NFT

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)とは?企画の始め方(やり方)やエアドロの受け取り方を解説!

悩む人
NFTのGiveAway(ギブアウェイ)とは何なのか教えて下さい・・
ギブアウェイのやり方、方法も知りたいです!

 

本記事の内容

  • NFTのGiveAway(ギブアウェイ)とは
  • GiveAwayのメリット
  • GiveAwayの企画のやり方、方法
  • GiveAwayの探し方
  • GiveAwayの当選確率を上げる方法
  • GiveAwayでゲットしたNFTエアドロの受け取り方

 

自治会長
今回は、NFTのGiveAwayの概要、メリット、探し方、やり方を紹介します!

 

✓NFTの始め方

NFTデジタルアート作品とは?始め方や作り方・買い方・やり方を徹底解説!
NFTの始め方や買い方・作り方を100枚の画像付きで徹底解説【NFT売買方法】

続きを見る

 

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)とは?

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)とは?

では、早速 解説していきます!

 

GiveAwayは、ツイッターで行われています。

GiveAwayに応募(参加)して当選すると、NFTを無料でもらうことでできます。

 

GiveAway=無料でNFTを配布すること

 

※ NFTを始めるには、仮想通貨が必要です。
NFT始めたいけど、まだ口座開設してない方は、申請してから口座開設まで「数日かかる」ので、まずはコインチェックなどの取引所に登録してから本記事を読み進めると良いですよ✨
(口座開設は無料です)

 

まずはコインチェックに登録しておこう

コインチェック無料で開設できて、業界最大手なので初心者でも安心です。

口座の開設には審査(数日かかる)が必要なので、早めに口座開設の申請をしておくと良いでしょう✨

コインチェック

しかも、コインチェックでは、口座開設で1,500円分のビットコインが貰えるキャンペーンを9月までやってます!(予算がなくなり次第、終了)

» コインチェックで1,500円分のビットコインが貰えるキャンペーン中🎁【早いもの勝ち】 

自治会長
口座開設してから72時間以内に1円でも入金すれば、1,500円分のビットコインがもらえます。

入金しないともらえないので、忘れないよう、先に済ませておくと安心ですね。

 

 

自治会長
NFTのGiveAwayは、英語に略すと「与える」の意味です。

NFTを無料で与える」というイメージで捉えて問題ないです。

 

もっと詳しく詳しく解説すると、NFTのフリーミントGiveAway(ギブアウェイ)とは、企画者が応募者に抽選や何かしらの基準で選定し、ホワイトリスト(WL)やフリーミント優先権を配布してくれる企画のことです✨

 


.

 

あわせて読みたい

 

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)のメリット

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)のメリット NFTのGiveAwayのメリットは、以下があります。

応募者のメリット、企画者のメリットで分けて解説します。

 

応募者の場合

  • NFTが無料でもらえる

 

企画者の場合

  • NFTを配布することでプロジェクトから信用を得られる
  • NFTに興味ある人のフォロワーが増える
  • リツイート、タグ付けを促すことで、自身の認知が広がる

 

自治会長
メリットは、こんな感じです✨

企画者側にも大きなメリットがあります!

 

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)の始め方(やり方)

GiveAwayを企画(開催)する側は、こちらの手順でGiveAwayを始めます。

 

✓GiveAwayにやり方

  1. 応募フォームを作成する
  2. ツイッターで募集をかける
  3. 期間が過ぎたら当選者発表する
  4. NFT(またはホワイトリストやフリーミント権)送付案内のDMをする

 

自治会長
一般的に多くは、この手法が採用されています!

では、順に解説していきます✨

 

ステップ①:応募フォームを作成する

NFT GiveAwayは基本的には、下記の条件を入れて、応募フォームが作成されています。

 

GiveAwayの応募フォーム

  • フォロー
  • いいね & リツイート(拡散)
  • リプライにタグ付け、コメント(GiveAwayによってはない場合あり)
  • ディスコード参加(GiveAwayによってはない場合あり)
  • 期日(例:48時間以内、7/31まで 等)

 

ツイートから例をあげるなら、こんな感じです。


.

 

当選した場合、メタマスクのウォレットアドレスやディスコードIDなどが求められるので、あらかじめ用意しておきましょう。

また、NFTプレゼントの場合、当選したら企画者からエアドロしてもらうため、OpenSeaのアカウントが必要です。

 

エアドロ=NFTやトークンを無料配布するイベントのこと

 

メタマスクの作成方法やOpenSeaのアカウントの作成方法は下記記事で解説しています。

NFTデジタルアート作品とは?始め方や作り方・買い方・やり方を徹底解説!
NFTの始め方や買い方・作り方を100枚の画像付きで徹底解説【NFT売買方法】

続きを見る

 

ステップ②:ツイッターで募集をかける

企画者は、応募フォームを作成したら、ツイッターで募集をかけます。

 

先ほど紹介したイケハヤさんやしゅうへいさんのツイートのようなものをツイートします。

 

ステップ③:期間が過ぎたら当選者発表する

期日を迎えたら、当選者の発表をします。

 

まずは募集をかけたツイートのリプライや引用リツイートで当選者をタグつけして発表するのが一般的です。

 

こちらのイケハヤさんのツイートを参考にしてみてください。


.

 

ステップ④:NFT(またはホワイトリストやフリーミント権)送付案内のDMをする

当選者を発表したら、NFT送付案内のDMをします。

 

NFT送付方法としては、以下です。

  • DMにメタマスクのウォレットアドレスを送付してもらい、OpenSeaのアカウントへエアドロする
  • ホワイトリストやフリーミント権のGiveAwayの場合、当選者へ受け取り方法を案内する

 

自治会長
以上です!

次に、応募者の場合、どうやってGiveAwayのイベントを探せばいいのか?を紹介しますね✨

 

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)の探し方

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)の探し方

NFTのGiveAwayの探し方は、こちら。

 

  • ツイッターで探す

 

「NFT giveaway」や「#GiveAway」と検索すると、多くのNFTのGiveAwayが表示されます。

 

この中から、選んで応募してみると良いでしょう。(詐欺には注意!)

 

自治会長
たとえフリーミントされているとはいえ、NFTプロジェクトの活動内容等、ツイートを遡り、信頼できるプロジェクトかどうかを確認してから応募するようにしましょう!

 

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)の当選確率を上げる方法

GiveAwayの当選確率を上げるには以下があります。

 

  • リプライでNFTプロジェクトへの熱い想いをコメント
  • 引用リツイートで拡散
  • DMで企画者へ自身がホワイトリストを得られるメリットなどを伝える

 

例え条件がフォロー、いいね、リツイートだけだったとしても、当選する確率は低いでしょう。

 

企画者(GiveAwayのホスト)も人間です。

 

応募者の熱い想いが伝えてくれたり、自身にメリットをもたらしてくれる人に無料でNFTを与えたい想いがきっとあると思います。

 

自治会長
筆者もNFTのホワイトリストを複数もらったことがありますが、リプライしたり、タグつけしたGiveAwayからでした

 

こういった感じで、 NFTのGiveAwayは基本、ツイッター行われています。

ここでゲットするということですね✨

 

このように、獲得方法や条件はGiveAwayのホスト(企画者)が決めます。

 

自治会長
このへんは、NFTのホワイトリストを獲得する方法と同じだね✨

 

GiveAwayでゲットしたNFTエアドロの受け取り方【当選したあとNFTをもらう方法】

NFTのGiveAwayで当選したあと、NFTをもらう方法はこちら。

  • 自身のメタマスクのウォレットアドレスを企画者へDMで伝える

 

自治会長
まれにGiveAwayツイートの「リプライにウォレットアドレスをツイートして」という場合もありますが、一般的には多いのはDMへのアドレス送付です!

 

当選したら、感謝の気持ちをツイートやDMで伝えるようにしましょう✨

 

のちに企画者のタイミング、自身のOpenSeaアカウントへNFTを送付されます!

 

自治会長
NFTがエアドロで送られたあとは、転売(NFTせどり)してもいいし、コレクションとして大切に持っておくのもあなたの自由です!

 

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)とは?企画の始め方(やり方)やエアドロの受け取り方を解説!:まとめ

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)とは?企画の始め方(やり方)やエアドロの受け取り方を解説!今回は、NFTのGiveAway(ギブアウェイ)の概要、GiveAwayの当選確率を上げる方法、メリットや探し方、そして企画のやり方(始め方)を紹介しました!

 

GiveAwayに参加することで、NFTを無料でゲットできるため、参加しない手はないですね!

また、GiveAwayを開催する側もNFTを無料で配布する代わりに、プロジェクトに貢献できて信用を得たり、フォロワーを増やすことが出来るため、大きなメリットがあります。

 

※ NFTを始めるには、仮想通貨が必要です。
NFT始めたいけど、まだ口座開設してない方は、申請してから口座開設まで「数日かかる」ので、まずはコインチェックなどの取引所に登録してから本記事を読み進めると良いですよ✨
(口座開設は無料です)

 

まずはコインチェックに登録しておこう

コインチェック無料で開設できて、業界最大手なので初心者でも安心です。

口座の開設には審査(数日かかる)が必要なので、早めに口座開設の申請をしておくと良いでしょう✨

コインチェック

しかも、コインチェックでは、1,500円のビットコインが貰えるキャンペーンを9月までやってます!(予算がなくなり次第、終了)

» コインチェックで1,500円分のビットコインが貰えるキャンペーン中🎁【早いもの勝ち】 

 

NFTは、まだまだ市場がこれから伸びていくとされている楽しみな分野です。

 

いまのうちからNFTの世界に足を踏み入れておくことで、先行者利益が得られます。

 

フリーミントでNFTを獲得したら、下記記事を参考に、二次流通をしてみて、利益を得てみてください。

 

✓NFTの始め方

NFTデジタルアート作品とは?始め方や作り方・買い方・やり方を徹底解説!
NFTの始め方や買い方・作り方を100枚の画像付きで徹底解説【NFT売買方法】

続きを見る

 

また、簡単に自身でNFTを作ることもできます。

自治会長
下記記事を参考に、自身のNFT作成にチャレンジしてみてくださいね✨

 

✓【NFT化】ピクセルアート (ドット絵) 作り方

【NFT】ピクセルアート (ドット絵) 作り方・始め方【クリプトパンクスみたいな絵を作って販売する方法】
【NFT化】ピクセルアート (ドット絵) 作り方・始め方【クリプトパンクスみたいな絵を作って販売する方法】

続きを見る

 

✓【簡単】NFTイラスト販売方法5ステップ

【簡単】NFTイラスト販売方法5ステップをわかりやすく紹介【失敗しない手順解説】
【簡単】NFTイラスト販売方法5ステップをわかりやすく紹介【失敗しない手順解説】

続きを見る

 

✓NFTで写真を販売する手順

NFTで写真を販売する手順【NFT発行して売っても問題なしです】
NFTで写真を販売する手順【NFT発行して売っても問題なしです】

続きを見る

 

error: Content is protected !!

© 2022 STEPN・NFT・投資ブログ from 自治会長 Powered by AFFINGER5