稼げません。

有料のほうが多く稼げるので、まず無料で試してみて感触が良ければ有料の「Rare Egg」を買ってプレイするのもありです。

 

TwitFi(ツイートファイ)の各種リンクまとめ

最後にTwitFiの各種リンクをまとめておきます。

最新情報はTwitterをチェックするのがおすすめです。

 

【TwitFi】原資回収までの期間や初期費用、実際に稼げるかどうか?についてのまとめ

 今回は、TwitFiの原資回収までの期間や初期費用、実際に稼げるかどうか?について詳しく解説しました。

昨今、Play to Earnゲームの人気がみるみるうちに拡大しています。

play to earn gameの1つであるTwitFi(ツイートファイ)もこれから拡大していくNFT市場と共に、波乗りしてさらに普及する可能性があります。

また、全世界におけるTwitter月間アクティブユーザー数は3億3,000万人との統計があり、TwitFiのユーザーは今後増えていくことが予想されます。

早めに始めて参入しておくことで、ゲームの初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

 

TwitFiを始めるためには、仮想通貨が必要なので、仮想通貨取引所の口座が必要。

なので、国内最大級の仮想通貨取引所のビットフライヤに無料登録してイーサリアムを事前に購入しておくといいでしょう。

\ 各種手数料が無料✨/

ビットフライヤーに登録する

 

コインチェック    bitflyer

当サイトで表記している「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指しています。

error:

© 2023 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5