暗号資産(仮想通貨)

仮想通貨パレットトークン(PLT)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説

仮想通貨パレットトークン(PLT)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説

悩む人
暗号資産(仮想通貨)のパレットトークン(PLT)について詳しく知りたいです。
パレットトークン(PLT)の特徴や買い方、どこで買えるのか、そして将来性を教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • パレットトークン(PLT)の概要
  • パレットトークン(PLT)の特徴
  • パレットトークン(PLT)の買い方
  • パレットトークン(PLT)の将来性
  • パレットトークン(PLT)のチャート・価格推移
  • パレットトークン(PLT)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

パレットトークン(PLT)の特徴や買い方、将来性や価格推移を知りたい」と思ってはいませんか?

1つでも知りたい内容がある場合は、本記事を読むメリットがあります。

 

パレットトークン(PLT)とは、国内初のIEO銘柄として高い注目を浴び、2021年7月29日にコインチェックにて上場した仮想通貨(暗号資産)のことです。

PLTは、ブロックチェーンネットワークのイーサリアムチェーン上で発行され、パレットチェーンでも利用できます。

 

今回は、実際に仮想通貨を運用中の筆者が仮想通貨パレットトークン(PLT)の概要や特徴・買い方、将来性を解説していきます。

 

なお、パレットトークン(PLT)は国内取引所のコインチェックで取り扱っています。

なので、国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録して日本円を入金し、準備しておくとスムーズに買えます!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

仮想通貨パレットトークン(PLT)とは?概要を解説

トークン名 パレットトークン(PLT)
シンボル PLT
価格 約16.7円
時価総額 ¥6,386,086,649
時価総額ランキング 4355位
入手できる取引所 コインチェック
公式サイト 公式サイト

※ 2022年10月時点

パレットトークン(PLT)とは、国内初のIEO銘柄として高い注目を浴び、2021年7月29日にコインチェックにて上場した仮想通貨(暗号資産)のことです。

PLTは、ブロックチェーンネットワークのイーサリアムチェーン上で発行され、パレットチェーンでも利用できます。

パレット(Palette)は、日本の企業が開発・運営しているブロックチェーンであり、株式会社HashPalette(ハッシュパレット)が開発・運営しているブロックチェーンのネットワークです。

 

仮想通貨パレットトークン(PLT)の特徴

パレットトークン(PLT)の特徴は以下のとおり。

  1. 国内発のプロックチェーン
  2. クロスチェーンに対応
  3. 国内初のIEO銘柄
  4. NFT銘柄
  5. ステーキングできる

 

では、順にみていきましょう。

 

①国内発のプロックチェーン

先述のとおり、パレットトークン(PLT)は、日本の企業の株式会社HashPalette(ハッシュパレット)が開発・運営しているブロックチェーンのネットワークです。

日本にはアニメや漫画など、世界に誇れる人気キャラなどのIP(知的財産)を多く持っています。

例を挙げると「アンパンマン」や「ドラえもん」、「鉄腕アトム」、「AKIRA」など・・・たくさんあります。

昨今、世界中で盛り上がりを見せているNFTは、IP産業と相性が良いと言われており、日本のアニメや漫画のキャラは無限の可能性を秘めています。

 

②クロスチェーンに対応

パレットトークン(PLT)は、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されています。

そしてなおかつ、パレットチェーンでも利用できる仮想通貨(暗号資産)です。

このように、PLTはイーサリアムチェーンとパレットチェーンの間で互換性があります。

このことによって、イーサリアムチェーンのサービスをパレットチェーンでも利用でき、利便性が向上します。

 

③国内初のIEO銘柄

パレットトークン(PLT)は、当時国内初のIEOと呼ばれる仕組みを通じて資金の調達を行いました。

IEOとは、仮想通貨の取引所が企業・プロジェクトの委託を受けて、資金調達の支援を行うこと。

元々は、取引所を通さないで資金調達を行うICOが主流となっていた。

IEOは取引所が関与するため、ある一定の信用性が担保される点が特徴。

 

④NFT銘柄

パレットチェーンは、NFT流通に特化したプラットフォームです。

NFTについては、【100枚画像つき】NFTの始め方や作り方、買い方を解説【初心者むけで詳しく解説しているので、併せてご覧になってみてください。

パレットトークンは国内初のIEOであり、かつ「NFTのプロジェクト」にも積極的に取り組んでおり、大きな注目を集めています。

株式会社HashPalette(ハッシュパレット)は、ELF Masters(エルフマスターズ)というパレットチェーンを基盤とする、日本初のファンタジーアドベンチャー型 Play to Earnブロックチェーンゲームも手掛けています。

NFTゲーム「ELF Masters(エルフマスターズ)」では、美少女マスター3体とエルフ3体の組み合わせでダンジョンを攻略し報酬を獲得できます。

また、ガス代いらずでスカラーシップ(NFTレンタル機能)の運用や、高いスケーラビリティを持つメタバース世界を実現しています。

» エルフマスターズ(エルマス)の始め方と稼ぎ方、初期費用について解説! 

 

⑤ステーキングできる

仮想通貨パレットトークン(PLT)は、ステーキングすることができます。

ステーキングとは、仮想通貨を保有してブロックチェーンのネットワークに参加することで、その対価として報酬がもらえる仕組みのこと。

 

多くの仮想通貨は、取引による売買差益(キャピタルゲイン)が主流でしたが、ステーキングに対応しているパレットトークン(PLT)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができます。

 

仮想通貨パレットトークン(PLT)の買い方・始め方

仮想通貨パレットトークン(PLT)の買い方を解説します。

手順は下記のとおり。

  1. コインチェックに登録して日本円を入金する
  2. 入金した日本円でポルカドットを買う

 

では、解説していきます。

 

①コインチェックに登録して日本円を入金する

仮想通貨パレットトークン(PLT)を購入するための事前準備として、国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに登録しましょう。

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

画像つきで見ながら登録したい方はコインチェックの口座開設方法にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。日本円の入金方法も解説しております。

 

②仮想通貨パレットトークン(PLT)を購入する

コインチェックへ日本円の入金が完了したら、パレットトークン(PLT)が購入できます。

コインチェックのホーム画面にある「現物取引」or「販売所(購入)」から、入金した日本円でパレットトークン(PLT)を買うことができます。

 

仮想通貨パレットトークン(PLT)のチャート・価格推移

ここではパレットトークン(PLT)の直近のチャート・価格推移をみていきます。

  1. 2022年1月〜4月
  2. 2022年5月〜8月
  3. 2022年9月〜10月

 

ではみていきます。

 

①2022年1月〜4月

2021年7月29日にコインチェックでローンチされた仮想通貨パレットトークン(PLT)の価格は、約4円でした。

2022年に入り、1月1日には45.9円を記録。

3月にかけて徐々に下降していき、一時は25円前後を推移していました。

4月には43円前後を推移。徐々に価格が下がっていき、4月下旬は37円前後を推移しました。

 

②2022年5月〜8月

2022年5月には、一時40円近くまで上昇しましたが、一時的でした。

その後徐々に価格が下がっていき、6月中旬には16円を割ってしまいました。

2022年5月に起きたUSTのディペッグ騒動をきっかけに仮想通貨市場全体が大きく下落し、パレットトークン(PLT)も影響を受けて大きく下落した状況です。

 

③2022年9月〜10月

2022年は9月は徐々に回復傾向となり、一時25円を超えましたが、その後徐々に下降傾向にあり、10月現在は17円前後に落ち着きました。

一時期よりは価格を下げたものの、パレットトークン(PLT)は根強い需要があるため、PLTへの投資家からの期待は保たれています。

 

仮想通貨パレットトークン(PLT)の将来性

続いて、パレットトークン(PLT)の将来性についてみてみましょう。

  1. 取引所への新規上場に期待
  2. 前澤友作氏から約4.8億円調達
  3. 対応するDappsへの期待

 

順に解説していきます。

 

①取引所への新規上場に期待

今後パレットトークン(PLT)を取引できる取引所がさらに増えていけば、知名度アップとともに価格の高騰が期待できます。

すでに国内最大手のコインチェックに上場しておりますが、他には2022年10月時点ではOKCoinJapan、海外取引所ではBybitで取り扱っています。

さらに暗号資産パレットトークン(PLT)を取り扱う取引所が増えれば、一気に保有者が増える可能性があります。

 

②前澤友作氏から約4.8億円調達

株式会社HashPaletteの親会社である株式会社HashPortがZOZO創業者前澤友作氏を引受先とする第三者割当増資で、約4.8億円の資金を調達しました。

調達した資金はNFTに特化したブロックチェーンの開発に使用されるとのこと。

2021年の8月2日に報じられた情報なので、2022年4月にリリースされた「PLT Place」の開発やその後リリースされたNFTゲームの開発などに使用されたのでは?と予測できます。

このように、日本の著名人である前澤氏から融資を受けるなど、パレットチェーン・パレットトークン(PLT)が期待されていることがよく分かります。

 

③対応するDappsへの期待

先述のとおり、パレットチェーンは、NFT流通に特化したプラットフォームです。

NFTについては、【100枚画像つき】NFTの始め方や作り方、買い方を解説【初心者むけで詳しく解説しているので、併せてご覧になってみてください。

パレットチェーンは「NFTのプロジェクト」にも積極的に取り組んでおり、大きな注目を集めています。

2022年4月には「PLT Place」というNFTプラットフォームを立ち上げており、HashPalette(ハッシュパレット)は、NFTゲーム(Dapp)のELF Masters(エルフマスターズ)もリリースしました。

» エルフマスターズ(エルマス)の始め方と稼ぎ方、初期費用について解説! 

 

Dapp(NFTゲーム)のエルマスのように、今後パレットトークン(PLT)のエコシステムに参入するDappsが更に増えていくことが予想されます。

また、パレットトークン(PLT)が発展し、投資家からの人気が出れば更に需要が増し、仮想通貨パレットトークン(PLT)の価格の上昇も見込めます。

 

仮想通貨パレットトークン(PLT)に関するよくある質問

最後にパレットトークン(PLT)について、よくある質問に回答します。

  1. パレットトークン(PLT)はステーキングできる?ステーキング方法は?
  2. パレットトークン(PLT)の現在価格は日本円でいくら?
  3. パレットトークン(PLT)は国内の取引所で購入できる?
  4. パレットトークン(PLT)の発行上限枚数は決まっているの?

 

順に回答していきます。

 

①パレットトークン(PLT)はステーキングできる?ステーキング方法は?

パレットトークン(PLT)は、ステーキングすることができます。

パレットトークン(PLT)は、長期保有を行うことで、ステーキングによる報酬(インカムゲイン)を受取ることができるんです。

パレットトークン(PLT)のステーキングのやり方は以下です。

  1. PLTウォレットをインストール
  2. コインチェックからPLTをPLTウォレットに送金
  3. コインチェックからETHをPLTウォレットに送金
  4. ePLTをpPLTにブリッジする
  5. pPLTをステーキングする

 

②パレットトークン(PLT)の現在価格は日本円でいくら?

記事執筆時点の10月では、約16円です。

ちなみにローンチされてから2022年10月までの最高価格は2022年1月1日に記録した45.9円でした。

パレットトークン(PLT)は比較的安いので、価格が高騰する前に何枚か買っておき、長期保有するのも1つの手かもしれません。

 

③パレットトークン(PLT)は国内の取引所で購入できる?

はい、仮想通貨パレットトークン(PLT)はコインチェックで取り扱っています。

コインチェックは、メインで愛用している日本人が1番多いというアンケート結果も出ています。

 

④パレットトークン(PLT)の発行上限枚数は決まっているの?

はい、決まっています。

パレットトークン(PLT)の発行上限枚数は1,000,000,000(10億)枚です。

仮想通貨の発行枚数における上限が決められているのは、仮想通貨の希少性を担保して、価値の下落を防ぐためです。

枚数に限りがある分、パレットトークン(PLT)は希少価値が高まりそうですね!

ちなみに日本円などの法定通貨は、経済状況などによって中央銀行が発行枚数を調整することができるため、発行枚数の上限は特に決められていません。

 

仮想通貨パレットトークン(PLT)とは?特徴や買い方、将来性についてのまとめ

今回は、仮想通貨パレットトークン(PLT)の特徴、買い方から価格推移、将来性について解説しました。

 

パレットトークン(PLT)は2022年10月現在で約16円です。

2021年の7月に上場したばかりなので、歴史は浅いです。

しかし、国内初のIEO銘柄、そして2022年4月にはNFTマーケットプレイス「PLT Place」を正式リリースしており、パレットトークン(PLT)のポテンシャルは高いと言えます。

今のうちからパレットトークン(PLT)を保有しておけば、値上がり時の利益が期待できます。

 

なお、パレットトークン(PLT)は国内取引所のコインチェックで取り扱っています。

なので、国内最大手でアプリダウンロード数NO.1のコインチェックに無料登録して日本円を入金し、準備しておくとスムーズに買えます!

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

error:

© 2022 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5