NFT Web3

【簡単】NFTイラスト販売方法5ステップをわかりやすく紹介【失敗しない手順解説】

2022年2月9日

【簡単】NFTイラスト販売方法5ステップをわかりやすく紹介【失敗しない手順解説】

奥さん
なんか最近 NFTって言葉よく聞くよね!NFTって一体何?どうやって始めるの?例えば私の書いた絵とか、撮った写真とか売れるの?始め方をわかりやすく教えてほしいなぁ✨

 

イラスト販売は、今までココナラクラウドワークスなど、クラウドソーシングで募集して販売してる方が多かったよね。
でも、新しい選択肢の「NFT化して売る」ことも出来るんだよ!
自治会長

 

本記事の内容

  • NFTアートとは?を紹介
  • 人気のNFTアートを作る方法5ステップ
  • NFTの超メリット「ロイヤリティ」について紹介

 

筆者のボクは、これまでNFTを数点売買しました。

 

NFTは「コレクションを複数作る」ことも可能なので、絵柄やコンセプトによって1つのアカウントでコレクションを分けて出品することが可能です!

 

もちろんコレクションの作品を見えるようにしたり、隠すことも可能で自由に「NFT作品の見せ方」を演出することが出来ます☆

 

実質、ココナラやメルカリ、クラウドワークスとそんなに変わりはありません。

 

クライアントとの「マメなメールのやりとり」も配送の手間もかかりません。

 

NFTで出品するほうが楽だし、今の時代に合っていて「おしゃれ」なイメージさえあります☆

 

※「NFTイラスト販売」始めたいけど、まだ口座開設してない方は、取引所に登録してから口座開設まで「数日かかる」ので、まず先に登録してから本記事を読み進めると良いですよ☆

 

コインチェックを利用する場合、登録・口座開設の申し込み・審査などがあるため、口座開設まで数日かかります

 

まずはコインチェックに登録しておこう

ダイエットが続かなくて悩んでる方に最適な「稼ぎながら健康になれる」アプリが登場!

イラストをNFT化するためには、仮想通貨が必要なのでコインチェックなどの取引所に口座を開設しておきましょう☆

(コインチェックは無料で開設できて、業界最大手なので初心者でも安心です)

コインチェック

【簡単】コインチェックの口座開設方法と手順・入金・買い方を画像付きで分かり易く解説【NFT準備】
【簡単】コインチェックの口座開設方法と手順・入金・買い方を画像付きで分かり易く解説【NFT準備】

続きを見る

しかも、コインチェックでは、2,500円のビットコインが貰えるキャンペーンを6月までやってます!(予算がなくなり次第、終了)

» コインチェックで2,500円分のビットコインが貰えるキャンペーン【早いもの勝ち】 

 

✔︎【関連記事】「STEPN始め方」

「STEPN」の始め方と稼ぎ方【NFTアプリで歩くor 走って稼ぐ方法】
【100枚画像付】STEPNの始め方と稼ぎ方【NFTアプリで歩くor 走って稼ぐ方法】

続きを見る

 

【簡単】NFTイラスト販売方法をわかりやすく紹介【失敗しない手順解説】

まず、NFTとは何か?から紹介します☆

 

NFTとは『デジタルデータに対し、唯一無二な資産的価値を付与し、新たな売買市場を生み出す技術であり、ブロックチェーンの技術を用いたデジタル資産』のことです。

 

NFTを販売するまでのイメージは下の画像の通りです。

【簡単】NFTイラスト販売方法をわかりやすく紹介【失敗しない手順解説】

 

超簡単に1言で紹介すると、「NFT」という名のデジタル画像に唯一無二のIDをつけて、販売することです✨

 

NFTを出品すると下のような世界に1つだけのID(トークンID)が配布されます。

 

このIDはブロックチェーンという技術を使っていて、情報を複製したり改変できない技術が使われていて、「世界で1つだけの作品」として信用が担保されています。

 

絵が描けない場合は外注もアリ

絵が苦手なんだよね...」という場合は「外注して描いてもらう→NFT出品」もアリです。

 

ココナラというサービスを使えば、1,000〜2,000円ほどでイラストを描いてもらえます。

 

NFTアートの価値に「上限はない」ので、外注費用はすぐに回収できると思います。

 

ココナラは無料で登録できるので、気になるイラストレーターさんを見つけてみてください☆

» ココナラに無料登録して絵師をチェックしてみる



 

【簡単】NFTでイラストや写真販売(発行)する手順5ステップ

絵をNFTアートで販売できるなんて素晴らしい♫✨

【簡単】NFTでイラストや写真販売(発行)する手順5ステップ

 

👇 シンプルに解説すると、「OpenSea」などのNFTマーケットプレイスに絵や写真を出品する手順は下の5ステップです☆

NFT出品までの5ステップ

  • 1.コインチェックで口座開設→イーサリアムを買う
  • 2.メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  • 3.メタマスクに仮想通貨イーサリアムを入金する
  • 4.NFTマーケットプレイス「OpenSea」にログインする
  • 5.OpenSeaでNFTアートを販売する

 

イラスト(絵)や写真をNFT販売する方法【もっと詳しく画像解説つきで教えてほしい】

イラスト(絵)や写真をNFT販売する方法【もっと詳しく画像解説つきで教えてほしい】

NFT販売方法を簡単5ステップで紹介しましたが、「画像たくさんで紹介してほしい!」という方もいらっしゃると思うので、ここから画像と共に紹介します✨

 

推奨デバイス環境:パソコンで本記事閲覧しつつ、別タブを開いて登録作業

 

コインチェックで口座開設→イーサリアムを買う

NFT出品までの5ステップ

  • 1.コインチェックで口座開設→イーサリアムを買うココ
  • 2.メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  • 3.メタマスクに仮想通貨イーサリアムを入金する
  • 4.NFTマーケットプレイス「OpenSea」にログインする
  • 5.OpenSeaでNFTアートを販売する

 

NFTを売買するために、「イーサリアム」と呼ばれる「仮想通貨」が必要です。

※NFTを売る側も初回出品時はガス代(手数料)がかかるので、仮想通貨イーサリアムが必要

 

イーサリアムを入手するため、まずは仮想通貨取引所のアカウントを作成します。

 

本記事では、全取扱通貨で500円から購入可能の大手の「コインチェック」を例に、口座開設の手順を紹介します☆

コインチェックでは、2,500円のビットコインが貰えるキャンペーンを6月までやってます!(予算がなくなり次第、終了)

» コインチェックで2,500円分のビットコインが貰えるキャンペーン【早いもの勝ち】 

 

コインチェックに登録するために準備するもの

コインチェック口座開設の流れ

  1. アカウント登録
  2. 本人確認
  3. 二段階認証
  4. 「イーサリアム」購入

 

コインチェックに登録の流れ

 

では順に解説していきます。

 

アカウント登録

Coincheckにログイン後、画面下の「口座解説はこちら」緑のボタンをクリックします。

Coincheckにログイン後、画面下の「口座解説はこちら」緑のボタンをクリック

 

まず、メールアドレスを登録してアカウントを作成するところから行います☆

 

コインチェックの公式サイトにアクセスします。

 

そして、画面右上にある「新規登録」のタブ内にある「取引アカウント」をクリックします。

【コインチェックアカウント登録】画面右上にある「新規登録」のタブ内にある「取引アカウント」をクリック

メールアドレスとパスワードの入力を終えたら「メールアドレスで新規登録」をクリック。

(メールアドレス以外でFacebookアカウントやAppleアカウントで登録することも可能です)

 

メールアドレスとパスワードの入力を終えたら「メールアドレスで新規登録」をクリック。

 

入力したアドレスにメールが届きます。

 

メール内に記載されているURLをクリックするとアカウントとメールアドレスの登録は完了します☆

 

メール内に記載されているURLをクリックするとアカウントとメールアドレスの登録は完了します☆

 

パスワードは大切に保管しておきましょう。

(自分だけ見れるように管理)

 

本人確認

では次は本人確認です。

 

先ほど送られてきたメールに記載されたリンクをクリックすると、下記画像のコインチェックのトップページに画面が移ります☆

 

ログイン」→「取引アカウント」をクリック。

コインチェックで「ログイン」→「取引アカウント」をクリック。

 

すると、ログインページに移ります。先ほど登録したばかりのメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

 

【コインチェック】先ほど登録したばかりのメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

 

本人確認を行う前に、重要事項の確認を行い、同意しなければ次に進めませんので、「確認」してOKであれば「✔︎」を入れていきます☆

 

各種重要事項をクリックする」をクリックして、各種重要事項を確認して、全てしっかり読み、1つずつ「✔︎」を入れていきます。

 

コインチェックの「各種重要事項をクリックする」をクリックして、各種重要事項を確認して、全てしっかり読み、1つずつ「✔︎」を入れていきます。

 

全てに「✔︎」を入れたら、「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリック。

 

本人確認書類を提出する画面になりますので、下の画像の「本人確認書類を提出する」をクリック。

 

【コインチェック】本人確認書類を提出する画面になりますので、下の画像の「本人確認書類を提出する」をクリック。

 

本人確認書類を提出する前に、スマホの電話番号の認証が必要になります。

 

本人確認書類を提出する」を押したあと、下の画面に移り、「電話番号認証」が求められるので、入力。

【コインチェック】「本人確認書類を提出する」を押したあと、下の画面に移り、「電話番号認証」が求められるので、入力。

 

入力が終わった後に「SMSを送信する」を押します。

 

するとコインチェックの認証コードがスマホに送信されるので、スマホを確認し、「6桁の番号」を入力。

 

ここまで完了すると「本人確認書類を提出する」というボタンが現れるので、クリック。

【コインチェック】ここまで完了すると「本人確認書類を提出する」というボタンが現れるので、クリック。

 

「個人の方はこちら」と「法人の方はこちら」というボタンが現れます。

 

適切なほうを選び、クリック。

 

すると下の画像のような本人確認書類の提出画面へ。

 

【コインチェック】本人確認書類の提出画面

 

個人情報の入力」が求められるので、1つずつ順番にすべて記入します。

 

本人確認書類や補完書類のアップロード

次に※IDセルフィ―画像のアップロードのセクションに入ります。

※ IDセルフィーとは免許証などの本人確認書類を自ら持ち、顔全体と同じ画面にキャプチャした画像のこと

 

【コインチェック】IDセルフィ―画像のアップロード画面

 

画像が正確に撮影されていない場合はコインチェックから再提出が求められるので、慎重に撮影します。

 

  • 運転免許証 
  • パスポート 
  • 個人番号カード 
  • 住民基本台帳カード 
  • 運転経歴証明書 

 

コインチェック登録時の本人確認書類にはこれらがあります☆

 

撮影が完了したら「本人確認書類を提出する」をクリック。

 

「本人確認書類の確認」が完了すると、コインチェックから本人確認完了のメールが届きます✨

 

コインチェックの口座開設までにかかる時間

コインチェックの口座を開設が完了するまでにかかる時間は、公式サイトの記載によると「申し込みから完了までに一定の時間が必要」「早ければ、申し込みから数日程度ですべての手続きが完了して、口座開設が完了することもあります」と説明されてます☆

 

二段階認証

コインチェックでは安全な取引のために、セキュリティ認証の強化としてSMSやGoogleの認証アプリの (Google Authenticator / iOS, Android) で二段階認証を採用してます。

 

こちらに「認証アプリ」のリンクを置いておきますので、事前に確認しておくと良いです。

(コインチェックログインの際に、毎回二段階認証を行なってログインします)

 

Googleの認証アプリの(Google Authenticator/iOS, Android)の画像

 

日本円をコインチェックに「入金」する方法

では次に、コインチェックに日本円を入金して仮想通貨 (ビットコインやイーサリアムなど) の購入する方法の解説に入ります☆

 

まずはコインチェックのこちらの画像の左のウォレットの下にある「日本円の入金」をクリック。

 

コインチェックのこちらの画像の左のウォレットの下にある「日本円の入金」をクリック。

 

日本円の入金方法

日本円の入金方法は下の3種類です。

 

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

 

入金がコインチェックで確認できた時点で口座に日本円の入金が完了します。

 

コインチェックの口座への入金方法

 

ちなみに筆者は毎回、銀行振込です。

 

「GMOあおぞらネット銀行」or「住信SBIネット銀行」で入金

「銀行振込」を選択した場合、「GMOあおぞらネット銀行」か「住信SBIネット銀行」のどちらかを選択して指定の口座へ入金します。

(選択すると選んだ銀行の下の情報が表示されるので、最寄りの銀行に行ってATM画面に入力して振り込む)

 

「GMOあおぞらネット銀行」or「住信SBIネット銀行」どちらかで入金する

 

コインチェックからの入金では、住信SBIネット銀行・GMOあおぞら銀行からの振込手数料が無料です☆

 

ただ、それ以外の銀行からの入金であれば手数料は自己負担になります。

 

日本円の入金が完了すると「総資産」に入金した額が表示されるようになります。

反映まですこし時間がかかります

 

コインチェック「アプリ」からの入金方法

スマホアプリからの入金方法も解説しておきます。

 

まずスマホでコインチェックアプリを開きます。あとは以下の手順です。

 

コインチェック「アプリ」からの入金方法

  1. 「ウォレット」をタップ
  2. 「入出金」をタップ
  3. 「入金」をタップ
  4. 「GMOあおぞらネット銀行」or「住信SBIネット銀行」どちらかをタップ
  5. 選んだほうの振込先の口座情報が表示されるので、そちらに入金します(スクショなどして保存しておくと便利です)

 

買い方【販売所の場合】

販売所での購入方法です。パソコンからが簡単。

 

1.コインチェックに二段階認証でログイン

 

2.ホーム画面左のほうの「販売所(購入)[暗号資産の購入]」をクリック

買い方【コインチェック使い方:販売所】ホーム画面左のほうの「販売所(購入)[暗号資産の購入]」をクリック

 

3.買いたい通貨を選択し(ビットコインがデフォルトで選択されています)、「数量」に通貨単位の数量を入力

 

買い方【コインチェック使い方:販売所】買いたい通貨を選択し(ビットコインがデフォルトで選択されています)、「数量」に通貨単位の数量を入力

 

4.合計金額を確認。日本円(JPY)で「合計」の部分に表示されるので、問題なければ「購入する」をクリック

 

5.購入が完了

 

自治会長
お疲れ様でした☆

 

「購入する」ボタンを押した後のキャンセルは出来なにので慎重に入力し、「購入ボタン」を押しましょう

 

買い方【取引所の場合】

イーサリアム買い方【取引所の場合】

取引所での購入方法がこちらです。

 

仮想通貨を購入する場合、コインチェックトップページが取引所の画面になっています。“板” と呼ばれているものです。

 

取引所で購入する際は、「買い板 / 売り板」の欄の「レート」に記載している金額の部分をタップ。

 

すると上記画像の左に表示されている「現物取引」の欄にタップした部分の数量が反映します。

 

その後、「概算」に買いたい分の日本円の金額を入力します。

(10,000円分買いたい場合は「10000」と入力)

 

「注文量」で数量を入力してもOKです。小数点以下 (0.1など) の入力も可能です☆

 

「概算」部分を確認して問題なければ「買い」→「注文する」をクリックして注文が完了です。

概算部分はよく確認しておきましょう

コインチェックを見てみる

 

メタマスク(ウォレット)を作成する

MetaMaskをダウンロードし、ウォレットを作成しておく

NFT出品までの5ステップ

  • 1.コインチェックで口座開設→イーサリアムを買う
  • 2.メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成するココ
  • 3.メタマスクに仮想通貨イーサリアムを入金する
  • 4.NFTマーケットプレイス「OpenSea」にログインする
  • 5.OpenSeaでNFTアートを販売する

 

「OpenSea」などのNFTプラットフォームを利用する場合は、仮想通貨の資金管理のためにウォレットを作成する必要があります。

 

コインチェックでは、「GoogleChrome」・「Firefox」のブラウザを推奨しています。

 

ウォレットはChromeウェブストアからダウンロードが可能で最もメジャーな「MetaMask (メタマスク) 」を使います☆

【NFT】ウォレットはChromeウェブストアからダウンロードが可能なこの「MetaMask(メタマスク)」を使う

 

ダウンロードするために、右上の「Chromeに追加」をクリックすると、以下の画面に切り替わります。

MetaMaskのセットアップ画面【メタマスクが初めての場合の画像】

 

右側の「ウォレットの作成」をクリック。

 

以下のような「MetaMaskの品質向上へのご協力のお願い」が表示されるので、「同意します」を選択。

NFT「MetaMaskの品質向上へのご協力のお願い」が表示される

 

すると次に、パスワードの設定が求められます。

MetaMaskのパスワードの設定画像

 

パスワードの設定が完了すると下の画像の「秘密のバックアップフレーズ」の画面に移ります☆

MetaMask「秘密のバックアップフレーズ」の画面

 

秘密のバックアップフレーズ」は登録しておくとアカウントの復元やバックアップがしやすくなります。

 

8個のこのワードを組み合わせて「秘密のバックアップフレーズ」を設定します。

メタマスクの「アドレス」とは違うので注意してください

 

設定後は大切に保管します。

ウォレットはその名の通り、仮想通貨の財布そのものなので、バックアップフレーズは絶対に人に教えないようにしてください

 

メタマスクにNFT売買に必要なイーサリアムを入金

NFT出品までの5ステップ

  • 1.コインチェックで口座開設→イーサリアムを買う
  • 2.メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  • 3.メタマスクに仮想通貨イーサリアムを入金するココ
  • 4.NFTマーケットプレイス「OpenSea」にログインする
  • 5.OpenSeaでNFTアートを販売する

 

作成したウォレットに、コインチェックで購入したイーサリアム送金が完了すると、「OpenSea」でNFTの売買が可能になります☆

買うときだけウォレットに入金すれば良いかと思いきや、初回販売時にガス代 [手数料] がかかるので出品する場合にもある程度の金額を入金しておく必要があります

※現状(2022年4月15日)では、1〜2万円ほどのイーサリアムが必要

 

ちなみにガス代は2回目のNFT販売時には無料です。
また、ポリゴンNFTにてNFT化する場合は出品1回目でもガス代無料らしいです(筆者はポリゴンを使ったことがありません)

※ポリゴンNFTはイーサリアムNFTよりも遥かに市場が小さいので、個人的にはオススメしません

 

1.GoogleChromeの拡張機能 (画面右上のパズルのようなアイコンをクリックして選択)から、メタマスクのマークをクリックし、起動

(画面右上のパズルマークを押してMetaMaskを選択すると表示されます)

GoogleChromeの拡張機能 (画面右上のパズルのようなアイコンをクリックして選択) から、MetaMaskのマークをクリックし、MetaMaskを起動

 

2.メタマスクをクリックして先ほど設定したメタマスクのパスワードを入力して「ロック解除」をクリック

MetaMaskをクリックして先ほど設定したMetaMaskのパスワードを入力して「ロック解除」をクリック

 

3.「ロック解除」すると、メタマスク上部にあなたのアドレスが表示されるので、クリックしてクリップボードにコピー

【MetaMaskへイーサリアム送金】「ロック解除」すると、MetaMask上部にあなたのアドレスが表示されるので、クリックしてクリップボードにコピー

 

4.コインチェックに2段階認証でログインし、先ほど購入したイーサリアムをメタマスクへ送金する準備

» 二段階認証についてはこちら

ここでは「コインチェック」でのウォレット入金方法を解説してますが「ビットフライヤー」でも手順は同じです

 

コインチェックに2段階認証でログインし、先ほど購入したイーサリアムをMetaMaskへ送金

 

5.コインチェック画面のメニューから「コイン送金」を選択(このとき画像のように送金手数料がかかります)

 

6.送金する通貨は「Ethereum」を選択

 

7.宛先に先ほどMetaMaskでコピーしたMetaMaskアドレスを画像の「宛先を追加/編集」 を選択してペースト(これでコインチェクにメタマスクアドレス登録が完了)

 

8.宛先の右端にある ⌄ をクリックして、いま追加したメタマスクアドレスを選択

 

9.メタマスクに送金したい金額を入力(単位に注意して入力)

 

10.「次へ」をクリック

 

11.「申請内容の確認」の画面が表示されるので、確認して問題がなければ2段階認証アプリ (Google Authenticator)に表示されている数字を入力して「申し込みを確定する」をクリック

(送金手数料も込みで合計金額が表示されます。送金しようとしてるETHの金額が日本円でいくらか?電卓などで計算しておくと安心です🙆‍♂️)

【MetaMaskへ送金】「申請内容の確認」の画面が表示されるので、確認して問題がなければ2段階認証アプリ (»Google Authenticator) に表示されている数字を入力して「申し込みを確定する」をクリック

 

12.送金完了

しばらく待つとメタマスクへ入金が反映されます

 

これでウォレットの準備はOKです。次のOpenSea登録が完了するといよいよ「NFTの売買」可能です✨

 

「OpenSea(オープンシー)」登録手順

NFT出品までの5ステップ

  • 1.コインチェックで口座開設→イーサリアムを買う
  • 2.メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  • 3.メタマスクに仮想通貨イーサリアムを入金する
  • 4.NFTマーケットプレイス「OpenSea」にログインするココ
  • 5.OpenSeaでNFTアートを販売する

 

「OpenSea」の登録手順は以下です。

 

1.「OpenSea」のサイトにアクセスする

OpenSea(オープンシー)登録手順 作成をクリックする画像

 

2.「Create(作成)」をクリックし、「OpenSeaのアカウント」を作成します。作成をすすめるとメタマスクが自動で起動

 

3.「Sign In(サインイン)」をクリックし、「OpenSea」と「メタマスク」を紐づけると登録完了

 

「OpenSea」でNFTを販売する手順

自治会長
筆者も作品(イラスト)をNFT化して出品してますが、OpenSeaで出品しました☆

 

NFT出品までの5ステップ

  • 1.コインチェックで口座開設→イーサリアムを買う
  • 2.メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  • 3.メタマスクに仮想通貨イーサリアムを入金する
  • 4.NFTマーケットプレイス「OpenSea」にログインする
  • 5.OpenSeaでNFTアートを販売する ←ココ

 

ーOpenSeaでNFTを作成して販売する手順ー

NFT出品する手順の解説


1.OpenSea公式サイトの右上の「Create」を選択

 

2.「メタマスク」が起動するので「署名」を選択

 

下のような画像になるので、1つずつ入力していきます✨

NFTを作成して出品する手順-create item-

 

3.NFTにしたい画像ファイルなどをドラッグ & ドロップまたは選択

 

4.NFTの作品名を記入

 

5.作品の紹介をしている自分サイトがあればURLを記入

 

6. NFTアート作品の概要

 

【OpenSea】NFTアート作品の概要を入力画像


7. イーサリアムNFTでの販売かポリゴンNFTでの販売かの選択 (ポリゴンNFTは手数料がイーサリアムよりも安いです)

 

8.「作成」を選択

 

これで出品できます☆

 

この状態ではまだNFTは市場に出てません(販売は出来ていません)。

「OpenSea」プラットフォームで作品は見れる状態ですが、まだ現状で「販売されていない(市場に出てない)」状態です

 

では、市場に出す(販売する)手順を次で解説します!

 

ーNFT販売する(市場に出す)手順ー

9. 先ほどOpenSeaにアップロードした画像を選択し、Sellをクリック

NFT販売する(市場に出す)手順

 

下の画面に遷移するので、項目を上から順に1つずつ入力していきます。

※Google翻訳で日本語にすることが可能

NFT販売する(市場に出す)手順

 

10.固定価格(Fixed Price)で売るか、オークション(Timed Auction)にするか選択

 

「固定価格」はその名の通り、固定価格で売るという意味です。

 

「オークション」はオークション期間を設定して入札形式で落札されればその価格で売ることが出来ます。

 

11.売りに出す期間を入力

※期間が終了したら、市場に出ていない状態に戻ります。2回目以降は、再び同じ手順で市場に出すことができます(2回目以降はガス代無料)

 

12.NFTの希望販売価格を入力

 

この順で入力し、間違いなければ「Complete listing」を選択します。

 

すると、ここで「メタマスク」 が自動で発動します。

 

ここで販売する手続きの際に「ガス代」というものがかかります。ガス代とは手数料のことです。

NFTのガス代とは?無料の場合や手数料が発生するタイミング徹底解説!
NFTのガス代とは?無料の場合や手数料が発生するタイミング徹底解説【OpenSea】

続きを見る

 

13.内容を確認し、問題がなければ「署名」をクリック

 

14. OpenSeaのマーケットへ出品完了

 

自治会長
これで絵や写真が実際にNFTとして販売されました!おめでとうございます☆

 

「NFT販売」の超メリット「ロイヤリティ」

「NFT販売」の超メリット「ロイヤリティ」

誰かが最初に作成したNFTアートを購入して、さらにそれを販売して市場に流通させることを「NFTの2次販売」と言います。

 

「OpenSea」では取引額の数%がNFTクリエイターに還元される仕組みを採用しています。

 

これを「ロイヤリティ」と言います。

(OpenSeaの自身のアカウント設定にてロイヤリティは変更できます[0〜10%で選択])

 

NFTでイラストや写真などを出品するにあたり、ロイヤリティを10%に設定して売れれば、継続的に10%の利益が最初のNFT発行者に収入が入り続ける点はNFTの大きなメリットです。

(2次、3次、4次...10次流通しても購入され続ける限り最初のNFT販売者には入り続けます[2次販売者〜にはロイヤリティは入りません。転売時の設定した価格のみ収入が入る])

 

例としてこちらをご覧ください☆

AさんがBさんに3万円で購入したNFTを転売したら3,000円のロイヤリティ
BさんがCさんに10万円で購入したNFTを転売したら10,000円のロイヤリティ
CさんがDさんに20万円で購入したNFTを転売したら20,000円のロイヤリティ

 

NFTアート作成者にとって嬉しいシステムですよね🙆‍♂️

 

おさらい:NFTでイラストや写真販売(発行)する手順5ステップ

よ〜し!やる気が出てきたぞ〜🔥

NFTでイラストや写真販売(発行)する手順5ステップ

NFTマーケットプレイスに絵や写真を出品する手順は下の5ステップでしたね☆

 

NFT出品までの5ステップ

  • 1.コインチェックで口座開設→イーサリアムを買う
  • 2.メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  • 3.メタマスクに仮想通貨イーサリアムを入金する
  • 4.NFTマーケットプレイス「OpenSea」にログインする
  • 5.OpenSeaでNFTアートを販売する

 

最後に:NFTイラスト販売方法をわかりやすく紹介【失敗しない手順解説】

NFTイラスト販売方法をわかりやすく紹介【失敗しない手順解説】

今回は、ココナラやメルカリなどを介さずに「絵や写真などをNFTとして販売する」手順5ステップを紹介しました☆

 

イラストや写真を「NFTとして販売」すれば、クライアントとのメールでの調整もいりませんし、他にもいろんな作業の手間が省けます。

 

NFTで販売するのは5ステップと手軽で簡単なので、これからイラスト販売の主流になるのではないか?と筆者は予想してます。

 

実際に筆者はNFTを売買してますが、便利だし、楽しいです✨

 

気になる場合は、おすすめなのであなたの作品をぜひ一度NFTでの出品を試してみてはいかがですか?

 

✔︎NFT始め方

NFTデジタルアート作品とは?始め方や作り方・買い方・やり方を徹底解説!
NFTとは?始め方や買い方・作り方を100枚の画像付きで徹底解説【NFT売買方法】

続きを見る

 

✔︎NFTゲーム

【GameFiとは】NFTゲームで稼ぐ方法とお薦めゲーム紹介【Web3で注目】
【GameFiとは】NFTゲームで稼ぐ方法とお薦めゲーム紹介【Web3で注目】

続きを見る

 

✔︎【関連記事】「STEPN始め方」詳しく紹介

「STEPN」の始め方と稼ぎ方【NFTアプリで歩くor 走って稼ぐ方法】
【100枚画像付】STEPNの始め方と稼ぎ方【NFTアプリで歩くor 走って稼ぐ方法】

続きを見る

 

-NFT, Web3
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 STEPN・NFTブログ from 自治会長 Powered by AFFINGER5