NFT

【TwitFi】Mint(ミント)とは?条件や費用・価格、やり方を紹介!

悩む人
TwitFiのMint(ミント)について知りたい。Mintの条件や費用、やり方も教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • TwitFi(ツイートファイ)とは?
  • TwitFi(ツイートファイ)のMint(ミント)とは?
  • TwitFi(ツイートファイ)のMintするための条件と費用・コスト
  • TwitFi(ツイートファイ)でMintしたエッグNFTの出現確率
  • TwitFi(ツイートファイ)のMintのやり方
  • TwitFi(ツイートファイ)の各種リンクまとめ

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。また、筆者はICLに所属しており、仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

TwitFiのMintの条件や費用、やり方を詳しく知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

ここ最近、プレイすることで仮想通貨が稼げるPlay to Earnゲームが人気です。その中でも最近、注目を集めていて人気なのが「TwitFi(ツイートファイ)」です。

そこで今回は、実際にTwitFiをプレイしている僕が「TwitFi(ツイートファイ)」のMint(ミント)の条件や費用、やり方を中心に、ていねいに解説していきます。

TwitFiを始めるためには、仮想通貨が必要なので、仮想通貨取引所の口座が必要です。

なので、数々の国内 No.1の実績あり・最短即日で取引可能・各種手数料が無料ビットフライヤに無料登録してイーサを買って準備しておきましょう。

\ 各種手数料が無料✨/

ビットフライヤーに登録する

 

TwitFi(ツイートファイ)とは?

ゲーム名 TwitFi(ツイートファイ)
対応言語 日本語、英語
対応デバイス PC、iOS、Android
トークン TWT
ブロックチェーン ETH
公式サイト TwitFi公式サイト

TwitFiは、Twitterで#TwitFiをつけてツイートすることで仮想通貨TWTが稼げるWeb3SNSです。

TwitFiにアクセスしてウォレットとTwitterアカウントを連携させて、鳥のNFTを購入すればあとはいつものようにTwitterでつぶやくだけ。

ゲーム内容や各種便利アイテムについて詳しく解説している下記の記事も参考にしてみてください。

» TwitFi(ツイートファイ)の始め方と稼ぎ方、ゲーム内容・ルールについて徹底解説!

クリプトぱぱ
それでは、次章でMintについて詳しく解説していきます。

 

TwitFi(ツイートファイ)のMint(ミント)とは?

TwitFiのMintとは、レベルC以上の鳥NFTを2つ用意し、ETHを支払うことで、新しい「エッグNFT」を産むことです。

用意した2つの鳥NFTは、ミントしてもなくなりません。

また、一度ミントすると次のミントまで72時間できず待たなければなりません。

ちなみに1つの鳥NFTをミントできる回数は3回まで。

Mintの特徴をまとめると以下です。

  • MintにはレベルCの鳥NFTが2体必要
  • MintにはETHが必要
  • Mintしても鳥NFTはなくならない
  • Mintしてから次のMintまで72時間必要
  • Mintは1つの鳥NFTで3回まで
  • レベルに応じてもらえる卵のレア度がちがう
  • Mintした卵はOpenSeaで販売が可能
  • Marketで買うよりMintのほうが安い

 

TwitFi(ツイートファイ)のMintの条件と費用・コスト

TwitFiのMintするための条件は以下のとおり。

  1. 鳥NFTのレベルC以上を2体用意
  2. ETHを支払う

 

①鳥NFTのレベルC以上を2体用意

手持ちの鳥NFTのレベルC以上を2体用意することで、Mintが可能です。

レベル上げには以下のようにレベルによってかかるコストがちがいます。

レベルCを2体育てるには計19,000TWTが必要です。

 

②ETHを支払う

Mintするには費用(ETH)がかかります。

必要なETHは鳥NFTのレベルと現在のレア卵の価格によって変化します。

例えば、レア卵の現在の価格が0.098ETHの場合、鳥NFTのレベル別のミント費用・価格は以下のとおりです。

どちらもレベルA 0.12ETH
どちらかがレベルB 0.06ETH
どちらかがレベルC 0.06ETH

 

TwitFi(ツイートファイ)でMintしたエッグNFTの出現確率

「エッグNFT」の出現率は、準備する鳥NFTのレベルによって以下のように異なります。

どちらもレベルAであればエピックエッグが出現する確率は70%とかなり高いですね。

 

また、レアエッグとエピックエッグから出現する鳥NFTは以下の確率で出現します。

※ 大作=エピックエッグ

エピックエッグであれば鳩と白鳥が確実にGETできます。

クリプトぱぱ
鳥NFTのレア度が高いほどもらえるTWTの量は増えるので、エピックエッグをGETしたいところですね。

下記は鳥の種類とレア度別の1ツイートでもらえるTWT獲得量です。

 

TwitFiのゲーム内容やルール、アイテムの効果・効用については以下で詳しく解説しています。

» TwitFi(ツイートファイ)の始め方と稼ぎ方、ゲーム内容・ルールについて徹底解説!

 

TwitFi(ツイートファイ)のMintのやり方

Mintのやり方は以下のとおりです。

  1. 鳥NFTのレベルC以上を2体用意
  2. TwitFiにて「Mint」をクリック
  3. レベルC以上の鳥NFTを2体選択
  4. 「Mint」をクリック
  5. ETHを支払う

 

TwitFi(ツイートファイ)の各種リンクまとめ

最後にTwitFiの各種リンクをまとめておきます。

最新情報はTwitterをチェックするのがおすすめです。

 

【TwitFi】Mint(ミント)とは?条件や費用・価格、やり方についてのまとめ

 今回は、TwitFiのMint(ミント)とは何か?そしてMintの条件や費用、やり方について詳しく解説しました。

最後にMintの特徴をまとめておきます。

  • MintにはレベルCの鳥NFTが2体必要
  • MintにはETHが必要
  • Mintしても鳥NFTはなくならない
  • Mintしてから次のMintまで72時間必要
  • Mintは1つの鳥NFTで3回まで
  • レベルに応じてもらえる卵のレア度がちがう
  • Mintした卵はOpenSeaで販売が可能
  • Marketで買うよりMintのほうが安い

昨今、Play to Earnゲームの人気がみるみるうちに拡大しています。

play to earn gameの1つであるTwitFi(ツイートファイ)もこれから拡大していくNFT市場と共に、波乗りしてさらに普及する可能性があります。

また、全世界におけるTwitter月間アクティブユーザー数は3億3,000万人との統計があり、TwitFiのユーザーは今後増えていくことが予想されます。

早めに始めて参入しておくことで、ゲームの初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

 

TwitFiを始めるためには、仮想通貨が必要なので、仮想通貨取引所の口座が必要。

なので、国内最大級の仮想通貨取引所のビットフライヤに無料登録してイーサリアムを事前に購入しておくといいでしょう。

\ 各種手数料が無料✨/

ビットフライヤーに登録する

 

コインチェック    bitflyer

当サイトで表記している「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指しています。

error:

© 2023 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5