CRYPTO

【2023年版】おすすめの仮想通貨銘柄10選!投資家から人気があるトークンをランキング形式で紹介!

【2023年版】おすすめの仮想通貨銘柄10選!投資家から人気があるトークンをランキング形式で紹介!

悩む人
おすすめの暗号資産(仮想通貨)銘柄を教えてほしい。できればランキング形式で人気の仮想通貨の特徴も教えてほしい。

 

このようなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 仮想通貨とは
  • 仮想通貨の特徴
  • 人気でおすすめの仮想通貨ランキングトップ10
  • おすすめの仮想通貨取引所
  • 仮想通貨おすすめ銘柄に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者はWeb3.0メディアを運営し、毎日情報発信しており、毎月3万PV以上を安定して獲得しています。仮想通貨(暗号資産)・NFT・Defiに関する情報をいち早くキャッチし、分かりやすくまとめて発信しております。

 

2023年版のおすすめで人気の仮想通貨銘柄を一挙に知りたい」と思ってはいませんか?

知りたいという場合は、本記事を読むメリットがあります。

今回は、実際に仮想通貨7桁を運用中の筆者が、おすすめの仮想通貨ランキングを中心に解説していきます。

本記事を読むことで、2023年のおすすめの仮想通貨銘柄が把握できます。

 

仮想通貨投資を始めるには、仮想通貨取引所の口座が必要なので、数々の国内 NO.1の実績あり・最短即日で取引可能・各種手数料が無料ビットフライヤに無料登録して準備しておきましょう。

\ 各種手数料が無料✨/

ビットフライヤーに登録する

 

仮想通貨とは

仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネット上で電子データのみでやりとりされる通貨のことです。

補足しておくと、仮想通貨と電子マネーは全くの別物です。

仮想通貨と電子マネーは、電子データのやり取りで決済処理を行う点は同じですが、電子マネーは日本円などの法定通貨をデジタル化したものであり、あくまで法定通貨なんです。

それに対して仮想通貨は、国が発行する法定通貨とは一切関連しないのが大きな特徴です。

まとめると、ビットコインなどの仮想通貨は国家や中央銀行が発行した法定通貨ではなく、独立した通貨だということになります。

 

仮想通貨の特徴

仮想通貨の特徴

仮想通貨の特徴は、以下のとおりです。

  1. 送金が早い
  2. ブロックチェーン技術を使っている
  3. 非中央集権的な仕組み
  4. 24時間365日いつでもどこでも取引できる
  5. 国境を持たず国の概念に価値が左右されない

それぞれ解説します。

 

①送金が早い

仮想通貨は、投資対象としてだけでなく、簡単に送金できるというメリットがあります。

銀行口座などから振り込みを行う際には、ある程度の時間がかかることがありますが、仮想通貨の送金はそこまで時間がかからないため、金融に革命を起こしたと言っても過言ではないくらい、仮想通貨には画期的な技術が使われています。

ただ、仮想通貨の種類(ブロックチェーンネットワークの種類)によって、送受信の時間がそれぞれ変わってきます。

このようにビットコインなどの仮想通貨は、銀行口座を持っていない人同士でも資金のやりとりができるという特徴があります。

 

②ブロックチェーン技術を使っている

仮想通貨(暗号資産)は、ブロックチェーンの技術を使っています。

ブロックチェーンでは、マイニングと呼ばれる取引データをブロックチェーンに記録する作業が行われます。

マイニングとは、ビットコインをはじめとする複数の暗号資産が、新しいコインの生成や新しいトランザクションの検証に使用するプロセスのこと。

ビットコイン(BTC)のマイニングは、約10分間で1つにまとめられた取引データの単位ごとに行われ、そのまとめられたデータをブロックといい、マイニングを行う人はマイナーと呼ばれています。

ブロックの取引データが正しいかどうかをマイナーが検証し、マイニングに成功したマイナーは、ビットコイン(BTC)を報酬として受け取る仕組みになっています。

検証が完了すると取引が承認され、送金された側はビットコイン(BTC)を受け取ることができます。

これがブロックチェーン技術の仕組みとなっています。

 

③非中央集権的な仕組み

仮想通貨全般には、非中央集権的な仕組みが採用されています。

従来のドルや円などの法定通貨は、中央管理者が発行・管理をおこなっています。

例えば日本円の場合、国が所管する日本銀行が中央管理者(中央銀行)にあたります。

一方で仮想通貨には中央管理者が存在しませんし、国の概念すらもありません。

なので、法定通貨の場合はその国の経済状況や災害など、ありとあらゆる国家の事象から影響を受けることがあり、価値が変化してしまいます。

しかし、仮想通貨(暗号資産)ではそういった事象が起こらないのが大きな特徴の1つです。

 

④24時間365日いつでもどこでも取引できる

ビットコインやアルトコイン、草コインなどを含め仮想通貨の大きなメリットとして、パソコンやスマホを使って24時間365日取引が可能な点が挙げられます。

そのため、銀行をはじめとする金融機関の営業時間に左右されることはありません。

自由に好きな時間帯にどこに居ても購入・売却・投資などができます。

この点は、仮想通貨の大きな特徴であり、今後も仮想通貨が期待され、発展するための大きな要因になるとされています。

こうした利便性の高さは、今後の将来性にプラス要因として働くでしょう。

 

⑤国境を持たず国の概念に価値が左右されない

仮想通貨は、先述したように国境を持たず、国の概念に価値が左右されません。

わかりやすい例を挙げると、ドルは日本のお店などでは使えず、日本で使う場合は一旦は円に換金してから使用する必要があります。

一方で、仮想通貨にはドルや円のような国の概念は存在しません。

なので、世界中どの国でも仮想通貨を使用する環境さえあれば、その国の法定通貨に換金せずとも送受信できるのです。

また、法定通貨の場合はその国の経済状況や災害など、ありとあらゆる国家の事象から影響を受けることがあり、価値が変化してしまいます。

しかし、仮想通貨(暗号資産)ではそういった国家の政治や経済、災害の影響を受けることがありません。

 

さて、それでは仮想通貨の特徴を把握したところで、人気でおすすめの仮想通貨銘柄トップ10を紹介します。投資対象の通貨があるかどうかチェックしてみてください。

 

人気でおすすめの仮想通貨銘柄ランキングトップ10!

人気でおすすめの仮想通貨銘柄ランキングトップ10!

人気があり、おすすめの仮想通貨銘柄は以下のとおり。こちらはランキング形式となっております。

  1. Bitcoin(ビットコイン)
  2. Ethereum(イーサリアム)
  3. BNB(バイナンスコイン)
  4. XRP(リップル)
  5. Dogecoin(ドージコイン)
  6. Caldano(エイダコイン)
  7. Polygon(ポリゴン)
  8. Polkadot(ポルカドット)
  9. Shiba inu(シバイヌ)
  10. TRON(トロン)

では、1位から順にみていきましょう。

 

①Bitcoin(ビットコイン)

ビットコイン(BTC/Bitcoin)は、数ある仮想通貨の中の1つであり、2009年に世界で初めて誕生した仮想通貨です。

また、時価総額ランキング1位の世界で最も需要が高い仮想通貨でもあります。

ビットコイン(BTC)の発行上限数は決まっており、希少性があります。

ビットコイン(BTC)の発行上限枚数は21,000,000枚です。

仮想通貨の発行枚数における上限が決められているのは、仮想通貨の希少性を担保して、価値の下落を防ぐためです。

なかにはイーサリアムのように、発行上限枚数が決まっていない仮想通貨もあります。

そういった通貨は、独自の仕組みによって供給量をコントロールしており、価値を保つような施策が行われています。

ちなみに日本円などの法定通貨は、経済状況などによって中央銀行が発行枚数を調整することができるため、発行枚数の上限は特に決められていません。

ビットコイン(BTC)は、これまでにとても激しい価格変動を経験してきました。

2017年11月に1BTC=100万円を記録し、同年12月には200万円を超えました。

また、2018年1月に100万円ほどに急落しましたが、2019年後半から再び価格が上昇し、2020年後半には価格が一気に高騰し、300万近くを推移しました。

2020年末〜2021年初めにかけて価格が暴騰したものの、2021年11月には740万円を超えました。

このように、ビットコインは大きな価格変動を繰り返してきましたが、その価格差によって投資で利益を上げることが可能です。

また、ビットコイン(BTC)のユースケース(活用例)が今後さらに増えれば、ビットコインの価値向上に繋がる可能性があり、期待されています。

今後ビットコイン(BTC)のエコシステムに参入するDeFiやDappsが増えたり、BTCが更に発展し、投資家から更なる人気が集まれば需要が増し、仮想通貨BTCの価格の上昇も見込めます。

ビットコイン(BTC)の買い方については、仮想通貨ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴や将来性、買い方・始め方について解説にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

②Ethereum(イーサリアム)

仮想通貨イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、ロシア系カナダ人のヴィタリック・ブテリン氏によって2013年にリリースされたプラットフォームの名称であり、ネイティブトークン(仮想通貨)のイーサリアムを発行しています。

ETHは中央当局や銀行を介さず、ブロックチェーン技術を用いて運営されており、時価総額ランキング世界2位の仮想通貨を誇ります。

イーサリアム(ETH)は、数ある仮想通貨の中の1つであり、2013年に誕生した仮想通貨です。

また、ビットコインに次ぐ時価総額ランキング2位を誇る需要が高い仮想通貨でもあります。

 

イーサリアム(ETH)は、分散型アプリケーション(Decentralized Applications)の構築のための開発環境を提供するプラットフォームとしての機能を果たしています。

Dappsは、”ある条件”が満たされると自動で特定のプログラムが実行されます。

この機能はビットコインやイーサリアムをはじめ、様々なブロックチェーンで採用されています。

Dappsの開発はむずかしく、当初は特定の技術を持ったプログラマーしか開発が行えませんでしたが、イーサリアムの誕生により簡単になりました。

そのため、いまでは多くの人がDapps開発に関わることが可能となり、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを駆使した様々なDappsが登場しています。

 

また、Defiの拡大に連動したイーサリアムの発展が期待されています。

Defiとは、金融の仲介をなくすことを目的にブロックチェーン上に構築された誰でも使用できる金融アプリケーションのこと。

Defiはスマートコントラクト技術を活用し、構築されている。

例えば、銀行などの中央集権的な仕組みでは、ユーザーは自身のお金を直接管理できません。

常に管理者を介さないといけないからです。

しかし、イーサリアムなどの仮想通貨を運用することで、金銭の中央集権的な管理が可能になるほか、取引のスピードが早くなったり、流動性を作ってステーキングできるなどのメリットがあります。

Ethereum(イーサリアム)の買い方については、仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や将来性、買い方・始め方について解説にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

③BNB(バイナンスコイン)

仮想通貨BNB(バイナンスコイン)

バイナンスコイン(BNB)は、イタリアのマルタ島に本拠地を置く世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが発行した仮想通貨(トークン)です。

バイナンスコイン(BNB)は2017年7月に上場し、海外取引所のバイナンス、FTX、KuCoinなどで取り扱っています。

 

バイナンスコイン(BNB)は、BSC(バイナンス・スマート・チェーン)の基軸通貨です。

BSCとは、バイナンスが開発、運営しているブロックチェーンネットワークのこと。

BSCは2020年9月にリリースされてから多くの人気を集めており、Dapps(分散型アプリ)も多数開発されています。

また、イーサリアムチェーンとの互換性があり、決済速度とガス代が低いのが特徴であり、人気の理由でもあります。

DeFi(分散型金融)のPancakeSwapやUniswapではBSCに対応しており、多くのユーザーが愛用しています。

BSC上で開発されるDappsは今後も増え続け、それに伴ってバイナンスコイン(BNB)の利用者は増えていくと予想されています。

さらに、バイナンスコイン(BNB)は定期的にバーン(償却)を行っており、このことによって通貨としての価値を高めています。

バーン(焼却)とは、運営側(取引所)が仮想通貨の一部を処分する行為のこと。

バイナンスコイン(BNB)の発行上限枚数は2億枚であり、既にすべて発行済みです。

バイナンスでは四半期ごとに、前四半期で得た利益の20%にあたるコイン数をバーンする仕組みを採用しており、利益が増えるほどバーンが進んでいきます。

利益が上がるほど早期にBNBの希少価値が上がっていくんですね。

またBNBは、最終的に発行上限数の半分の1億枚まで減らす予定となっています。

バイナンスコイン(BNB)の買い方については、仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?特徴や買い方・始め方、将来性・今後の見通しについて解説にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

④XRP(リップル)

仮想通貨XRP(リップル)

リップル(XRP)は、数ある仮想通貨の中の1つであり、2013年に誕生した仮想通貨です。

リップル(XRP)は、送金に時間がかかったり、手数料が高いなどの問題を解決するために、「Ripple Inc.」という会社によって2004年に開発が開始されました。ちなみにリップルは、約3〜5秒で送金が完了するのが特徴。

また、ビットコインやイーサリアムなどに続いて、時価総額ランキング7位を誇る需要が高い仮想通貨でもあります。

先述のようにリップル(XRP)は、取引にかかるコスト(手数料)が非常に安く、さらに送金が早いのが最大の特徴です。

1つの取引あたりにかかる時間は3〜5秒と非常に早く、国をまたいだ送金(国際送金)がシームレスに行えるので、利便性が高く注目されている人気の通貨です。

銀行などを介さずにダイレクトに低コストで送金したい相手に送金できるので、国をまたいだ送金の課題を解決してくれている優秀な通貨と言えます。

リップル(XRP)の買い方については、仮想通貨リップル(XRP)とは?特徴や将来性、買い方・始め方について解説にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

⑤Dogecoin(ドージコイン)

仮想通貨Dogecoin(ドージコイン)

Dogecoin(ドージコイン)は、2013年に開発された仮想通貨です。

DOGEは、ビットコインのパロディで作られた仮想通貨であり、インターネット上で話題となった画像である柴犬をモチーフとしているミームコインです。

ちなみにDogecoin(ドージコイン)は2013年12月に上場し、海外取引所のバイナンス、FTX、KuCoin、Coinbaseなどで取り扱っています。

Dogecoin(ドージコイン)は、もともとビットコインのパロディとして生まれたジョーク通貨でした。

2013年頃に流行したインターネット・ミーム(ネタのようなもの)では、柴犬をモチーフにしてミームコインを作成するのが定番になっており、ビットコインのミームとしてDOGEが誕生しました。

ドージコインの名前の由来はというと、犬の「Dog」のスラング「Doge」からきています。

ビットコインのパロディとして作成されたジョークコインということもあって、ビットコインと機能が似ている点が特徴の1つです。

 

またDogecoin(ドージコイン)は、他の暗号資産と比較して送金スピードが速いことで知られています。

ビットコインの送金速度と比較すると、ビットコインは10分、DOGEは1分とかなり速いです。

こういった特徴から、寄付を行う際など少額決済に広く活用されています。

このように、Dogecoin(ドージコイン)はトークンの価格自体も安いのですが、手数料が安価であることも特徴の1つです。

Dogecoin(ドージコイン)の買い方については、仮想通貨DOGE(ドージコイン)とは?特徴や将来性、買い方・始め方について解説にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

⑥Caldano(エイダコイン)

Caldano(エイダコイン)

仮想通貨エイダコイン(ADA/Cardano)は、オンラインカジノの「Cardano (カルダノ) 」で利用することができる仮想通貨です。

Cardano (カルダノ) 」では、ブロックチェーン技術によって従来のオンラインカジノの不正をなくしています。

また、消費電力を抑え、エコな通貨としても注目を集めています。記事執筆時点で時価総額ランキングが8位と、非常に優秀な仮想通貨です。

エイダコイン(ADA/Cardano)は、ブロックチェーンネットワークを開発しているCardano(カルダノ)が発行しているネイティブトークンとなっています。

下記動画を閲覧するとわかりますが、与沢氏からの評価も高い。

 

先述の通り、エイダコイン(ADA/Cardano)はオンラインカジノ「Cardano(カルダノ)」で利用できます。

Cardano(カルダノ)はブロックチェーンの技術によってこれまで問題視されていたオンラインカジノの不正をなくしました。

このことによって、公平性と透明度が高いカジノが実現しました。

このカジノの透明性を実現化したADA/Cardanoのブロックチェーン技術は、今後さまざまな分野で広がると期待されています。

ADA/Cardanoは、独自スマートコントラクト「Plutus」を採用しています。

スマートコントラクトとは、ある契約・取引について「特定の条件が満たされた場合に、決められた処理が自動的に実行される」といった、契約履行管理の自動化のことです。

スマートコントラクトでは、様々な契約の手間がなくなるため、今後色んな分野で採用されることが期待されています。

ただ、欠点として従来のスマートコントラクトでは計算と決済を1箇所のみで行っていたために、変更などが難しいという点がありました。

その一方でPlutusは、計算と決済がそれぞれ異なる場所で行われ、変更が簡単にできます。

また、ADA/Cardanoは、多くの企業と提携しており、さらに値上がりを期待できます。

ADA/Cardanoがもたらすユーティリティは優秀であり、多くの企業に求められています。今後もWeb3.0・メタバースの普及により、パートナーは拡大することが予想されています。

ADA/Cardanoの買い方については、仮想通貨エイダコイン(ADA/Cardano)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

⑦Polygon(ポリゴン)

仮想通貨Polygon(ポリゴン)

Polygon(MATIC)は、ブロックチェーンでのトランザクションの速度を向上させ、コストを削減することを目指すために作られたネットワークであり、仮想通貨です。

また、イーサリアム上のスケーラビリティ問題が表面化していますが、その問題を解決するためのプラットフォームです。

Polygon(MATIC)は、国内取引所ではbitFlyerbitbankで取り扱われています。

Polygon(MATIC)チェーンのMATICトークンはネイティブトークンであり、ガバナンストークンです。

MATICトークンには通常の仮想通貨としての投資要素だけでなく、投票の権利があります。

そのためMATICの保有者はPolygonプロジェクトの方向性や仕様の変更に投票できます。

 

さらに、Polygon(MATIC)は、イーサリアムよりも高速・低コストで利用できます。

Polygon(MATIC)は、2022年10月時点ではイーサリアムに比べておよそ4,000倍も高速で処理できます。

そして、手数料(ガス代)も安いことで有名。

ガス代がどれくらい抑えられているのか?というと、イーサリアムチェーンと比べると、通常で2,000倍ほど、ガス代高騰時には5倍ほど抑えられており、大幅に安いです。

Polygon(ポリゴン)の買い方については、仮想通貨Polygon(ポリゴン/MATIC)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

⑧Polkadot(ポルカドット)

仮想通貨ポルカドット(Polkadot)

ポルカドット(DOT)とは、ブロックチェーンのネットワークのことであり、DOTというネイティブトークン(仮想通貨)を発行しています。

ポルカドット(Polkadot)はWeb3.0の実現を目指したプロジェクトであり、そのために作られたブロックチェーンネットワークです。

これまでの従来のインターネットでは、個人のデータ(IDやパスワード等)等、さまざまな情報は企業が管理してきました。

しかしWeb3.0では、個人情報はすべてユーザーが管理します。なので、セキュリティの向上が望めるとされています。

Web3.0が何年後に浸透するかはまだ分かりませんが、近年ブロックチェーン技術により、明らかなイノベーションが起きています。

ポルカドット(DOT)は、このイノベーションに大きく貢献するために作られました。

ちなみにポルカドット(DOT)は2020年8月に上場し、現在ではコインチェクやbitFlyerなど国内最大手の取引所でも取り扱っています。

ポルカドット(DOT)はトランザクションの処理速度が速く、スケーラビリティ問題にも対応できる優秀なブロックチェーンです。

ポルカドットでは、Parachain(パラチェーン)と呼ばれる独立した個々のブロックチェーンにより、トランザクションの処理速度を高めています。

特に近年は、イーサリアムチェーンのようなスケーラビリティの問題によるガス代の高騰が問題視されていました。

しかし、ポルカドット(DOT)の登場によって、スケーラビリティ問題に対応できるようになってきています。

こういった面からも、ポルカドット(DOT)は将来性があり、期待されています。

またポルカドット(Polkadot)は、セキュリティ機能が高いことで知られています。

ポルカドット(Polkadot)では、ビットコインなどのパブリックチェーンとは仕組みが異なります。

「Pooled Security(プールドセキュリティ)」というブロックチェーンネットワークにセキュリティが貯まる仕組みを採用しており、このことによってセキュリティ機能をが向上しています。

こういった面も大きな特徴の1つです。

ポルカドット(DOT)の買い方については、仮想通貨ポルカドット(Polkadot)とは?特徴や買い方・始め方、将来性について解説にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

⑨Shiba inu(シバイヌ)

仮想通貨Shiba inu(シバイヌ)

Shiba Inu(SHIB)はイーサリアムネットワーク上で使えるERC20トークンです。

イーロン・マスク氏がShiba Inu(SHIB)についてツイッターで言及したときにShiba Inu(SHIB)の価格が高騰し、今でも注目を集めています。

リリースされたのは2020年8月と歴史は浅いですが、数ヶ月で価値が1,000倍以上になるなど、多くの反響を呼んでいます。

イーロン・マスク氏の影響で多くの注目を集めるようになった草コインだったSHIBですが、いまでは「Dogeキラー」とも呼ばれており、Dogeと同じくらいの価格上昇率になっています。

SHIBの魅力的なポイントとしては価格が安いことです。

2022年8月時点で約¥0.0016円なので、少額の資金で多くのSHIBを購入することができます。

ただ、SHIBは比較的新しいトークンであり、著名人のツイートにより価値が大きく変動するなど価格が安定していないため、大きな価格変動が起こりがちなので注意が必要です。

 

Shiba Inu(SHIB)は、SHIBの他にLEASH、BONEの3つのトークンを発行しています。

  • SHIB:Shiba Inuのメイントークン
  • LEASH:SHIBより発行枚数が少ないため価値が高い
  • BONE:SHIBのガバナンストークン

これら、3つのトークンを発行しており、SHIBがメインの通貨として取り扱われています。

本格的にプロジェクトに参加しているのはSHIBだけなので、LEASHやBONEの将来性は不透明ですが、SHIBの価格が上昇すると連動してLEASHやBONEの価格も上昇する可能性があります。

 

また、Shiba Inu(SHIB)は独自のNFTプラットフォーム「SibaNFT」をリリースしています。

NFTとは「Non-Fungible Token」の略称で、日本語に訳すと「代替不可能なトークン」という意味になります。

ブロックチェーン上でデータを発行することで、唯一無二なデジタルデータとしての価値が保証され、改ざんや複製ができないのが特徴です。

NFTについては、NFTの始め方や買い方・作り方を100枚の画像付きで徹底解説で詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

SibaNFTでは、SHIBのキャラクターが販売されており、自由に育てることができます。

育てた柴犬は、マーケットプレイスで販売することも可能です。

Shiba Inuの買い方については、仮想通貨Shiba Inu(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説【画像つき】にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

⑩TRON(トロン)

仮想通貨TRON(トロン)

トロン(TRON/TRX)は、数ある仮想通貨の中の1つであり、2017年に誕生した仮想通貨です。

分散型のプラットフォームでありながら、デジタルコンテンツを配信できる点が最大の特徴です。

例えば、YouTubeは、Googleが中央で管理している中央集権のプラットフォームですが、トロンではブロックチェーン技術を使用してユーザー同士が管理を行います。

これにより、クリエイターとユーザーが直接繋がれるため、中央集権・広告主義の脱却、コンテンツの質の向上が可能です。

ちなみにトロン(TRON/TRX)は国内取引所では、BITPOINT、DMM Bitcoinなどが取り扱っており、海外取引所ではバイナンス、KuCoin、Bybitなどで取り扱っています。

仮想通貨トロン(TRON/TRX)は、トランザクションの処理速度が非常に早いことで知られています。

近年では、イーサリアムのスケーラビリティが問題視されており、送金詰まりやガス代が高いといったことが課題となっています。

一方でトロンは、国際送金の問題を解決するために開発されたリップルの処理速度の25%も早く、イーサリアムやビットコインと比べると99%も処理速度が早いです。

このように、トロンは圧倒的なトランザクションの処理速度を誇ります。

先述したように、トロン(TRON/TRX)は動画や音楽などのデジタルコンテンツの配信を目的に開発されたプラットフォームです。

例えば動画に関しては、国内ではYouTubeが大きなシェアを獲得しています。

YouTubeは、一企業が所有している中央集権的な仕組みによって運営されていますが、トロン(TRON/TRX)は中央の管理者がいない「非中央集権型」のプラットフォームとして機能させています。

非中央集権型プラットフォームとなることで、以下のようなメリットがあります。

  • プラットフォーム(運営)側の利益となる手数料などを取られない
  • プラットフォームのサーバーダウンや廃止などのリスクがない
  • ユーザーとクリエイターが直接繋がれる
  • 広告中心のマネタイズモデルから抜け出せる
  • 良質なコンテンツが守られる

 

トロン(TRON/TRX)の買い方については、仮想通貨トロン(TRON/TRX)とは?特徴や将来性、買い方・始め方について解説にて詳しく解説しているので、ご覧になってみてください。

 

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の取引を行う際におすすめの仮想通貨取引所は以下です。

  1. コインチェック
  2. ビットフライヤー
  3. GMOコイン

それぞれの取引所について解説します。

 

①コインチェック

取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料 (GMOあおぞらネット銀行 / 住信SBIネット銀行)
日本円出金手数料 一律407円
ビットコイン送金手数料 0.001BTC
(コインチェックのユーザー間は無料)
取り扱い通貨数 18種類
おすすめポイント 国内最大手の仮想通貨取引所
公式サイト コインチェック公式サイト

国内取引所であれば、現在18種類の仮想通貨が購入できる国内最大手のコインチェックが使いやすいです。

また、コインチェックのスマホアプリもシンプルで使いやすいため、仮想通貨初心者からの評価が高く、おすすめの取引所です。

下記のように、メインでコインチェックを愛用している人が1番多いというアンケート結果も出ています。

SleeFiの始め方

引用元:PR TIMES

300人の仮想通貨投資家が最も愛用している国内仮想通貨取引所

1位 Coicheck(コインチェック):90票(30.0%)
2位 bitFlyer(ビットフライヤー):61票(20.3%)
3位 GMOコイン:43票(14.3%)
4位 楽天ウォレット:40票(13.3%)
5位 DMM Bitcoin:25票(8.3%)

取引所を選ぶときに迷ったときや、失敗したくない!という場合は、コインチェックを選んでおけば間違いないという感じです。

» 無料でコインチェックの口座を開設する【簡単5分】

\ アプリダウンロード数NO.1✨/

コインチェック公式サイト

最短3分!無料で口座開設

 

②ビットフライヤー

取引所手数料 0.01%~0.15%
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料(住信SBIネット銀行の場合)
330 円(住信SBIネット銀行以外の場合)
日本円出金手数料 三井住友銀行の場合
3 万円未満:220 円
3万円以上:440 円
三井住友銀行以外の場合
3 万円未満:550 円
3万円以上:770 円
ビットコイン売買手数料 無料
取り扱い通貨数
18種類
おすすめポイント
ビットコインの取引量国内No1
※ Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
公式サイト  bitFlyer公式サイト

ビットフライヤーは、国内最大級の知名度と信頼性を誇る仮想通貨取引所です。

ビットフライヤーは、2014年から続く国内で最も長く運営している国内最大級の取引所です。

数々の国内 NO.1の実績あり・最短即日で取引可能・各種手数料が無料の点も大きな特徴。

コインチェックと同じくスマホアプリもシンプルで使いやすく、多くの投資家から愛用されています。

» ビットフライヤーの口座を開設する【簡単10分】

\ 各種手数料が無料✨/

ビットフライヤーに登録する

 

③GMOコイン

取引所手数料 現物取引
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
※そのほか無料
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
ビットコイン出金手数料 無料
取り扱い通貨数
20種類
おすすめポイント 総合力NO.1・取り扱い通貨数NO.1
公式サイト GMOコイン公式サイト

GMOコインは、2021年オリコン顧客満足度NO.1の仮想通貨(暗号資産)取引所です。

GMOコインは総合力NO.1・取り扱い通貨数NO.1、銀行口座への出金手数料が無料。

また、GMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウがあるため、安心して取引することができます。

システムへの侵入対策・アカウント乗っ取り対策、内部不正対策も整備されており、管理が難しい仮想通貨(暗号資産)でも安心して取引できる体制が整っています。

» 無料でGMOコインの口座を開設する 

\ 銀行口座への出金手数料無料✨/

GMOコインに登録する

 

仮想通貨おすすめ銘柄に関するよくある質問

最後に、仮想通貨おすすめ銘柄に関するよくある質問に回答します。

  1. 初心者におすすめの仮想通貨取引所はどこですか?
  2. 初心者におすすめの仮想通貨はどの通貨ですか?
  3. 仮想通貨の時価総額ってなんですか?
  4. 時価総額でいったい何がわかるの?
  5. 仮想通貨を買う最適のタイミングはある?
  6. 2023年、これから伸びる仮想通貨はどの通貨ですか?
  7. これまで1,000倍以上になった仮想通貨はある?

順に回答していきます。

 

①初心者におすすめの仮想通貨取引所はどこですか?

初心者におすすめの仮想通貨取引所は、コインチェックです。

コインチェックは、仮想通貨取引所の中でもトップレベルでアプリが使いやすいと好評です。

初心者の方でも直感的に画面を操作し、チャートを確認して取引することができます。

 

②初心者におすすめの仮想通貨はどの通貨ですか?

王道ですが初心者の方には、やはりビットコインがおすすめです。

草コインと呼ばれる無名で超低価格の仮想通貨を買い、大きな利益を狙いたい気持ちはわかりますが、まずは堅実かつ無難なビットコインの取引から行ってみることをおすすめします。

 

③仮想通貨の時価総額ってなんですか?

仮想通貨における時価総額とは、通貨の価格とその流通量をかけた数字です。

時価総額は、通貨の一定の価値を示す指標になっています。

しかし、価格が安く流通量が多いと時価総額が高くはなりますが、時価総額が高いだけでは、必ずしも信頼できる通貨とは言えません。

 

④時価総額でいったい何がわかるの?

その通貨がいかに注目されているかどうかがわかります。

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を代表するような通貨はともかく、それ以外の通貨でリリースしたばかりにも関わらず時価総額が高い場合や、一気に上昇している通貨は、多くの投資家から注目されている可能性が高いです。

 

⑤仮想通貨を買う最適のタイミングはある?

仮想通貨を買う最適のタイミングは、見計りすぎないほうが良いかもしれません。

その理由は、投資に「このタイミングで買えば必ず儲かる」という保証はないからです。

とはいえ、これから伸びそうな仮想通貨の銘柄をベンチマークしておくのはありです。

しかし、特定の通貨が価格高騰したからといって、その勢いにのって大量に購入し、直後に大きく下落してしまう「高値掴み」には注意が必要です。

 

⑥2023年、これから伸びる仮想通貨はどの通貨ですか?

ビットコインやイーサリアム、リップルといった銘柄は伸びると予想されます。

先述して紹介しているので、詳しくはそちらをチェックし、それぞれの記事もご覧になってみてください。

 

⑦これまで1,000倍以上になった仮想通貨はある?

これまで実際に1,000倍以上になった仮想通貨は、 ビットコインやイーサリアム、カルダノ(エイダコイン)やShiba Inuなどです。

しかし仮想通貨はあくまでも投資であり、100%儲かるというものではありません。

常にアンテナを張って情報収集し、経験を積みながら自己の判断で投資を行うようにしましょう。

» 今後1000倍になる仮想通貨は?購入のポイントやおすすめの取引所も紹介! 

 

【2023年版】おすすめで人気の仮想通貨銘柄10選のまとめ

今回は、おすすめの仮想通貨ランキングトップ10について解説しました。

本記事を読んだことにより、2023年のおすすめの仮想通貨銘柄が把握できたかと思います。

今回紹介した仮想通貨の銘柄は、今後も時価総額ランキングでも上位を占めると予想されています。

今のうちから本記事で紹介した銘柄を保有しておけば、値上がり時の利益が期待できます。

 

仮想通貨投資を始めるには、仮想通貨取引所の口座が必要なので、数々の国内 NO.1の実績あり・最短即日で取引可能・各種手数料が無料ビットフライヤに無料登録して準備しておきましょう。

\ 各種手数料が無料✨/

ビットフライヤーに登録する

 

コインチェック    bitflyer

当サイトで表記している「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指しています。

error:

© 2023 クリプトぱぱブログ Powered by AFFINGER5