NFT

【NFT】John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)とは?特徴や買い方、ホワイトリスト(アローリスト)獲得方法を解説

悩む人
NFTのJohn Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)について詳しく知りたい。John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の特徴や買い方、WL(AL)の獲得方法を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)とは?
  • John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の特徴
  • John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)のホワイトリスト(アローリスト)獲得方法
  • John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の買い方
  • John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)を購入する際の注意点
  • John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の各種リンクまとめ

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の概要や特徴、買い方やALの獲得方法を知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)とは、スパイをモチーフにしたイラスト系のNFTプロジェクト(コレクション)のことです。

【NFT】John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)

今回は、実際にNFTコレクションを運営している筆者が、NFT「John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)」の概要や特徴・買い方からホワイトリスト(アローリスト)獲得方法などを解説していきます。

今回の記事を読むことで、John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)に関する理解が深まるはずです。

 

なお、NFTを買う場合や管理する場合には仮想通貨イーサリアムが必要になります。

イーサリアム(ETH)は国内取引所のGMOコインで取り扱っています。GMOコインは日本人の上級者の投資家がメインで愛用している人が多い取引所です。

なので、総合力NO.1・取り扱い通貨数NO.1、銀行口座への出金手数料が無料GMOコインに無料登録して準備しておきましょう。

\ 銀行口座への出金手数料無料✨/

GMOコインに登録する

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)とは?

【NFT】John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)

コレクション名 John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)
販売点数 3,000点
販売価格 0.003ETH
販売開始日 2022年11月27日20:00〜(延期)
ブロックチェーン イーサリアム(ERC20)
公式サイト John Smith On Chain公式サイト

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)とは、John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)とは、スパイをモチーフにしたイラスト系のNFTプロジェクト(コレクション)のことです。

 

それでは、特徴を次章で詳しく解説していきます。

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の特徴

【NFT】John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の特徴は以下のとおり。

  1. フルオンチェーンNFT
  2. NFTを作るときの制作コストが高い
  3. 運営が優秀
  4. ジェネラティブアート

順に説明します。

 

①フルオンチェーンNFT

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)は、全てのデータをブロックチェーンに記録する「フルオンチェーンNFT」です。

フルオンチェーンとは、ブロックチェーン上のみでデータの管理がされている状態を指します。

イーサリアムチェーンでフルオンチェーンNFTを作るには、高額なガス代がかかってしまうため、国内でフルオンチェーンNFTに取り組んでいるのプロジェクトは稀有です。

 

フルオンチェーンNFTと従来の一般的なNFTとの違いは以下のとおり。

  • 従来の一般のNFT:ブロックチェーン上に画像情報がない
  • フルオンチェーンNFT:ブロックチェーン上に画像情報を含む

 

フルオンチェーンNFTのメリットとデメリット

フルオンチェーンNFTのメリットとデメリットは以下です。

  • メリット:普通のNFTは見れなくなってしまう可能性があるが、フルオンチェーンNFTなら問題なし
  • デメリット:作る時に膨大なガス代がかかる(ミントには影響なし)。容量が少ない(1度のトランザクションで最大約47KBまでしかアップできない)。

 

フルオンチェーンNFTのメリットとデメリットについては、下記のツイートでChunさんが分かりやすく図解つきで解説してくれています。

 

②NFTを作るときの制作コストが高い

先述したように、John Smith On ChainはフルオンチェーンNFTなので、高い制作コストをかけています。

しかし、それは独自のフルオンチェーンとしての価値を生み出すために運営チームが他のNFTプロジェクトと差別化するために行った施策の1つです。

 

③運営が優秀

John Smith On Chainプロジェクトは、3人の優秀な運営チームによって構成されています。

  • Chun:プログラマー/ファウンダー
  • TonyVega:NFTコンサルタント/アドバイザー
  • マップ:デザイナー/NFTクリエイター

 

Chunさん

Chunさんは、エンジニアとして実績があり、John Smith On Chainのファウンダー(設立者&リーダー)を務めています。

クリエイターも兼任しており、John Smith On Chainのイラストを手掛けています。

 

TonyVegaさん

TonyVegaさんはハワイに住んでおり、NFTコンサルをされているマーケターの方です。

NFTニッポンというYouTubeもされていらっしゃいます。

 

マップさん

マップさんは、MapPaletteというNFTコレクションを作成した方であり、John Smith On Chainのロゴデザインの制作を行いました。

 

④ジェネラティブアート

【NFT】John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)には、ジェネラティブアートという手法が用いられています。

ジェネラティブアートとは、プログラムによって無作為的に生成されるアート作品のことを指し、この技術によって、統一感を持った多くの作品を生成できます。

このようにコンピュータのプログラムでランダムに組み合わせることによって、一度に多くの作品の生成と販売が可能です。

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)のホワイトリスト(アローリスト)獲得方法

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)のWL(AL)の獲得方法も紹介しておきます。

  1. ギブアウェイ企画に参加
  2. ブログやnoteでまとめ記事を作成

それぞれ説明します。

 

①ギブアウェイ企画に参加

1つ目はGiveawayの企画に参加するというもの。

例えば以下のようなものです。

当選する確率は低いかもしれませんが、WL/ALをGETしたい方は、ガンガン応募すると良いでしょう。

» NFTのGiveawayとは?企画のやり方やエアドロの受け取り方を解説!

 

②ブログやnoteでまとめ記事を作成

2つ目はブログやnoteでまとめ記事を書くことで、ホワイトリスト(アローリスト)をもらえるというもの。

WordPressじゃなくても他の媒体、例えばnoteでも可能なので、記事を書いてALをもらうのもアリです。

もしALを手に入れられなかった場合は、次に紹介する方法でJohn Smith On Chainをゲットすることができます。

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の買い方・始め方

【NFT】John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)

NFTのJohn Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の購入方法は以下のとおりです。こちらはパブリックセールと2次流通での買い方の解説になります。

  1. GMOコインに登録
  2. イーサリアムを購入
  3. メタマスクをインストール
  4. イーサリアムをメタマスクへ送金
  5. OpenSeaに登録
  6. John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)を購入

順に解説します。

 

①GMOコインに登録

NFTを買う事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)を購入する際に仮想通貨のイーサリアムが必要になるからです。

なので、まずは仮想通貨イーサリアムを購入するための事前準備として、総合力NO.1・取り扱い通貨数NO.1、銀行口座への出金手数料が無料GMOコインに登録しましょう。

\ 銀行口座への出金手数料無料✨/

GMOコインに登録する

 

画像つきの解説を読みながら登録したい方はGMOコインの口座開設方法にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。日本円の入金方法も解説しております。

 

②イーサリアムを購入

GMOコインに登録して日本円を入金したら、その日本円でNFTの売買で使うイーサリアム(ETH)を購入します。

GMOコインのホーム画面より「販売所」or「取引所」から入金した日本円でイーサリアム(ETH)を買うことができます。

詳しい買い方は先述のGMOコインの口座開設方法にて画像つきで初心者にもわかりやすく解説しています。

 

③メタマスクをインストール

次に、メタマスクという仮想通貨のウォレットをインストールします。

メタマスクとは、仮想通貨のウォレットのこと。「仮想通貨用の財布」のようなものという認識でOKです。

 

メタマスクを使えば、簡単に仮想通貨の送金や受け取りができます。

ブラウザの拡張機能を使う場合、GoogleChromの使用がおすすめです。

 

「chromeウェブストア」で「メタマスク」と検索するか、こちらのリンクから入り、メタマスクをインストールしましょう。

メタマスクをインストール

 

インストールしたら、「新しいウォレットを追加する」を選択して、ウォレットを作成します。

メタマスクをインストール

 

その後、説明にしたがって必要項目を記入すればメタマスクの導入は完了です。

 

④イーサリアムをメタマスクへ送金

次に、コインチェックで購入したイーサリアムをメタマスクに送金しましょう。

 

まずは作成したメタマスクを開き、アドレスをコピーしてください。

イーサリアムをメタマスクへ送金

 

この時、ネットワークはイーサリアムメインネットを選択しましょう。

 

ココに注意

デフォルトではイーサリアムメインネットが設定されていますが、もし他のネットワークへ送金すると仮想通貨は戻ってこないので注意が必要です。

 

続いて、コインチェックで「暗号資産の送金」から「Ethereumを送る」を選択します。

すると、下記の画像になるので、上から順に選択・確認していきましょう。

イーサリアムをメタマスクへ送金

  1. 送金する通貨:Ethereumを選択
  2. 宛先:メタマスクのアドレスをペースト
  3. 送金先サービス名:その他を選択
  4. 受取人種別:本人への送金を選択
  5. 送金額:送りたい金額を入力
  6. 申請内容を確認し、「次へ」をクリック

 

このあと、二段階認証をすると送金が完了します。

イーサリアムの送金には5分ほどかかります。

しばらく待ってからメタマスクにイーサリアムが入金されたことを確認しましょう。

 

⑤OpenSeaに登録

イーサリアムをメタマスクに送金したら、次はOpenSeaで自身のアカウントを登録し、メタマスクを接続します。

初めてNFTを売買する場合、最大手のNFTマーケットプレイス、「OpenSea」で問題なしという感じです。

NFTマーケットプレイスとは、NFTアート作品を売買しているプラットフォームのことです。

 

ここでは、最も人気のあるOpenSeaに登録する手順を説明します。

OpenSeaの公式サイトにアクセスしたら、画面右上のアカウントマークを選択し、続いて「Setting」を選択します。

NFTマーケットプレイスに登録

 

すると、下記画像のようにOpenSeaと紐付けるウォレットの選択画面が表示されるので、メタマスクを選択します。

NFTマーケットプレイスに登録

 

「Accept and sign」を選択します。

OpenSeaに登録する方法

 

すると署名を要求されるので、「署名」を選択します。

OpenSeaに登録する方法

 

これでOpenSeaとメタマスクの紐付けが完了しました。

次に、プロフィールの設定を行っておきましょう。

画面右上のアカウントマークを選択して「Setting」を選択します。

「Profile Setting」ページが表示されるので、基本情報を入力していきます。

「Username」と「Email Address」の入力は、必須の箇所となります。

OpenSeaに登録する方法

  • Username:ユーザーネーム
  • Bio:経歴
  • Email Address:Email メールアドレス
  • Links:各種SNSリンク
  • Profile Image:アイコン画像
  • Profile Banner:バナー画像

 

入力が完了したら「Save」を選択します。すると入力したメールアドレスにメールが送られてきます。

メールを開き、「VERIFY MY EMAIL」をクリックすると、メール認証が完了します。

OpenSeaに登録する方法

 

これでOpenSeaの登録が完了したので、NFTの購入と販売ができます。

 

⑥John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)を購入する

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の公式OpenSeaページにアクセスし、購入したいNFTを選んで「Add to cart」をクリックします。

「Complete checkout」という画面が表示されるので、「Complete purchase」を選択するとメタマスクが開きます。

 

メタマスクが開いたら、作品の価格とガス代を含めた合計金額が表示されるので、問題なければ署名をして購入します。

購入後は、自身のアカウントページに反映されているか確認しましょう。

すこし反映に時間がかかる場合があるため、その場合はすこし待ってからページのリフレッシュをするといいでしょう。

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)を購入する際の注意点

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)を購入する際の注意点は、以下のとおりです。

  1. 公式サイトであることを確認する
  2. ウォレットのシードフレーズを他人に教えない
  3. 知らない相手からのDMなどを容易に開かない
  4. 必ず利益になるとは限らない

順にみていきます。

 

①公式サイトであることを確認する

NFTを購入する際、公式サイトであることを確認してから購入することが重要です。

公式サイトのなりすましや、コレクションのなりすましによる詐欺が多発しているからです。

公式を装ったサイトやコレクションにウォレットを接続してしまい、中身を奪われるケースが多発しています。

アクセス先のサイトURLをよく確認するようにしましょう。

 

②ウォレットのシードフレーズを他人に教えない

ウォレットのシードフレーズは絶対に他人に教えないでください。

シードフレーズを聞き出そうとしてくる場合は100%詐欺だと認識しておきましょう。

シードフレーズを教えてしまうと、ウォレットの中にある仮想通貨やNFTを奪われてしまうので、他人には教えないようにしてください。

 

③知らない相手からのDMなどを容易に開かない

知らない相手からのDMは開かないようにしてください。

WL(AL)やNFTの当選を装ったスパムメールの場合があるからです。

DMを開放している方で、送られてきたDM内のリンクなどを踏んでしまうとウォレットがハッキングされる可能性があります。

知らない相手からのDMはすべて詐欺と考えてOKです。

海外からのDMも、基本すべて詐欺だと考えておきましょう。

知らない相手からのDMは決して開かないように徹底してください。

» NFTの詐欺の事例と対策方法を紹介【ウォレットの中身を盗まれたくない方は知っておくべき知識】

 

④必ず利益になるとは限らない

NFTを購入したからといって、必ずしも利益になるとは限りません。

市況は秒単位で変わります。売買のタイミングを見誤った場合、損失となることもあり得ます。

NFTを購入しても必ず儲かるというわけではないので、この点は理解しておきましょう。

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)に関するよくある質問

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)に関するよくある質問

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)に関するよくある質問(FAQ)をまとめました。

  1. John Smith On ChainのWL/ALはどうすれば手に入るの?
  2. ミント情報を教えて欲しい

順に説明します。

 

①John Smith On ChainのWL/ALはどうすれば手に入るの?

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)のWL/ALを取得するには、下記の方法があります。

  1. ギブアウェイ企画に参加
  2. ブログやnoteでまとめ記事を作成

詳しくはJohn Smith On ChainのWL/AL取得方法を御覧ください。

 

②ミント情報を教えて欲しい

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)のミント情報は下記のとおりです。

販売点数 3,000点
販売価格 0.003ETH
販売開始日 2022年11月27日20:00〜(延期)
ブロックチェーン イーサリアム(ERC20)

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の各種リンクまとめ

【NFT】John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)

最後にJohn Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)の各種リンクをまとめておきます。

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)とは?特徴や買い方、WL/AL(ホワイトリスト/アローリスト)をもらう方法のまとめ

【NFT】John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)

今回は、NFTプロジェクト「John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)」について詳しく解説しました。

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)は、国内では稀有なフルオンチェーンNFTを採用している期待のプロジェクトです。

イラストもかなりかっこいい。

これから今後のNFT需要の増加に伴い、さらにJohn Smith On Chainの認知度が向上し、価格の上昇も見込めます。

早めにホルダーになることで、将来利益になる可能性があります。

 

John Smith On Chain(ジョン・スミス・オンチェイン)を購入するためには、仮想通貨イーサリアムが必要なので、仮想通貨取引所の口座が必須となります。

なので、事前準備として総合力NO.1・取り扱い通貨数NO.1、銀行口座への出金手数料が無料GMOコインに無料登録して準備しておきましょう。

\ 銀行口座への出金手数料無料✨/

GMOコインに登録する

 

※ 当サイトで表記されている「仮想通貨」は「暗号資産」を指します。また、当サイトでは投資助言をしていません。投資を行う際は自己責任でお願いいたします。

error:

© 2022 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5